デルタ IV

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
デルタ IV (デルタ 9000)
DSCSIII-B6を打ち上げるデルタ IV
DSCSIII-B6を打ち上げるデルタ IV
機能 人工衛星打ち上げロケット
製造 ボーイング IDS
ユナイテッド・ローンチ・アライアンス
開発国 アメリカ合衆国
大きさ
全高 63 - 72 m (206 - 235 ft)
直径 5 m (16.4 ft)
重量 249,500 - 733,400 kg (550,000 - 1,616,800lb)
段数 2段
積載量
LEOへのペイロード 8,600 - 22,560 kg (18,900 - 49,740 lb)
ペイロード
GTO
3,900 - 12,980 kg (8,500 - 28,620 lb)
打ち上げ実績
状態 現役
射場 ケープカナベラル空軍基地SLC-37B
ヴァンデンバーグ空軍基地SLC-6
総打ち上げ回数 25回
ミディアム: 3回
ミディアム+ (4,2): 10回
ミディアム+ (5,2): 1回
ミディアム+ (5,4): 4回
ヘビー: 7回
成功 24
ミディアム: 3回
ミディアム+ (4,2): 10回
ミディアム+ (5,2): 1回
ミディアム+ (5,4): 4回
ヘビー: 6回
部分的成功 1回 (ヘビー)
初打ち上げ ミディアム: 2003年3月11日
ミディアム+ (4,2): 2002年11月20日
ミディアム+ (5,2): 2012年4月3日
ミディアム+ (5,4): 2009年12月6日
ヘビー: 2004年12月21日
補助ロケット (ミディアム+ 派生型) - GEM 60
補助ロケット数 ミディアム: 0基; M+4,2: 2基; M+5: 2基または4基
エンジン 固体燃料ロケット1基
推力 826.6kN (185,817 lbf)
比推力 275秒
燃焼時間 90秒
燃料 固体燃料ロケット
補助ロケット(ヘビー) - CBC
補助ロケット数 2基
エンジン RS-68 1基
推力 3,312.8 kN (744,737 lbf)
比推力 410秒
燃焼時間 249秒
燃料 液体水素/液体酸素
第1段 - CBC
エンジン RS-68 1基
推力 3,312.8 kN (744,737 lbf)
比推力 410秒
燃焼時間 259秒
燃料 液体水素/液体酸素
第2段
エンジン RL10-B-2 1基
推力 110 kN (24,740 lbf)
比推力 462秒
燃焼時間 850 - 1,125秒
燃料 液体水素/液体酸素

デルタ IVはアメリカ合衆国の人工衛星打ち上げ用使い捨てロケットである。ボーイング社の統合防衛システム部門によって設計され、ユナイテッド・ローンチ・アライアンス (ULA)によって生産される。デルタロケットシリーズの最新型であり、2010年代でも運用中である。最終的な組み立てはULAの射場で行われる[1]

詳細[編集]

デルタ IVは、アメリカ空軍のEELV計画により主に軍用に用いられるが、商業用人工衛星の打ち上げ用にも設計されている。デルタIVロケットは、その打上げ重量により5種類に分けられる。ミディアム、ミディアム+ (4,2)、ミディアム+ (5,2)、ミディアム+ (5,4)とヘビーであり、ペイロードの規模と重量に応じて使い分けられる。ロケットはケープカナベラル空軍基地SLC-37Bヴァンデンバーグ空軍基地SLC-6水平統合施設において、打ち上げの為に組み立てられる。

デルタIVの1段目はロケットダインRS-68エンジンを動力とする1基またはヘビー用の3基のコモン・ブースター・コア(CBC)で構成される。 多くの第1段ロケットエンジンと異なり、ケロシンを使用せずRS-68は液体水素液体酸素を推進剤としている。

2002年、RS-68は1970年代のスペースシャトルの主エンジン(SSME)以来の新規に設計された大型液体燃料ロケットエンジンとなった[2]。 RS-68の当初の目的は、SSMEと比較して、あらゆる部門での費用を低減させる事を目指した。燃焼室の圧力や比推力を犠牲にしたために、推進効率が落ちたが開発期間や部品点数、開発費や組み立て工数はSSMEよりも規模が大きいにも拘らず、大幅に減らすことが出来た。

一般的にRS-68は打ち上げてから最初の数分間は定格の102%の推力を発揮し、主エンジンを停止する前に出力を58%まで下げる事が出来る [3]。ヘビー型ではCBCのエンジンは打ち上げ後約50秒間は出力を58%まで下げ、その間に両側の補助ロケットとして使用されるCBCの出力は102%である。これにより中心のCBCは推進剤を温存し、長時間燃焼する事が出来る。両側のCBCを分離後、中心のCBCは出力を102%に戻し、停止前には58%まで下げる[4]

RS-68エンジンは、下部の推力構造体に4つの推力を受けるフレームで取り付けられ、円錐型の熱保護遮蔽板に囲まれる。推力構造体の上はアイソグリッド構造(重量軽減の為にタンク内壁は格子状に機械加工で削られている) のアルミニウム製の液体水素タンクであり、中央部の複合材でアルミニウム製アイソグリッド構造の液体酸素タンクと前のスカートにつながっている。CBCの後部には電機と信号の配線と液体酸素をRS-68エンジンへ供給する為の配管がある。CBCは連続して直径5mである[2]

L-3 コミュニケーションズは以前にデルタIIで使用されていた冗長慣性制御装置(RIFCA)を供給するが、ソフトウェアはデルタIIとデルタIVでは全く異なる。RIFCの特徴はそれぞれ6台のリングレーザージャイロスコープ加速度計を使用する事で高い信頼性を確保している。[5]

デルタIVの上段は本質的にはデルタ IIIと似ているがタンクは摩擦攪拌接合で形成され、全長は4m、直径は5mに拡大されている。2段目は比推力を増やす為に進展式の炭素製のノズルを備えプラット&ホイットニーRL-10B2エンジンが使用される。機種に応じて1段目と2段目の間の円錐形の段が使われる場合もある。直径5mから4mの中間段が直径4mの派生型が上段に使用される場合に使用され円柱型の中間段の直径は5mである。両方の中間段は複合材で製造される[6]

衛星を格納するフェアリングは用途に応じて用意される。デルタIIIと同等の直径4mの複合材製フェアリングが4mの派生型として使用され、5mの複合材製のフェアリングは5mの派生型として使用される。より長い形式として、ボーイングが生産したタイタンIV用5m径のアルミ製アイソグリッド構造のフェアリングもヘビー仕様に使用可能である。

デルタIVは全高が63m以上あり、ロケットの登場以来、現用のロケットでは最も高さが高い。

デルタIVは衛星打ち上げ需要よりも既に打ち上げ能力が上回っている時期に市場に参入した。その上、新型のため、信頼性が実証されておらず、商業打ち上げの顧客を市場で獲得することは困難であり、デルタIVの打ち上げコストは競合するロケットよりもやや高かった。2003年、ボーイングは需要の低迷と高コストが原因でデルタIVを商業衛星用打ち上げ市場から撤退した。2005年、ボーイングはデルタIVを商業市場に戻すと述べたが、2006年時点においてそれ以上の発表はない[7]。1回の打ち上げにつきアメリカ政府から14000万ドルから17000万ドルが支払われた。

競合するロケット: アトラス V - アリアン 5 - 長征5号 - アンガラ - H-IIB - プロトン - ファルコン9

派生機種[編集]

  • デルタIV ミディアム(デルタ 9040):最も基本となる形式。1基のCBCと改良された直径4mの液体水素/液体酸素エンジンを用いたデルタIIIの2段目エンジンとデルタIIIと同等のの直径4mのフェアリングを特徴としている。デルタIVミディアムは静止トランスファ軌道(GTO)へ4,210 kg (9,285 lb)の 打ち上げ能力がある。
  • デルタIV ミディアム+ (4,2) (デルタ 9240):ミディアムと似ているが2基のアリアン製の直径1.5-m (60-in)の固体燃料補助ロケット(GEM-60s)を備える事によりGTOへの投入能力が5,845 kg (12,890 lb)に増えた。
  • デルタIV ミディアム+(5,2) (デルタ9250):ミディアム+ (4,2)と似ているがより大型のペイロードに対応する為に直径5mのフェアリングを備え、直径5mの液体水素と延長された液体酸素タンクを備える。フェアリングと2段目の重量が増えた為にミディアム+(5,2)はGTOへの投入能力が4,640 kg (10,230 lb)になりMedium+ (4,2)よりも少ない。
  • デルタIV ミディアム+ (5,4) (デルタ 9450):ミディアム+(5,2)より小型だがGEM-60を2基追加して4基の補助ロケット使用する事によりGTOへ6,565 kg (14,475 lb) のペイロードを投入できる。
  • デルタIV ヘビー (デルタ 9250H):ミディアム+ (5,2)と似ているがGEMの代わりに2基のCBCを使用する。これらの両側のCBCは中央のCBCよりも早く分離される。デルタIVヘビーは同様に直径5mの複合材製のフェアリングを特徴とする[8]タイタンIVで使用されていたアルミニウム製の三分割のフェアリングも使用可能である[9]。 DSP-23の打ち上げに初めて使用された。

デルタIVの(分離された宇宙船の重量)打ち上げ能力

ヘビーの打ち上げ時の総重量は約733,000 kgでスペースシャトルの打ち上げ時の総重量(2,040,000 kg)よりも遥かに少ない。

デルタIVの開発中、小型版が検討された。これは1基のCBCの上にデルタ IIの2段目とオプションとしてチオコールのStar 48Bを3段目にしてデルタIIのフェアリングを使用するものだった[11]。小型版の計画は1999年に廃止された[12][13]。これはデルタIIと同規模の打ち上げ能力になったと推定される。

将来の派生型[編集]

デルタ IVの変遷

デルタIVが今後にわたって更新できそうなことは、固体燃料補助ロケットの推力を増強し、主エンジンの推力を増強し、構成材料を軽いものにし、2段目の推力を増強し、装備するCBCの数を最大6本に増やす事や、液体水素・液体酸素で構成された推進剤を周囲のCBCから中央のCBCへ供給するクロス・フィード方式を採用することなどが検討されている。これらの改良を施すことにより、低軌道へ投入できるペイロードは潜在的には100トンまで増える[8]。NASAの計画の一つにデルタIVを乗員探査船英語版の打ち上げに使用する案がある[14]

しかし、このCEVは有翼またはリフティングボディ型宇宙船からアポロ宇宙船のようなカプセル型への変更されている。これに伴い、スペースシャトルの後継となる人員輸送ロケットは、デルタIVからはRS-68エンジン技術のみが採用され、これが新型のアレスVのエンジンとして使用する計画となっている。

2009年、エアロスペース・コーポレーション英語版は、NASAにデルタIVを有人飛行の為に有人規格英語版に変更する可能性がある事を認める意図の調査結果の報告を提出した[15]。更にアビエーション・ウィーク英語版誌は"デルタIVヘビーはNASAの低軌道への有人飛行の条件に適合可能である"との論考を書いた。

2006年にRAND社の2020年までの国家安全保障上の打ち上げの必要性に関する調査において、他の重量物打ち上げロケットの可能性が示され[16]それには"・・・デルタ IV ヘビーだけがNSSの必要とする10機の重量物の打ち上げ需要に応じる事が出来る能力を持ち・・・デルタIVの製造能力において一つの可能性を除けば計画されたNSSの打ち上げの全体の需要を満たすことができる。例外としてNRO(国家偵察局)の単一のペイロードに対応するデルタIVヘビーの打ち上げ能力を向上させるための要件が含まれます。この要求への最適な改善策は現在調査中である。"と記された。

2012年6月に打ち上げられた20号機のデルタIVヘビーからは、性能向上型のRS-68A エンジンが使用された。この更新ではGTOへのペイロードが13%増える予定と見積もられていた。新しいRS-68Aは同様にデルタIVシリーズに採用されることが想定され推力が106%になることによりGTOへのペイロードが約7–11% 増加する事が見積もられていた。

デルタIVシリーズにおいて、他の可能な改良は外部の固体補助ロケットを加えることによって新しい派生型を生み出す事である。このような改良の一つにミディアム+(4,4)にM+(5,4)の2本のGEM-60と(4,2)のフェアリングを組み合わせる案がある。これによりGTOへのペイロードは7,500 kg (16,600 lb)になりLEOへのペイロードは14,800 kg (32,700 lb)になると推定される。 これは最初の注文から36ヶ月で入手できる単純な派生型である。2つの他の可能な派生型として(5,4)に2本または4本のGEM-60を追加したミディアム+(5,6)と(5,8)がある。これらは大幅に性能が向上(M+(5,8)の場合GTOへ最大9,200 kg/20,200 lb)するが、異なる荷物に対応する為にこのような外部に設置する場合には既存の機体に変更が必要である。ミディアム+(5,6)と(5,8)は最初の注文から48ヶ月で入手できる[17]

射場[編集]

3基のCBCを束ねた最初のデルタIVヘビーの打ち上げ

デルタ IVの打ち上げは2箇所の射場から実施される。アメリカの東海岸のケープカナベラル空軍基地の第37射場 (SLC-37)と西海岸の極軌道と高傾斜角の軌道への打ち上げに使用されるヴァンデンバーグ空軍基地の (第6)射場である。

両方の打ち上げ施設は似ている。射点は可動式整備塔Mobile Service Tower (MST)で整備の場を提供し、悪天候からロケットを守る。ペイロードやGEM-60補助ロケットを機体に取り付ける為にMSTの上部にはクレーンがある。MSTはロケットの打ち上げ数時間前に開く。ヴァンデンバーグでは射場も同様に完全に機体を覆う可動式組み立てシェルターMobile Assembly Shelter (MAS)を備える。ケープカナベラル空軍基地では機体は部分的に覆われ下の方は露出する。

期待の横の固定アンビリカルタワー(FUT)はヴァンデンバーグは2基でケープカナベラルは3基のスイングアームである。これらのアームは電気、油圧、環境制御や他の支援機能がアンビリカルケーブルを通じて繋がる。スイングアームは発射時には機体にぶつかる事を避ける為に格納される。

機体の下の発射台には6基の整備塔(TSMs)があり、2基はそれぞれのCBCのためにある。発射台は機体を支え、TSMは支持とCBCへの推進剤の注入の機能を持つ。機体は発射台上に打ち上げまでボルトで固定するLaunch Mate Unit (LMU)で設置される。発射台の後ろに長いストロークの油圧式ピストンで水平統合施設(HIF)からの機体を垂直に立てる為に使用されるFixed Pad Erector (FPE)がある。発射台の下には発射時の火炎をロケットや施設から排気する為のダクトがある。

水平統合施設 (HIF)は射場から少し離れた地点にある。射点に運ぶ前にデルタIV CBCと2段目の試験を行うことが出来る大型の建物である。デルタIVロケットの組み立ては現在のスペースシャトルやかつてのサターンVや予定されるアレスIアレスVの組み立てとは異なりソユーズロケットの組み立てと似た水平状態で行われ射点で垂直に設置される。

デルタIVを射場の様々な施設から移動する場合にはElevating Platform Transporters (EPTs)で移動される。これらのゴムタイヤの車両はディーゼルエンジン式と電気モーター式の両方が使用される。ディーゼル式EPTは機体をHIFから射点に運ぶ時に使用され電気式EPTはHIF内で精密な移動に使用され、重要である。[18]

打ち上げ手順[編集]

デルタIV 4mの第2段

デルタIVは高額な費用がかかる射場での時間を減らす為に以下の工程を使用する。CBCはボーイングのアラバマ州Decaturの工場で製造されてからM/V Delta Marinerと言うRO-RO船に乗せられて射場まで運ばれる。Delta Marinerから荷揚げされて水平統合施設(HIF)へ入れられて別々に運ばれてきた2段目と組み合わされる。ヘビー型も同様にHIF内で3基のCBCが組み合わされる。

多くの試験が行われ機体は水平に射場に運ばれFixed Pad Erector (FPE)を使用してMST内で機体は垂直に持ち上げられる。同時にGEM-60固体燃料補助ロケットが必要な場合は本体の周囲に発射台上で取り付けられる。試験後(既にフェアリングに収納された)ペイロードが射場に運ばれMST内でクレーンで吊り下げられて機体の上部に設置される。最終的に打ち上げの日にMSTは機体から離れて打ち上げ準備が整う[19]

歴史[編集]

アメリカ空軍(USAF)はデルタIVの開発、統合、設備の建設にボーイング打ち上げサービス(BLS)に予算を出し続けた。2008年8月8日、空軍の宇宙ミサイルシステムセンターは経費プラス報奨金としてBLSと$165.6万ドルで2009年の会計年度に性能を向上させる契約を交わした。さらに$55710万ドルが2010年の会計年度にオプションとして追加された[20]

デルタ IVの打ち上げ[編集]

No. 日付 / 時間
(UTC)
形式 シリアル-No. 射場 ペイロード ペイロードの種類 軌道 結果 備考
1 2002年11月20日
22:39
ミディアム+(4,2) 293 SLC-37B Eutelsat W5 商用通信衛星 GTO 成功 最初のデルタIVの打ち上げ
2 2003年3月11日
00:59
ミディアム 296 CCAFS SLC-37B USA-167 (DSCS-3 A3) 軍用通信衛星 GTO 成功 最初のデルタIVミディアムの打ち上げ
最初のUSAF EELVミッション
3 2003年8月29日
23:13
ミディアム 301 CCAFS SLC-37B USA-170 (DSCS-3 B6) 軍用通信衛星 GTO 成功
4 2004年12月21日
21:50
ヘビー 310 CCAFS SLC-37B DemoSat [21] / 3CS 1 / 3CS 2 実証用ペイロード GSO (計画) 部分的失敗
  • 最初のデルタIVヘビーの打ち上げ
  • CBCのエンジンが予定よりも早く停止
  • DemoSatは不適切な軌道に到達、3CSは軌道投入失敗[22][23]
5 2006年5月24日
22:11
ミディアム+(4,2) 315 CCAFS SLC-37B GOES 13 (GOES-N) 気象衛星 GTO 成功
6 2006年6月28日
03:33
ミディアム+(4,2) 317 VAFB SLC-6 USA-184 (NROL-22) 偵察衛星 モルニヤ軌道 成功 ヴァンデンバーグからの最初のデルタIVの打ち上げ[24]
7 2006年11月4日
13:53
ミディアム 320 VAFB SLC-6 DMSP 5D-3/F17 軍用気象衛星 SSO 成功 最初のデルタIVによる低軌道 / SSOへの投入
8 2007年11月11日
01:50
ヘビー 329 CCAFS SLC-37B USA-197 (DSP-23) ミサイル警戒衛星 GSO 成功 ユナイテッド・ローンチ・アライアンスによって契約された最初のデルタIVの打ち上げ
Launch delayed due to damage to launch pad caused by a liquid oxygen leak[25]
9 2009年1月18日
02:47[26][27]
ヘビー 337 CCAFS SLC-37B USA-202 (NROL-26) 偵察衛星 GSO 成功[28]
10 2009年6月27日
22:51[29]
ミディアム+(4,2) 342 CCAFS SLC-37B GOES 14 (GOES-O) 気象衛星 GTO 成功[30]
11 2009年12月6日
01:47[31]
ミディアム+(5,4) 346 CCAFS SLC-37B USA-211 (WGS-3) 軍用通信衛星 GTO 成功[31] 最初のデルタIV ミディアム+ (5,4) の打ち上げ
12 2010年3月4日
23:57
ミディアム+(4,2) 348 CCAFS SLC-37B GOES 15 (GOES-P) 気象衛星 GTO 成功[32]
13 2010年5月28日
03:00
ミディアム+(4,2) 349 CCAFS SLC-37B USA-213 (GPS IIF SV-1) 航法衛星 MEO 成功[33]
14 2010年11月21日
22:58[26]
ヘビー 351 CCAFS SLC-37B USA-223 (NROL-32) 偵察衛星 GSO 成功[34]
15 2011年1月20日
21:10
ヘビー 352 VAFB SLC-6 USA-224 (NROL-49) 偵察衛星 LEO 成功
16 2011年3月11日
23:38
ミディアム+(4,2) 353 CCAFS SLC-37B USA-227 (NROL-27) 偵察衛星 GTO 成功
17 2011年7月16日
6:41
ミディアム+(4,2) 355 CCAFS SLC-37B USA-231 (GPS IIF SV-2) 航法衛星 MEO 成功
18 2012年1月20日
00:38
ミディアム+(5,4) 358 CCAFS SLC-37B USA-233 (WGS-4) 軍用通信衛星 GTO 成功
19 2012年4月3日
23:12
ミディアム+(5,2) 359 CCAFS SLC-6 USA-234 (NROL-25) 偵察衛星 LEO 成功 最初のデルタIV ミディアム+ (5,2) の打ち上げ
20 2012年6月29日
13:15
ヘビー 360 CCAFS SLC-37B USA-237 (NROL-15) 偵察衛星 GSO 成功 RS-68Aエンジンを使用した最初の打ち上げ
21 2012年10月4日
12:10
ミディアム+(4,2) 361 CCAFS SLC-37B USA-239 (GPS IIF SV-3) 測位衛星 MEO 成功
22 2013年5月27日
12:27
ミディアム+(5,4) 362 CCAFS SLC-37B USA-243 (WGS-5) 軍用通信衛星 GTO 成功
23 2013年8月8日
0:29
ミディアム+(5,4) 363 CCAFS SLC-37B USA-244 (WGS-6) 軍用通信衛星 GTO 成功
24 2013年8月28日
18:03
ヘビー 364 VAFB SLC-6 NRO L-65英語版 偵察衛星 LEO 成功
25 2014年2月21日
01:59
ミディアム+(4,2) 365 CCAFS SLC-37B GPS II F-5 航法衛星 MEO 成功

特筆すべき打ち上げ[編集]

ミディアム+ (4,2)によるGOES-Nの打ち上げ
SLC-6から見たNROL-22の打ち上げ

デルタIVで打ち上げられた最初のペイロードはユーテルサットW5通信衛星である。ロケットはミディアム+ (4,2)でケープカナベラルから打ち上げられた。通信衛星を2002年11月20日に静止トランスファー軌道へ運んだ。

ヘビー デモは最初のヘビー版の打ち上げで2004年、12月に悪天候の為に延期された。推進剤供給配管内のキャビテーションをセンサーは推進剤が空になったと捉えた。そのため、補助ロケットと中央のロケットは予定通り燃焼する為の十分な推進剤が残されていたにも拘らず予定よりも早く停止した。2段目は1段目による不足を補う為に推進剤が尽きるまで燃焼を試みた。この打ち上げは試験打ち上げでペイロードは

  • DemoSat – 6020 kg; アルミ製のシリンダーで60本の黄銅の棒が満たされていた。予定ではGEOへ運ばれる予定だったがセンサーの故障でこの軌道には達しなかった。
  • NanoSat-2, 低軌道へ超小型の24kgのSparkyと21kgのRalphieを投入する予定だった。安定した軌道へ投入することは出来なかった[35]

NROL-22はヴァンデンバーグ空軍基地のSLC-6射場から最初にデルタIVで打ち上げられた衛星である。ミディアム+ (4,2)によって2006年1月に国家偵察局(NRO)の衛星を打ち上げた。

DSP-23はヘビー仕様によって打ち上げられた初めての価値のあるペイロードである。これはボーイングとロッキード・マーティンの合弁事業であるユナイテッド・ローンチ・アライアンスによって契約された始めてのデルタIVの打ち上げでもある。主なペイロードは23機目の最終のミサイルの警戒するDSP衛星で2007年11月11日、01:50:00 GMTにケープカナベラルから打ち上げられた[36]

NROL-26は最初のNROの為の"ヘビー" EELV の打ち上げである。USA 202偵察衛星に分類され2009年1月18日02:47 UTC.に打ち上げられた[37]

NROL-32は "ヘビー"によってNROの為に打ち上げられた衛星で最大の衛星と推定される。ロケットの打ち上げは当初予定の10月19日から延期され、2010年11月21日22:58 UTCに打ち上げられた[38]

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ “Boeing and Lockheed Martin Complete United Launch Alliance Transaction” (プレスリリース), Boeing, (2006年12月1日), http://www.boeing.com/news/releases/2006/q4/061201a_nr.html 2010年閲覧。... 
  2. ^ a b Space Launch Report: Delta IV Data Sheet”. Ed Kyle (2010年9月5日). 2010年閲覧。...
  3. ^ Delta IV GOES-N Launch Timeline”. Spaceflight Now (2005年6月9日). 2010年閲覧。...
  4. ^ Delta IV Heavy Demo Launch Timeline”. Spaceflight Now (2004年12月1日). 2010年閲覧。...
  5. ^ L-3 Space & Navigation's RIFCA Trihex
  6. ^ Delta IV Payload Planners Guide”. United Launch Alliance. p. 1-5 to 1-6 (2007年9月). 2010年閲覧。...
  7. ^ “Boeing's Delta IV may return to commercial launches”. Orange County Register. (2005年3月25日). http://www.ocregister.com/ocr/2005/03/25/sections/business/business_nation/article_456341.php 2010年閲覧。... 
  8. ^ a b Delta Launch 310 – Delta IV Heavy Demo Media Kit - Delta Growth Options”. Boeing. 2010年閲覧。...
  9. ^ US Air Force - EELV Fact Sheets
  10. ^ Delta IV Payload Planners Guide”. United Launch Alliance. pp. 2–5 (2007年9月). 2010年閲覧。...
  11. ^ Delta IV Small on Astronautix.com
  12. ^ Gunter's Space page - Delta IV
  13. ^ “Boeing Signs agreement for Delta IV Integration Facility” (プレスリリース), Boeing, (1999年1月28日), http://www.boeing.com/news/releases/1999/news_release_990128b.html 2010年閲覧。... 
  14. ^ Whitesides, Loretta Hidalgo (2008年7月9日). “Why NASA Isn’t Trying to Human-Rate the Atlas V or Delta IV Rockets”. Wired. 2010年閲覧。... “"You could launch a smaller human vehicle on a current expendable rocket [...] In fact, before the Columbia disaster NASA teams were working on an Orbital Space Plane (OSP) designed to do just that."”
  15. ^ Frank Morring, Jr. (2009年6月15日). “Study Finds Human-rated Delta IV Cheaper”. Aviation Week. 2010年閲覧。...
  16. ^ Forrest McCartney, et al (2006年). “National Security Space Launch Report (PDF)”. RAND. pp. 6–7. 2010年閲覧。...
  17. ^ Delta IV Payload Planners Guide”. ULA. pp. 10–15, 16 (2007年9月). 2010年閲覧。...
  18. ^ Delta IV Launch Facilities
  19. ^ Delta IV prelaunch assembly”. Spaceflight Now (2004年12月1日). 2010年閲覧。...
  20. ^ DefenseLink Contracts for Friday, August 08, 2008”. US Department of Defense (2008年8月8日). 2010年閲覧。...
  21. ^ The DemoSat payload”. Spaceflight Now (2004年12月1日). 2010年閲覧。...
  22. ^ Justin Ray (2004年12月22日). “Delta 4-Heavy hits snag on test flight”. Spaceflight Now. 2010年12月12日閲覧。
  23. ^ Justin Ray (2004年12月22日). “Air Force says plenty of good came from Delta 4 test”. Spaceflight Now. 2010年12月12日閲覧。
  24. ^ Justin Ray (2006年6月27日). “New era of rocket launches begins at California base”. Spaceflight Now. 2010年12月12日閲覧。
  25. ^ Covault, Craig (2007年3月9日). “Delta Pad Damage Assessed After Fuel Leak”. Aviation Week. 2010年閲覧。...
  26. ^ a b Tracking Station - Worldwide launch schedule”. Spaceflight Now. 2008年10月13日閲覧。
  27. ^ Schaub, Michael B.. “Mission Set Database”. NASA GSFC/Honeywell TSI. 2008年10月13日閲覧。
  28. ^ First ULA Delta IV Heavy NRO Mission Successfully Lifts Off From Cape Canaveral”. United Launch Alliance (2009年1月17日). 2010年12月12日閲覧。
  29. ^ Harwood, William (2009年6月27日). “Delta 4 deploys an advanced weather observatory”. Spaceflight Now. 2010年閲覧。...
  30. ^ “NASA and NOAA's GOES-O Satellite Successfully Launched” (プレスリリース), NASA KSC, (2009年6月27日), http://www.nasa.gov/centers/kennedy/news/releases/2009/release-20090627.html 2010年閲覧。... 
  31. ^ a b Ray, Justin (2009年12月5日). “New communications craft launched for U.S. military”. Spaceflight Now. 2009年12月6日閲覧。
  32. ^ Teaming of Delta 4 rocket and GOES a sweet success”. Spaceflight Now (2010年3月4日). 2010年閲覧。...
  33. ^ First-of-its-kind satellite for GPS launched into space”. Spaceflight Now (2010年5月28日). 2010年閲覧。...
  34. ^ Huge rocket launches secret U.S. spy satellite”. MSNBC.com (2010年11月22日). 2010年11月22日閲覧。
  35. ^ Delta 4-Heavy mission report”. Spaceflight Now. 2010年閲覧。...
  36. ^ Justin Ray (2007年11月11日). “Delta 4-Heavy rocket fires away from Cape Canaveral”. Spaceflight Now. 2010年閲覧。...
  37. ^ “First ULA Delta IV Heavy NRO Mission Successfully Lifts Off From Cape Canaveral” (プレスリリース), ULA, (2009年1月17日), http://news.prnewswire.com/DisplayReleaseContent.aspx?ACCT=104&STORY=/www/story/01-17-2009/0004956494 2010年閲覧。... 
  38. ^ 'Eavesdropper' satellite rides huge rocket from Florida: The US National Reconnaissance Office has launched what is reputed to be the largest satellite ever sent into space”. BBC News (2010年11月22日). 2010年閲覧。...

外部リンク[編集]