オフェク7

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
オフェク7
Shavit Ofek7a.jpg
オフェク7の打上げ
所属 イスラエル国防省
主製造業者 IAI
任務 光学偵察衛星
打上げ日時 2007年6月10日
23:40 UT
輸送ロケット シャヴィト
打上げ場所 パルマヒム空軍基地
COSPAR ID 2007-025A
軌道要素
軌道 LEO (逆行)
軌道傾斜角 142°
遠点高度 340 km
近点高度 575 km

オフェク7(Ofeq 7)はイスラエルの地球観測衛星オフェクシリーズの7号機。設計はイスラエル・エアロスペース・インダストリーズ(IAI)が行った。

2007年6月10日23時40分(UT)にシャヴィトによって打ち上げられた[1]。打上げから3日後、IAI/MBT宇宙部門が衛星からの最初の画像を受信した。オフェク7は2002年に打ち上げられたオフェク5の後続機である。

打上げ時の質量は300 kg、設計寿命は4年から6年で、主な目的は軍事偵察である。解像度は50 cmを超えているとも言われる[1]

参考文献[編集]

  1. ^ a b Offek 7 -Satellite Fact Sheet