シムルグ (ロケット)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
シムルグ
基本データ
運用国 イランの旗 イラン
開発者 IAO
射場 セムナーン射場
原型 サフィール
物理的特徴
総質量 77 t
全長 27 m
軌道投入能力
低軌道 100 kg
500 km
テンプレートを表示

シムルグ (ペルシア語: سیمرغ‎ スィーモルグ、英語: Simorgh) はイラン宇宙庁 (IAO) が開発している小型衛星打ち上げ用使い捨て型ロケット (ELV) である。「スィーモルグ」は、ペルシア神話に出てくる不死鳥シムルグのこと。

2010年2月3日に、イラン初の人工衛星オミードの打ち上げ後1周年を記念する式典において新型の国産人工衛星3機とともに公表された。2012年8月イラン航空宇宙機関のファーゼリー長官が、2013年3月に打ち上げ予定であることを明らかにした[1]

構成・諸元[編集]

第1段に4基の主エンジンをクラスター化した全長27m全備質量77tの多段式ロケットである。この第1段主エンジンは、サフィールの第1段エンジンと同じものであり、北朝鮮ノドンのエンジンを改良したものであると見られている[2]。第1段には主エンジンの他にバーニアが備えられており、これにより誘導制御が行われる。

公式には高度500kmの低軌道に100kgの打ち上げ能力をもつとされているが[3][4]、打ち上げ能力は約60kgであるという報道もある[5][6]

また、将来的には同様の第1段エンジンを用いて高度1,000kmの軌道に700kgの衛星を投入することも可能であるとされている[3]

出典・脚注[編集]

  1. ^ “イランが衛星ロケット「スィーモルグ」の打ち上げ実施”. IRIB. (2012年8月13日). http://japanese.irib.ir/news/latest-news/item/31019 2012年12月16日閲覧。 
  2. ^ 白承宰 (2010年2月5日). “ミサイル:「イランのロケットはノドンのエンジンを改良」” (日本語). 朝鮮日報. http://www.chosunonline.com/news/20100205000024 2010年2月6日閲覧。 
  3. ^ a b Iran Unveiled New Generation of Satellites” (英語). Iranian Space Agency (2010年2月3日). 2010年2月13日閲覧。
  4. ^ “Iran uncovers three new home-made satellites” (英語). Iranian Students News Agency. (2010年2月3日). http://www.isna.ir/ISNA/NewsView.aspx?ID=News-1486401&Lang=E 2010年2月13日閲覧。 
  5. ^ “Iranian DM: Simorgh to Carry Tolou, Mesbah Satellites into Space” (英語). Fars News Agency. (2010年2月4日). http://english.farsnews.com/newstext.php?nn=8811141592 2010年2月13日閲覧。 
  6. ^ sorae.jp編集部宇宙班 (2010年2月4日). “イラン、新型ロケットと人工衛星3基を公開” (日本語). sorae.jp. http://www.sorae.jp/030899/3616.html 2010年2月4日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]