ヤヌス (衛星)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヤヌス
Janus
Janus 2006 closeup by Cassini.jpg
カッシーニ土星を背に撮影したヤヌス。
仮符号・別名 Saturn X, S 10
S/1966 S 2
S/1979 S 2
S/1980 S 1
S/1980 S 2
視等級 (V) 14.4(平均)
分類 衛星
軌道の種類 F環とG環の間・
エピメテウスとの
共有軌道
発見
発見日 1966年12月15日
発見者 A. ドルフュス
軌道要素と性質
平均公転半径 151,460 ± 10 km
近土点距離 (q) 150,400 km
遠土点距離 (Q) 152,500 km
離心率 (e) 0.0068
公転周期 (P) 16 時間 40 分 18 秒
(0.695 日)
軌道傾斜角 (i) 0.16
土星の衛星
物理的性質
三軸径 193 × 173
× 137 km
質量 (1.912 ± 0.005)
×1018 kg
土星との相対質量 3.36 ×10−9
平均密度 0.64 ± 0.06 g/cm3
表面重力 <0.0137 m/s2
自転周期 16 時間 40 分 18 秒
(公転と同期)
アルベド(反射能) 0.71
赤道傾斜角 0 度
大気圧 0 kPa
■Project ■Template

ヤヌス (Janus, Saturn X) は、土星衛星の一つ。名前はローマ神話の出入口と扉の双面神ヤーヌスに由来する。

第11衛星エピメテウスと公転軌道を共有している。詳しくはエピメテウスの記事を参照のこと。

発見の経緯[編集]

土星の10番目の衛星は、20世紀初頭にその発見が報告されていながら、長らくその存在が確認されなかった幻の衛星だった。

19世紀末に、アメリカの天文学者ウィリアム・ヘンリー・ピッカリングが第9衛星フェーベを発見したが、程なくしてピッカリングは自分が撮影した写真乾板より新たな衛星を発見したと主張し、テミスと名づけられた。ところがその後、誰もテミスを確認することができなかった。そのため、テミスはピッカリングの誤報だったとされている。

テミス騒動より60年後の1966年になって、フランスの天文学者オドゥワン・ドルフュスによって新たな衛星の発見が報告された。当初テミスの再発見かと思われたが全く別の衛星で、ヤヌスと名づけられた。これで土星の第10衛星が実在することが確認されたのである。ところがヤヌスもテミス同様、同年のウォーカーらの報告を除いて、その後誰にも確認されることがなく、またも幻の衛星なのか、土星には第10衛星は存在しないのかと悲観的な見方が強まった。ウォーカーらが報告したものはヤヌスと公転軌道を共有する別の衛星であったことが判明しており、エピメテウスと名づけられている。

問題の解決を見たのは、1979年から1980年にかけて行われた無人探査機パイオニア11号による土星探査ミッションによってであった。この間、パイオニア11号は幾つかの新衛星を発見しており、その後の分析でうち3つの衛星は同一のものであり、さらにこれがドルフュスが発見したヤヌスと同じものであることが判明した。そのため、パイオニア11号の接近の際にヤヌスは3回も発見されたことになり、最初に発見されたときのものと合わせて4つの仮符号を持つことになった。これでようやく、ヤヌスの実在が確定した。

関連項目[編集]