ブラン2.01

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

2.01はソ連のブラン計画 (Buran programmeにおける3機目のスペースシャトル。シリアルナンバーは11F35 K3 。2.01はバイカル湖にちなんでバイカル(Baikal)と名づけられる予定だったとされる[1]ブラン2.01OK-2.01シャトル2.01などと呼ばれる。

2.01の組み立てはブラン計画終了時には完成しておらず、30から50パーセントの段階で中止され現在も未完成のままである[2]

ブランとの違い[編集]

2.01はブラン第2シリーズの1番機であり、第1と第2シリーズの主な違いはコックピットの位置である。ブランの飛行データとプチーチュカの組み立てからのフィードバックとして改良された[2]

計画していた飛行[編集]

1989年の段階で、2.01は1994年に初の有人飛行のテストフライトを果たす計画だった。シャトルには生命維持装置と二つの射出座席が備え付けられ、乗員はイゴール・ボルクコマンダー)とAleksandr Ivanchenko(フライトエンジニア)の2名の宇宙飛行士からなる予定だった[3]

現在の状態[編集]

組立工場に置かれた後、2006年に2.01がドイツのSinsheim Auto & Technik Museumに展示されると誤って報道された。しかし、ドイツミュージアムは実際にシャトル試験機のOK-GLIを購入し、自施設内のハンガーに2008年から展示している[2]

参考文献[編集]

  1. ^ ソ連 再使用型有翼宇宙船「MKS」(ブラン)開発経緯”. 2010年4月29日閲覧。
  2. ^ a b c Shuttle Buran 2.01 current status”. 2006年8月5日閲覧。
  3. ^ Экипажи "Бурана" Несбывшиеся планы.”. buran.ru. 2006年8月5日閲覧。(ロシア語)

外部リンク[編集]