カリプソ (衛星)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
カリプソ
Calypso
Calypso crop resize sharp.jpg
カッシーニが撮影したカリプソ(2010年2月13日
仮符号・別名 仮符号S/1980 S 25
別名Saturn XIV
発見
発見日 1980年3月13日
発見者 D・パスキュ
P・K・サイデルマン
W・C・カリー
D・ボーム
軌道要素と性質
軌道長半径 (a) 294,660 km
離心率 (e) 0.000
公転周期 (P) 45時間18分26秒
軌道傾斜角 (i) 1.09°(土星赤道に対する)
土星の衛星
物理的性質
直径 30 × 23 × 14 km
半径 10.7 ± 1.0 km
自転周期 同期回転
アルベド(反射能) 1.34 ± 0.10
赤道傾斜角 0
大気圧 0 kPa
■Project ■Template

カリプソ英語:Calypso、確定番号:Saturn XIV)は、土星衛星のひとつである。パスキュ、サイデルマン、カリー、ボームらが1980年3月13日に地上からの観測で発見し、同年9月25日に認定された。仮符号はS/1980 S 25。1983年ギリシャ神話カリプソにちなんで命名された。

カリプソは同じく土星の衛星テティスと同一軌道上にあり、テティスのラグランジュ点 (L5) に存在している。テレストも同じくテティスのラグランジュ点に存在している土星の衛星である。

カッシーニの観測により、カリプソは氷に覆われていることが判明しており、表面には地すべりの跡の様な模様が確認されている。