PRIDE GRANDPRIX 2000 決勝戦 桜庭和志vsホイス・グレイシー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
桜庭和志 対 ホイス・グレイシー
開催日 2000年5月1日
認定王座
開催地 東京
会場 東京ドーム
観衆 38,429人
放送局 フジテレビ
実況・解説 三宅正治
谷川貞治
大槻ケンヂ
長谷川京子
主催 DSE

桜庭和志 対 ホイス・グレイシー
ザ・グレイシーハンター グレイシー最強の遺伝子
比較データ
30 年齢 33
日本の旗秋田県南秋田郡昭和町 出身地 ブラジルの旗リオデジャネイロ州
戦績
指導者 エリオ・グレイシー
評価

結果 桜庭の6回終了TKO勝ち(タオル投入)
主審 島田裕二

PRIDE GRANDPRIX 2000 決勝戦 桜庭和志vsホイス・グレイシー(プライドグランプリにせん けっしょうせん さくらばかずしたいホイス・グレイシー)とは、2000年5月1日東京ドームで行われた、PRIDE GRANDPRIX 2000 決勝戦の準々決勝第2試合、桜庭和志ホイス・グレイシー総合格闘技の試合を指す。

柔道家木村政彦と対戦したこともあるブラジリアン柔術エリオ・グレイシー[1]の三男ヒクソン・グレイシーに惨敗した[2]プロレスラー高田延彦の弟子である桜庭が、前年11月開催のPRIDE.8でエリオの五男ホイラー・グレイシーを撃破したのに続き[3]、この試合で六男のホイスを90分を超える激闘の末[2]、試合放棄による勝利を収め[2]、グレイシー・ハンターとして一躍脚光を浴び、世界に名を轟かせた[4][5]。ブラジリアン柔術・プロレス格闘技の歴史が凝縮された伝説的な試合として、ファンや関係者の間で語り継がれている[3]

脚注[編集]