ツィクロン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ツィクロンЦиклон, ラテン文字転写の例:Tsiklon)はソビエト連邦ウクライナ共和国で開発された使い捨てロケット。本項目ではツィクロンとその派生型を記す。

ツィクロンシリーズ[編集]

ツィクロンには派生型としてツィクロン-2とツィクロン-3があり、アメリカ国防総省によってそれぞれSL-11とSL-14として知られている[1]

2段式のツィクロン-2は1969年8月6日カザフスタンのバイコヌール宇宙基地から初号機が打ち上げられ、2006年に退役した。再着火可能な3段を特徴とするツィクロン-3は1977年1月24日プレセツク宇宙基地から初号機が打ち上げられ、2009年1月30日コロナス・フォトン衛星の打ち上げを持って退役した[2]ツィクロン-4は開発中で2015年に初打ち上げを予定している。

打ち上げ実績[編集]

実績
Р-36-O ツィクロン
(ツィクロン-2A)
ツィクロン-2 ツィクロン-3 ツィクロン-4
段数 2 2 2 3 3
打ち上げ回数 24 8 106 122
成功 16 6 105 114
失敗 7 1 1 5
部分的失敗 1 1 3
成功率 66,67% 75% 99,06% 93,44%
初打ち上げ 1965年12月16日 1967年10月27日 1969年8月6日 1977年6月24日
最終打ち上げ 1971年8月8日 1969年1月25日 2006年6月25日 2009年1月30日
現在の状態 退役 退役 退役 退役 開発中

ツィクロン[編集]

ツィクロン
機能 中型ロケット
製造 ユージュマシュ
開発国 ソビエト連邦
大きさ
全高 39.7 m (130.2 ft)
直径 3 m (9.8 ft)
重量 182,000 kg (401,000 lb)
段数 2
積載量
LEOへのペイロード 3,000 kg (6,600 lb)
打ち上げ実績
状態 退役
射場 バイコヌール宇宙基地
LC-90射場
総打ち上げ回数 8回
成功 7回
失敗 1回
初打ち上げ 1967年10月27日
最終打ち上げ 1969年1月25日
特筆すべきペイロード IS-A/IS-P
RORSAT
第一 段 - 8S671
エンジン 1基のRD-251
推力 2,640 kN (593,4090 lbf)
比推力 301秒
燃焼時間 120秒
燃料 硝酸/UDMH
第二 段 - 8S672
エンジン 1基のRD-252
推力 940 kN (211,410 lbf)
比推力 317秒
燃焼時間 160秒
燃料 硝酸/UDMH

GRAUインデックスは11K67で、サイクロン (Cyclone) とも呼ばれる。主にコスモス衛星低軌道へ打ち上げる用途に使用されていた。ツィクロン-2Aとして表記される場合があるが、後に生産されたツィクロン-2とは別の機種である。

ツィクロンミハイル・ヤンゲリによって設計されたR-36 ICBM(NATOの表記ではSS-9、Scarp)を基にしており、1967年10月27日に最初の打ち上げが行われた。打ち上げは全てバイコヌール宇宙基地のLC-90射場で行われ、8機のうち7機が成功して1機が失敗した。初期型のツィクロンは1969年に退役し、以降は改良派生型のツィクロン-2やツィクロン-3が使用された。

ツィクロンはユージュノエ設計局が設計してユージュマシュが生産した(両方ともウクライナ共和国のドニプロペトロウシクにある)。制御装置はウクライナ共和国のハルキウにあるNPO "Electropribor"[3]によって設計された。

ツィクロン2[編集]

ツィクロン-2 (Tsiklon-2/Tskylon-M)
ツィクロン-2
ツィクロン-2
機能 衛星打ち上げ用ロケット
製造 ユージュマシュ
開発国 ソビエト連邦 (ウクライナ)
大きさ
全高 39.7 m (130.2 ft)
直径 3 m (9.8 ft)
重量 182,000 kg (401,000 lb)
段数 3段
積載量
LEOへのペイロード 2,820 kg (6,210 lb)
関連するロケット
シリーズ R-36, ツィクロン
競合機 デルタ II
打ち上げ実績
状態 退役
射場 バイコヌール宇宙基地 LC-90射場
総打ち上げ回数 106回
成功 105回
失敗 1回
初打ち上げ 1969年8月6日
最終打ち上げ 2006年6月24日
特筆すべきペイロード IS-A/IS-P
RORSAT
EORSAT
1 段 - 11S681
エンジン RD-2511基
推力 2,640 kN (593,4090 lbf)
比推力 301 秒
燃焼時間 120 秒
燃料 N2O4/UDMH
2 段 - 11S682
エンジン 1 RD-252
推力 940 kN (211,410 lbf)
比推力 317 秒
燃焼時間 160 秒
燃料 N2O4/UDMH
3 段
エンジン 1 RD-861
推力 77.96 kN (17,526 lbf)
比推力 317 秒
燃焼時間 112 秒
燃料 N2O4/UDMH

ツィクロン-2(Tsiklon-2)はツィクロン-M(Tsyklon-M)、GRAUインデックスでは11K69としても知られ、ソビエト連邦とウクライナで人工衛星の打ち上げに使用されたロケットである。R-36 ICBMから派生したツィクロン系列の一つで、全長は39.7メートル (130 ft)、燃料を充填した状態の重量は182トンである。初打ち上げは1969年8月6日。2006年6月24日の最終打ち上げまで106回打ち上げられた。

引退当時運用されていた世界のロケットの中で最も信頼性の高いロケットのひとつで、106回の打ち上げの中で失敗はわずか1回だけで、63機全機の打ち上げに成功したアトラスIIに次いで2番目に信頼性の高いロケットである。将来の近代化とアンガラ・ロケットのような全ロシア製のロケットへの切り替えにより引退した。


ツィクロン3[編集]

ツィクロン-3 (Tsiklon-3)
メテオール3気象衛星を打ち上げるツィクロン-3(プレセツク1991年8月15日)
メテオール3気象衛星を打ち上げるツィクロン-3
(プレセツク1991年8月15日)
機能 衛星打ち上げロケット
製造 ユージュマシュ
開発国 ソビエト連邦 (ウクライナ)
大きさ
全高 39.27m (128.83 ft)
直径 3 m (9.8 ft)
重量 189,000 kg (416,000 lb)
段数 3段
積載量
LEOへのペイロード 4,100 kg (9,000 lb)
関連するロケット
シリーズ R-36, ツィクロン
派生型 ツィクロン-4
競合機 デルタ II
打ち上げ実績
状態 退役[4]
射場 プレセツク宇宙基地 LC-32
総打ち上げ回数 122回
成功 114回
失敗 8回
初打ち上げ 1977年6月24日
最終打ち上げ 2009年1月30日[4]
特筆すべきペイロード Tselina
メテオール
Okean
Geo-IK
Strela
1 段 - 11K69
エンジン RD-2611基
推力 3,032kN (681,620 lbf)
比推力 301 秒
燃焼時間 120 秒
燃料 N2O4/UDMH
2 段 - 11S692
エンジン RD-2621基
推力 941 kN (211,545 lbf)
比推力 318 秒
燃焼時間 160 秒
燃料 N2O4/UDMH
3 段 - 11S693
エンジン RD-8611基
推力 78.70 kN (17,694 lbf)
比推力 317 秒
燃焼時間 125 秒
燃料 N2O4/UDMH

ツィクロン-3は、Tsiklon-3、GRAUインデックスでは 11K68としても知られるソビエト連邦とウクライナで人工衛星の打ち上げに使用されたロケットである。R-36 ICBMから派生したツィクロン系列の一つで、全長39.27メートル (128.8 ft)で燃料を充填した状態の重量は186から190トンである。初打ち上げは1977年6月24日。2009年1月30日の最終打ち上げまで122回打ち上げられた[4]

2000年12月27日、6機のロシア人工衛星を載せたツィクロン-3が衛星の軌道投入に失敗した。第3段の電気系統が失敗の原因として疑われている。

アンガラ・ロケットのような全ロシア製ロケットの開発や、毒性の強いハイパーゴリック推進剤を使用する事が原因で引退した[5]

ツィクロン4[編集]

ツィクロン-4 (Tsiklon-4)
機能 衛星打ち上げロケット
製造 ユージュマシュ, JSC "Khartron" (制御システム)
開発国 ウクライナの旗 ウクライナ
大きさ
段数 3
関連するロケット
シリーズ R-36, ツィクロン
競合機 ゼニット
打ち上げ実績
状態 開発中
射場 アルカンタラ
バイコヌール 第90射場
プレセツク 第32射場
1 段 - 11K69
エンジン RD-2611基 + RD-855 補助推進器
推力 3032kN
比推力 301 秒
燃焼時間 120 秒
燃料 N2O4/UDMH
2 段 - 11S692
エンジン RD-2621基 + RD-856 補助推進器
推力 941kN
比推力 318 秒
燃焼時間 160 秒
燃料 N2O4/UDMH
3 段
エンジン RD-861K
推力 7,91 ts
比推力 330 秒
燃焼時間 370 秒
燃料 N2O4/UDMH

ツィクロン-4[6]またはサイクロン-4Tsiklon-4は、ウクライナの商業衛星打ち上げロケットである。ツィクロン3に新たに開発された3段目と大型のペイロードフェアリングと改良された誘導装置を備える事により打ち上げ重量と軌道投入制度が向上した[7]。制御装置はJSC "Khartron"によって開発中である[8][9]

ブラジルアルカンタラ射場から打ち上げられる予定である[10]。他の打ち上げ施設としてバイコヌール宇宙基地やプレセツク宇宙基地も予定されると報告された[11]

開発の歴史[編集]

2006年の初打ち上げを目指して2002年に開発が始まったが、開発と製造が遅延し、初打ち上げの予定は2012年に遅れた。2004年にはツィクロン4による衛星打ち上げ業務を請け負うアルカンタラ・ツィクロン・スペース(Alcântara Tsyklon Space)が設立されている[12]

2008年には、ブラジルが計画から撤退し代わりにロシアとアンガラ・ロケットの派生機種の共同開発を行うと報告された[13]。しかし、2009年末にウクライナ大統領のヴィクトル・ユシチェンコとブラジル大統領のルイス・イナシオ・ルーラ・ダ・シルヴァは最初のツィクロン4を2010年末にアルカンタラから打ち上げる事を含む共同宣言に署名した[14]

その後打ち上げは何度も延期され、2013年4月現在、2014年11-12月に打ち上げは延期され[15]、2013年10月には2015年末へとさらに延期されている。なお、初号機の打ち上げでは、日本の国立天文台が開発した小型衛星Nano-JASMINEを搭載する。

仕様[編集]

ツィクロン3の1段目と2段目を使用し、3段目は新しく開発された。

  • 3段目の推進剤の容量は3倍になった。
  • 新たに開発された再着火機能(3回から5回)を備えるRD-861K
  • 近代化された西側製のような制御装置によって正確な軌道へ投入が可能になった。
  • アリアン4のフェアリングの派生型を開発中。直径4mで内部の温度と清浄度が制御される。
  • 推進剤の補給時に毒性の蒸気を捕集する事により手順が向上した。
  • 5500kgを高度500kmの低軌道へ、または1700kgを静止トランスファ軌道へ投入することができる[16]



脚注[編集]

  1. ^ Parsch, Andreas (2008年7月2日). “Designations of Soviet and Russian Military Aircraft and Missiles”. www.designation-systems.net. 2009年3月22日閲覧。
  2. ^ Barbosa, Rui C. (2009年1月30日). “Russian Tsyklon-3 bows out with CORONAS launch”. NASASpaceflight.com. 2009年1月30日閲覧。
  3. ^ Krivonosov, Khartron: Computers for rocket guidance systems
  4. ^ a b c Barbosa, Rui C. (2009年1月30日). “Russian Tsyklon-3 bows out with CORONAS launch”. NASASpaceflight.com. 2009年1月30日閲覧。
  5. ^ APMC - Космические войска обеспечили реальность сроков сдачи в эксплуатацию перспективного РКК "Ангара" (ロシア語)
  6. ^ Wade, Mark. “Tsyklon 4”. Encyclopedia Astronautica. 2010年閲覧。...
  7. ^ Cyclone-4 Launch Vehicle”. NPO InterCoS. 2010年閲覧。...
  8. ^ Control systems for intercontinental ballistic missiles and launch vehicles
  9. ^ Krivonosov, Khartron: Computers for rocket guidance systems
  10. ^ Stathopoulos, Vic. “Tsyklon”. Aerospaceguide.net. 2010年閲覧。...
  11. ^ Brazil - Launch Vehicles”. GlobalSecurity.org. 2010年閲覧。...
  12. ^ Tsyklon (Cyclone)”. Space Launch Report. 2010年閲覧。...
  13. ^ Zaitsev, Yury (2008年9月17日). “Russia Begins Elbowing Ukraine Out From Brazil's Space Program”. RIA Novosti. 2010年閲覧。...
  14. ^ Brazil, Ukraine to launch rocket together in 2010”. UNIAN (2009年12月3日). 2010年閲覧。...
  15. ^ “Пуск украинской ракеты-носителя "Циклон-4" откладывается на 2014 год”. RIA Novosti. (2013年4月10日). http://ria.ru/science/20130410/931920766.html 2013年4月11日閲覧。 
  16. ^ Cyclone 4”. National Space Agency of Ukraine. 2010年閲覧。...

外部リンク[編集]