イジラク (衛星)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
イジラク
Ijiraq
仮符号・別名 Saturn XXII
S/2000 S6
分類 衛星
発見
発見日 2000年9月23日[1]
発見者 B. グラドマン[1]
軌道要素と性質
軌道長半径 (a) 1136万7400km[2]
離心率 (e) 0.458[2]
公転周期 (P) 451.52地球日[2]
軌道傾斜角 (i) 47.123 [2]
土星の衛星
物理的性質
半径 6km
アルベドを0.06と仮定した場合)
■Project ■Template

イジラク英語:Ijiraq、確定番号:Saturn XXII Ijiraq)は、土星衛星のひとつ。イヌイット群に属する。仮符号はS/2000 S 6。

土星の赤道面から47度傾いた軌道を公転する不規則衛星の1つ。正確な大きさは知られていないが、アルベドを0.06と仮定すると半径は約6kmと推定される[1]

2000年ブレット・J・グラドマンジョン・J・カベラーズらの研究チームにより、他の7つの衛星と共に発見された。この時の観測にはカナダ・フランス・ハワイ望遠鏡が用いられた[1]

イジラクの名は、発見者の一人であるカベラーズの発案によるもので、イヌイットを題材にした児童図書『Hide and Sneak』(Michael Arvaarluk Kusugak 著)に登場する架空のキャラクターに由来する[1]。片仮名ではイジラックとも表記される。

参考文献[編集]

  1. ^ a b c d e Ijiraq: Overview”. NASA. 2013年2月27日閲覧。
  2. ^ a b c d Ijiraq: Facts & Figures”. NASA. 2013年2月27日閲覧。

関連項目[編集]