ベルゲルミル (衛星)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ベルゲルミル(Saturn XXXVIII Bergelmir、仮符号 S/2004 S 15)は、土星衛星のひとつ。北欧群(スカジ群)に属する。

土星からの平均距離は約18,750,000km。 直径約6kmの岩塊である。軌道傾斜角は157°、赤道傾斜角は142.8°、離心率は0.152、公転周期は1,006.659日である。

2005年5月4日に、2004年12月12日~2005年3月9日の間の観察によって発見され、同科学チーム、スコット・S・シェパードデビッド・C・ジューイットブライアン・マースデンジャン・クレイナらにより発表された。

2007年4月に、北欧神話に登場する霜の巨人族の第二の祖となる巨人ベルゲルミルから名付けられた。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]