シャヴィト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
シャヴィト
Shavit Ofek7a.jpg
オフェク7号を打ち上げるシャヴィト2
基本データ
運用国 イスラエルの旗 イスラエル
開発者 IAI
運用機関 ISA, IAI
使用期間 1988年 - 現役
射場 パルマチン空軍基地
打ち上げ数 8回(成功6回)
原型 エリコII
姉妹型 RSA-3, RSA-4
公式ページ Shavit
物理的特徴
軌道投入能力
脚注
物理的特徴及び軌道投入能力については構成・諸元参照。
テンプレートを表示

シャヴィトヘブライ語: שביט‎)はイスラエル宇宙局(ISA)が開発しイスラエル・エアロスペース・インダストリーズ(IAI)が製造する人工衛星打ち上げロケットである。名称はヘブライ語で彗星を意味する。

概要[編集]

イスラエルが独自開発し、1986年に初の飛翔実験を行った2段式固体燃料準中距離弾道ミサイル(MRBM)エリコIIをもとに開発された。1988年9月19日パルマチン空軍基地からオフェク1号を打ち上げた。この成功によってイスラエルは人工衛星を独自に打ち上げた8番目の国となった。

人工衛星を打ち上げる際には地球の自転速度を最大限利用するため東回りに打ち上げるのが一般的であるが、イスラエルの場合は周辺のアラブ諸国への配慮により地中海へ向けて西回りに打ち上げられ、人工衛星が投入される軌道の軌道傾斜角はおよそ143度となる。

1998年、IAIはコールマン・エアロスペースマトラ・マルコーニ・スペース(現EADSアストリウム)とともに低軌道へ小型衛星の打ち上げを請け負うレオリンクを設立した[1]。前述の通りイスラエル国内からの打ち上げでは西回りの軌道のみに制限されるため、ブラジルアルカンタラ射場アメリカケープカナベラル空軍基地ワロップス飛行施設などを用いるとされている[2]。また、ロシア撤退後のバイコヌール宇宙基地の使用について交渉を行っている[3]

構成・諸元[編集]

いずれも最上段に球形固体ロケットモータを用いる3段式の全段固体燃料ロケットである。

シャヴィト[編集]

スワートコプの南アフリカ空軍博物館にて展示されているRSA-3

エリコ2MRBMに第3段としてラファエルが製造した球形ロケットモータAUS-51を追加した構成をもつ。同型がRSA-3として南アフリカ共和国へ輸出されたが、一度も打ち上げることがないまま1994年に計画は中止された。

2機が打ち上げられ全て成功した。

主要諸元
全長 15.4 m
代表径 1.35 m
全備質量 23.2 t
ペイロード 160 kg / LEO
段数(stage) 第1段 第2段 第3段
使用モータ ATSM-9 ATSM-9 AUS-51
各段全長 6.2 m 4.7 m 2.1 m
各段代表径 1.35 m 1.35 m 1.3 m
各段質量 10.2 t 10.4 t 2.6 t
推進剤 HTPB系固体推進剤
推進剤質量 9.1 t 9.1 t 1.9 t
真空平均推力 456 kN 471 kN 58.8 kN
真空比推力 266 s 275 s 292 s
有効燃焼時間 52 s 52 s 92 s

シャヴィト1 (LK-A)[編集]

シャヴィトの第1段を9tから13tへ増強し、第3段の燃焼パターンを変更したのがシャヴィト1である。開発当初はNEXTという名称であった。

4機が打ち上げられ2機が成功した。

主要諸元
全長 17.2 m
代表径 1.35 m
全備質量 27.3 t
ペイロード 225kg / LEO
240 kg / 240 km × 600 km LPEO
段数(stage) 第1段 第2段 第3段
使用モータ ATSM-13 ATSM-9 AUS-51
各段全長 8.0 m 4.7 m 2.1 m
各段代表径 1.35 m 1.35 m 1.3 m
各段質量 14.0 t 10.4 t 2.6 t
推進剤 HTPB系固体推進剤
推進剤質量 13 t 9.1 t 1.9 t
真空平均推力 610 kN 471 kN 58.8 kN
真空比推力 271 s 275 s 292 s
有効燃焼時間 55 s 52 s 91 s

シャヴィト2 (LK-1)[編集]

シャヴィト1の第2段を第1段と同じく13tまで増強したのがシャヴィト2である。2007年に初打ち上げ。2機が打ち上げられ全て成功している。

主要諸元
全長 19.5 m
代表径 1.35 m
全備質量 31.2 t
ペイロード 300 kg / LEO
350 kg / 700km LPEO
段数(stage) 第1段 第2段 第3段
使用モータ ATSM-13 ATSM-13 AUS-51
各段全長 8.0 m 6.5 m 2.1 m
各段代表径 1.35 m 1.35 m 1.3 m
各段質量 14.0 t 14.1 t 2.6 t
推進剤 HTPB系固体推進剤
推進剤質量 13 t 13 t 1.9 t
真空平均推力 610 kN 629 kN 58.8 kN
真空比推力 271 s 279 s 292 s
有効燃焼時間 55 s 55 s 91 s

打ち上げ実績[編集]

打ち上げ日時(UTC) 打ち上げ場所 構成 ペイロード 成否 備考
1988年9月19日09:32 パルマチン空軍基地 シャヴィト オフェク1 成功 試験ペイロード
1990年4月3日12:02 パルマチン空軍基地 シャヴィト オフェク2 成功 試験ペイロード
1995年4月5日11:16 パルマチン空軍基地 シャヴィト1 オフェク3 成功
1998年1月22日12:56 パルマチン空軍基地 シャヴィト1 オフェク4 失敗 第2段燃焼中不具合
2002年5月28日15:25 パルマチン空軍基地 シャヴィト1 オフェク5 成功
2004年9月6日10:53 パルマチン空軍基地 シャヴィト1 オフェク6 失敗 T+270秒第3段不具合
2007年6月11日23:40 パルマチン空軍基地 シャヴィト2 オフェク7 成功
2010年6月22日19:00 パルマチン空軍基地 シャヴィト2 オフェク9 成功
2014年4月10日18:59 パルマチン空軍基地 シャヴィト2 オフェク10 成功

将来構想[編集]

シャヴィト3 (LK-2)構想では、シャヴィト2の第1段をATKが製造するキャスター120ロケットモータに置き換えることで、高度700kmの極軌道に800kgの軌道投入能力を持つロケットとなる。また、オプションとして第4段としてヒドラジンを推進剤に用いるPEPT-420を搭載し、軌道投入精度を高めることが可能である。

また、派生型の空中発射ロケットとして、シャヴィト1の第1段を廃しC-130ボーイング747から発射するALVが構想されている。

出典[編集]

  1. ^ GlobalSecurity.org OUTER SPACE -- CLEAN UP YOUR ACT - Amnon Barzilai. 1998.7.28
  2. ^ Euro Space Center. Tous en orbite Dossier 4 : L'accès au business de l'espace - 2000.6.15(フランス語)
  3. ^ StrategyPage Israel Could Be A Contender - 2009.4.7(英語)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]