宇宙ミサイルシステムセンター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
宇宙ミサイルシステムセンター
Space and Missile Systems Center.png
創設 1954年7月
国籍 アメリカ合衆国
軍種 アメリカ空軍
兵力 約4,600名
上級部隊 空軍宇宙軍団
基地 カリフォルニア州 ロサンゼルス空軍基地
ニックネーム SMC

宇宙ミサイルシステムセンター(うちゅうミサイルシステムセンター Space and Missile Systems Center)はアメリカ空軍の組織。空軍宇宙軍団の主要編制の一つであり、宇宙関連機材の試験・開発を行い、軍事衛星などの運用支援を行うことを主任務とする。傘下に6個航空団(Wing)および数個群を有する。司令官は中将。本部所在地はカリフォルニア州ロサンゼルス空軍基地

概要[編集]

宇宙ミサイルシステムセンターは大陸間弾道ミサイル(ICBM)開発のため、航空研究開発軍団(Air Research and Development Command)の一部門として、1954年7月に開設されたのが前身である。タイタンピースキーパーなどのICBM開発のほか、使い捨て型ロケットとしてのタイタンやデルタロケットの開発にも携わっており、軍事衛星の開発も行う。

主要部隊[編集]

外部リンク[編集]