スルト (衛星)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
スルト
Surtur
仮符号・別名 仮符号S/2006 S7
別名Saturn XLVIII
発見
発見年 2006年
発見方法 すばる望遠鏡
軌道要素と性質
土星からの平均距離 22,288,916m
平均直径 ~6km
離心率 (e)
公転周期 (P) -1,242.36日
軌道傾斜角 (i) 166.918°
土星の衛星
物理的性質
■Project ■Template

スルト (Saturn XLVIII Surtur) は、土星衛星のひとつ。北欧群に属する。仮符号 S/2006 S7。

北欧神話ラグナロクの物語に登場する炎の巨人の王スルトから名づけられた。スルトは黒という意味がある。

直径約6kmの小さな成分不明の岩塊。

2006年すばる望遠鏡で発見された。国際天文学連合(IAU)の命名ワーキンググループ(WGPSN)が固有の名前を発表した。

関連項目[編集]