STS-61-A

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
STS-61-A
STS-61A launch.jpg
STS-61-Aでのチャレンジャーの打上げ
任務種別 微小重力実験
運用者 NASA
COSPAR ID 1985-104A
SATCAT № 16230
任務期間 7日44分51秒
飛行距離 4,682,148 km
周回数 112
特性
宇宙機 チャレンジャー
打ち上げ時重量 110,568 kg
着陸時重量 97,144 kg
ペイロード時重量 14,451 kg
乗員
許容人数 8
乗員数 ヘンリー・ハーツフィールド
スティーヴン・ナーゲル
ボニー・J・ダンバー
ジェームズ・ブチェリ
グィオン・ブリュフォード
ラインハルト・フッラー
アーンスト・メッサーシュミット
ウッボ・オッケルス
任務開始
打ち上げ日 1985年10月30日 17:00:00(UTC)
打上げ場所 ケネディ宇宙センター第39複合発射施設
任務終了
着陸日 1985年11月6日 17:44:51(UTC)
着陸地点 エドワーズ空軍基地第17滑走路
軌道特性
参照座標 地球周回軌道
体制 低軌道
近点高度 319 km
遠点高度 331 km
傾斜角 57.0°
軌道周期 91.0分
STS-61-a-patch.png

STS-61-A crew.jpg
後列:左から、ナーゲル、ブリュフォード、メッサーシュミット、オッケルス
前列:左から、フッラー、ダンバー、ブチェリ、ハーツフィールド


スペースシャトル計画
← STS-51-J STS-61-B

STS-61-Aは、アメリカ航空宇宙局(NASA)のスペースシャトル計画の22回目の飛行である。西ドイツが資金拠出及び運用を行ったスペースラブによる科学ミッションであり、そのため、NASAの付番とは異なるD-1(Deutschland-1)という番号も持つ。STS-61-Aは、1986年のSTS-51-Lで爆発したチャレンジャーのミッションとしては、最後に成功したものとなった。STS-61-Aの乗組員は8人で、打上げから帰還まで1機の宇宙船に乗っていた人数としては、現在も最多の記録である。

このミッションでは、スペースラブで76の実験が行われ、成功したと宣言されている[1]。ペイロードの運用は、NASAのコントロールセンターではなく、オーバーパッフェンホーフェンにあるドイツ航空宇宙センターで行われた[2]

乗組員[編集]

バックアップ[編集]

ミッションの概要[編集]

スペースラブで作業を行うSTS-61-Aの乗組員

チャレンジャーは、1985年10月30日午後12時00分(EST)にケネディ宇宙センターの第39複合発射施設Aから打ち上げられた。資金と運用の大部分を他国が行う初めてのスペースシャトルのミッションとなった。また、乗組員が8人の唯一のミッションとなった。。乗組員は、船長のヘンリー・ハーツフィールド、操縦手のスティーヴン・ナーゲル、ミッションスペシャリストのボニー・J・ダンバー、ジェームズ・ブチェリ、グィオン・ブリュフォード、そしてペイロードスペシャリストは西ドイツのラインハルト・フッラーとアーンスト・メッサーシュミット、ESAのウッボ・オッケルスであった。

このミッションの主目的は、ほぼ全てが微小重力と関連する一連の実験をスペースラブで行うことであった。スペースラブの飛行は4回目であった。その他2つの任務は、Global Low Orbiting Message Relay Satellite(GLOMR)のカードベイからの放出とペイロードベイのGerman Unique Support Structureと呼ばれる構造に搭載された5つの材料実験であった。実験には、毛細管現象マランゴニ効果拡散臨界点等の流体物理学の実験、固化実験、単結晶成長の実験、混合物の実験、細胞機能、発生過程、重力を関知する植物の能力等の生物学実験、ヒトの重力の知覚、宇宙への適応過程等の医学実験等があった。

関心を集めた実験設備は、正確に制御された加速度で前後に動く被験者を乗せたシートとスペースラブの通路の由佳に固定されたレールからなるVestibular Sledである。シートに縛り付けられた被験者を詳細に測定することで、ヒトの前庭の機能組織と、微小重力下での前庭の適応のデータが得られた。そりによる加速実験は、内耳の熱刺激や目の視運動性刺激と組み合わせられた。

NASAはスペースシャトルを運用し、飛行中における安全性や制御の機能の全体に責任を負った。西ドイツは、7日間のミッションにおける科学研究に責任を負った。この機能を満足するため、地上にいるドイツの管制員は、軌道上の乗組員と連携して働いた。1日24時間実験を行うため、軌道上の乗組員は2つのチームに分かれた。地上と軌道の間の通信は、ミッションの間中、最適に保たれた。

GLOMR衛星の放出は成功し、スペースラブの分離構造に搭載された5つの実験機器も有益なデータを得た。チャレンジャーは、1985年11月6日、エドワーズ空軍基地第17滑走路に最後の着陸を行った。午後12時45分(EST)に、7日と45分間のミッションを終えて、停止した。

STS-61-Aは、1986年1月28日のSTS-51-Lの打上げ時に爆発したチャレンジャーにとって、最後の成功したミッションとなった。

出典[編集]

  1. ^ German-run shuttle mission successful. ? Free Online Library”. Thefreelibrary.com (1985年11月16日). 2011年5月18日閲覧。
  2. ^ STS-61A Space Shuttle Challenger Mission”. Space.about.com. 2011年5月18日閲覧。

外部リンク[編集]