ZANIO

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ZANIO
出身地 日本の旗 日本 福島県
ジャンル ディープ・ハウス
プログレッシブ・ハウス
クロスオーバー (音楽)
職業 作曲家DJ
活動期間 2003年 -
レーベル KING RECORDS
公式サイト ZANIO.COM

ZANIO(ざにお)は日本の作曲家編曲家DJ音楽プロデューサー

経歴[編集]

福島県出身。

2003年より東京ディスコ、渋谷moduleでDJを始める。

2008年にインターネットサイトを通じて知り合ったイラストレーターCHAN×COZANEEDSを結成し、主に海外のイベント等を中心に4年間活動。解散後はソロとなり、1stメジャーアルバム『ZANIO - TWO WORLDS』をKING RECORDSから発表[1]

2014年に制作拠点を会津若松市に移し、東京を始め各国でDJの他、プログレッシブ・ハウスを中心にリリース、楽曲提供等を行う。

2015年より東京のスタジオにて制作活動を行い、「NISSAN × nicolai bergmann」「MIZUNO × NANO UNIVERSE」などの広告音楽を手がける。

人物[編集]

2008年からVOCALOIDを使用した楽曲をニコニコ動画に投稿しており、別名としてパイパンPやPPP等とも呼ばれていた。

会津若松市で「たまこ」という名の愛犬(メス)と共に暮らしており、本人のFacebookページやTwitterアカウントで度々写真が公開されている。

大のラーメン(麺類)好きがファンの間で知られており、ラーメン二郎 会津若松駅前店、蓮爾 さんこま店、とんがらし (会津若松市七日町)に足繁く通っている。

2015年のざにお的ブームは東北ずん子らしく、TwitterでのTweetは語尾に「ずん」や「ZUN」と付加する発言が目立っている。また、発表する楽曲に「VOCALOID3 東北ずん子」を起用しており、発売したCDのタイトルも「ZUNKO」となっている。

2015年後半には活動拠点を再び東京へ移し、糖質制限ダイエットを始めたと自身のTwitterで明らかにしていた。しかし2016年頃には連日のように蒙古タンメンを食し酒を呑み続けた影響で、体調を崩したことを公表している。

2017年STREET FIGHTER V のプレイに熱中している模様。使用キャラクターはキャミィ

ディスコグラフィ[編集]

アナログ[編集]

CD[編集]

デジタルリリース[編集]

楽曲提供・リミックス[編集]

  • HSP - Unfragment Remixes (2012)
  • HSP - Works11-14 (2014)
  • GINGA - 0005:a galaxy odyssey (2014)
  • 岩男潤子 - voice (2014)
  • Team MIRAI - Light to the Future (2015)
  • 岩男潤子 - JUNKO (2015)
  • 岩男潤子 - Return to myself (2015)
  • CAMOUFLAGE - 忘却のレジスタンス (2016)
  • 山下もえ - Born Slippy (2016) Underworld代表曲のオフィシャルカバー。
  • 西恵利香 - re:LISTEN UP (2016)
  • DUB SQUAD - MIRAGE (2017)
  • アイドルDTI - 恥じ裸衣fallin'luv cv.花江夏樹 (2017)
  • 山下もえ - STAR LAZER (2017)
  • ニーア オートマタ - NieR:Automata Arranged & Unreleased Tracks (2017)

主な出演イベント[編集]

2010年[編集]

2011年[編集]

2012年[編集]

2013年[編集]

2014年[編集]

掲載・インタビュー等[編集]

Cut Out
マレーシアのカルチャー誌、Cut Outの“10 Best Contemporary Art Crossovers in the Music Industory”(音楽シーンにおける、現代アートとのクロスオーバーBEST10)にZANEEDSが選出された[4]
美術手帖
2013年6月号
TOKYO OTAKU MODE
英語記事。Creator Interview: ZANIO[5]

その他[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]