多目的補給モジュール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
2001年3月10日 - ディスカバリーの貨物室に置かれているレオナルド多目的補給モジュールを ISS からデジタルカメラで撮影 (STS-102)

多目的補給モジュール(たもくてきほきゅうモジュール、Multi-Purpose Logistics Module : MPLM)とは、スペースシャトルのミッションで国際宇宙ステーション (ISS) との間で積荷を受け渡すための与圧コンテナである。スペースシャトルの貨物室で運ばれ、ロボットアームで ISS のユニティハーモニーに接続し、そこで物資が下ろされ終了した実験機器や廃棄物が積み込まれる。その後 MPLM は 再びシャトルに積み込まれて地球に戻される。

概要[編集]

STS-114 で ISS にドッキングしたラファエロモジュール
2001年3月21日 - レオナルドに積まれている保管ラックよりずっと小さく見えるユーリ・ギドゼンコ飛行士

MPLM は NASA との契約の下でイタリア宇宙機関 (ASI) から提供されている。3基の MPLM が NASA に引き渡されており、それぞれにイタリアの歴史的な偉人「レオナルド」、「ラファエロ」、「ドナテロ」の名前が付けられている。MPLM を建造したのは ASI だが、所有権は NASA にある。MPLM の建造と引き換えに、ASI は ISS での米国の研究時間を利用する権利を手に入れた[1]

元々 MPLM は、宇宙ステーション「フリーダム計画」のために設計された。当初はボーイングが建造することになっていたが、1992年にイタリアが4500kgの積荷を運搬できる「小型与圧補給モジュール(Mini-Pressurized Logistics Module)」の建造を発表した。1993年に設計が変更され、長さが2倍になり、「多目的補給モジュール」に改名された。MPLM は空の状態で、おおよその長さが6.4m、直径4.6m、重さが4.5トンで、10トン以内の積荷を ISS に運搬可能である。

ドナテロには他の2基には無い機能が備えられており、ISS への搬入まで電力供給を続けなければならないペイロードでも運搬できる。しかしシャトル打ち上げ計画の見直しと費用の節約のため、ドナテロは一度も使われないまま引退した。

また、シャトルの引退に備えて、レオナルドにスペースデブリ対策のシールドをつけるなど改造し、恒久型多目的モジュール(Permanent Multipurpose Module : PMM)として設置することが決定した[2]。PMM「レオナルド」は、2011年2月24日スペースシャトルディスカバリーSTS-133)にて打ち上げられ、ISSのユニティの地球側に取り付けられた。PMMは、主に物資の保管場所として使用される。

完了したミッション[編集]

打ち上げ日 ミッション シャトル MPLM
2001年3月8日 STS-102 ディスカバリー レオナルド
2001年4月19日 STS-100 エンデバー ラファエロ
2001年8月10日 STS-105 ディスカバリー レオナルド
2001年12月5日 STS-108 エンデバー ラファエロ
2002年6月5日 STS-111 エンデバー レオナルド
2005年7月26日 STS-114 ディスカバリー ラファエロ
2006年7月4日 STS-121 ディスカバリー レオナルド
2008年11月14日 STS-126 エンデバー レオナルド
2009年8月28日 STS-128 ディスカバリー レオナルド
2010年4月5日 STS-131 ディスカバリー レオナルド
2011年2月24日 STS-133 ディスカバリー レオナルド(PMMとしてISSに恒久結合)
2011年7月8日 STS-135 アトランティス ラファエロ

諸元[編集]

  • 全長 - 6.4 m
  • 全幅 - 4.57 m
  • 質量 - 4,082 kg (空積時) / 13,154 kg (積載時)

出典[編集]

外部リンク[編集]