リングレーザージャイロスコープ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

リングレーザージャイロスコープ(ring laser gyroscope, RLG)は、ジャイロスコープの一種。光学リング内で回転によって生じる光路差によって生じるレーザー光干渉を検出することで角変移を検出する。サニャック効果の一例である。

リングレーザージャイロの最初の実験はアメリカ海軍のMacekとDavisによって1963年に実演された。世界規模で多くの企業や機関によって技術開発が進められ、その高い確度(0.01°/hour)と可動部を持たないことでもたらされる高信頼性により、現在では慣性航法装置に搭載されている。

RLGは慣性航法装置の(それぞれの1つの自由度)基幹を司る。従来の回転式ジャイロスコープに比して装置が小型軽量で可動部を有さず、摩擦がなく固有ドリフトがない優位性を持つ。機械式ジャイロスコープは定期的な部品を交換を要するがRLGは事実上消耗せず、航空機に使用されている。

RLGは超低速回転において機械式ジャイロスコープが苦しめられるロックイン(lock-in)と呼ばれる現象が起きないため、機械式ジャイロスコープよりも正確である。リングレーザーは超低速回転時、反回転方向のレーザー光の周波数は(レーザー光の帯域により)とても近くなる。

光ファイバジャイロスコープは、リングレーザージャイロと作動が似ているが、レーザー光は幾重にも巻かれた光ファイバー内を通過する。

RLG搭載機の例[編集]

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]