PRIDE GRANDPRIX 2000 決勝戦 桜庭和志vsホイス・グレイシー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

PRIDE GRANDPRIX 2000 決勝戦 桜庭和志vsホイス・グレイシー(プライドグランプリにせん けっしょうせん さくらばかずしたいホイス・グレイシー)とは、2000年5月1日東京ドームで行われた、PRIDE GRANDPRIX 2000 決勝戦の準々決勝第2試合、桜庭和志ホイス・グレイシー総合格闘技の試合を指す。

試合前の状況[編集]

同じグレイシー一族であるホイラー・グレイシーが桜庭との試合において、タップアウトをしなかったにもかかわらずレフェリーストップ負けとされたことを不服としていたホイス・グレイシーが、本試合に挑む前にレフェリーストップなし、15分無制限ラウンドという完全決着ルールを要求し、桜庭がこれ呑んだ。

試合経過[編集]

ホイスはエリオ・グレイシーを先頭としてグレイシートレインで入場。桜庭はマシンマスク着用で3人で入場。試合に先立ちアントニオ猪木から両選手に花束の贈呈が行われた。

1R[編集]

桜庭が膝十字固めを決めるも終了のゴングが鳴る。

2R[編集]

桜庭がホイスの道着を脱がしにかかるなどしてペースを乱しにかかる。

3R[編集]

猪木アリ状態が続き膠着する。

4R[編集]

5R[編集]

桜庭が上なり、ガードポジションからモンゴリアンチョップはずかし固めなどの奇襲を仕掛ける。

6R[編集]

桜庭が猪木アリ状態からローキックを決め続け、ホイスの動きを止める。

7R開始前、セコンドホリオン・グレイシーがタオルを投入し、試合終了。桜庭和志がTKO勝利を収める。

脚注[編集]