STS-123

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
STS-123
徽章
STS-123 patch.png
ミッションの情報
ミッション名 STS-123
シャトル エンデバー
乗員数 7
発射台 LC39-A
打上げ日時 2008年3月11日 06:28 UTC
着陸または着水日時 2008年3月27日 00:40 UTC
ミッション期間 15日18時間
高度 225 km
軌道傾斜角 51.6°
乗員写真
STS-123 crew portrait.jpg
前列左から、ゴーリ、ジョンソン。後列左から、リネハン、ベンケン、リーズマン、フォアマン、土井
年表
前回 次回
STS-122 STS-122 patch.png STS-124 STS-124 patch.svg
STS-123の発射
飛行2日目
ISSに設置された船内保管室

STS-123は、国際宇宙ステーション(ISS)組立てミッション(1J/A)のために、2008年3月にスペースシャトルエンデバーによって行われた17日間に渡る有人宇宙飛行である。

ミッション内容は、日本の実験棟きぼうの一部である船内保管室のISSへの運搬と仮設、カナダ製の特殊目的ロボットアームデクスターのISSへの運搬と組立て等であった。

当初、打ち上げは2008年2月14日の予定であったが、STS-122の打ち上げ延期をうけて3月11日になった。これは25回目のISSへの飛行であった。ISSへのドッキングは3月13日03:49(UTC)に無事終了し、ミッションを終えた後、27日00:39(UTC)に地球に帰還した。

このミッションでは、宇宙食に多くの日本食が持ち込まれた。

STS-123が終了した時点で、2010年に予定されているスペースシャトル計画の終了まで、残された飛行はあと9回となった。

乗組員[編集]

  • ドミニク・ゴーリ (4) - 船長
  • グレゴリー・H・ジョンソン (1) - パイロット
  • リチャード・リネハン (4) - ミッションスペシャリスト
  • ロバート・ベンケン (1) - ミッションスペシャリスト
  • マイケル・フォアマン (1) - ミッションスペシャリスト
  • 土井隆雄 (2) - ミッションスペシャリスト(日本の旗 日本,宇宙航空研究開発機構

出発するExpedition 16乗組員[編集]

帰還するExpedition 16乗組員[編集]

かっこ内の数字は、今回を含めたフライト経験数。

外部リンク[編集]