オービタ整備施設

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
整備施設に入るコロンビア

オービタ整備施設(Orbiter Processing Facility、OPF)は、アメリカ合衆国スペースシャトルオービタが飛行間に整備を受ける3つのハンガーのうちの1つである。OPF-1、OPF-2、OPF-3と呼ばれる3つの施設は全てフロリダ州ケネディ宇宙センター第39複合発射施設にある。

東には、発射台に移動する前に外部燃料タンク固体ロケットブースターが取り付けられるスペースシャトル組立棟があり、OPF-1とOPF-2は低い格納庫を挟んでつながっており、OPF-3は道を挟んだ場所にある。

OPF-3は、以前は Orbiter Maintenance & Refurbishment Facility (OMRF)と呼ばれていたが、後に完全な機能を備えたOPFとなった。

整備の流れ[編集]

スペースシャトルのミッションが終わると、オービタはNASAシャトル着陸施設から割り当てられたOPFに向かう。使われたペイロードが取り外され、機体は完全に点検、修復されて必要であれば耐熱タイルも貼り替えられる。その後、次のミッションに使われるペイロードの一部が取り付けられて、点検される。

オービタの割当て[編集]

OPF-1はアトランティス、OPF-2はエンデバー、OPF-3はディスカバリーに割り当てられている。

出典[編集]

この記事は、パブリックドメインとなったNASAのウェブサイト及び資料を基にしている。

外部リンク[編集]

座標: 北緯28度35分09秒 西経80度39分18秒 / 北緯28.585803度 西経80.654991度 / 28.585803; -80.654991