INOKI BOM-BA-YE

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

INOKI BOM-BA-YEイノキボンバイエ)は、日本で開催の格闘技プロレスの興行。

テレビ中継などで「猪木祭」と称される。

歴史[編集]

アントニオ猪木がプロデュースし、2000年から2003年にかけて毎年12月31日に開催され、地上波の他、パーフェクト・チョイスペイ・パー・ビューで放送された。6年間の休止期間を置いて、2010年12月3日に7年ぶりに開催された[1]

2000年と2010年はプロレスのイベント。2001年から2003年は一部プロレスを含む格闘技のイベントである。

2000年は猪木と総合格闘技イベントのPRIDEを運営するドリームステージエンターテインメントが協力して開催し、スカイパーフェクTV!で生放送、主催者の毎日放送MBSテレビ)他で録画放送された。2001年・2002年は、運営にK-1が加わり、テレビ放送は大晦日当日にTBSテレビ系列で地上波放送され、高視聴率を獲得した。

しかし2003年になると、「大晦日の格闘技イベント」は各社・各局で競争が激化し、猪木系の「INOKI BOM-BA-YE」、K-1系の「Dynamite!!」、PRIDE系の「PRIDE男祭り」と、運営3イベントが分裂。テレビ中継もTBS、フジテレビ日本テレビと民放3局がそれぞれに付き、視聴率競争となった。INOKI BOM-BA-YEは日本テレビで放送されたが、視聴率争いに完敗した結果、日本テレビから契約解除となり、2003年でいったん幕を下ろした[2]

2010年になって、猪木プロレスデビュー50周年を記念して、猪木が会長を務めるイノキ・ゲノム・フェデレーション(IGF)が、本タイトルの興行を行うことを発表した。しかし開催日は恒例となっていた大晦日ではなく12月3日となっている[1]。また、同年の大晦日に行われるFEG主催「Dynamite!! 〜勇気のチカラ2010〜」では、大晦日10周年を記念して猪木がエグゼクティブ・プロデューサーに就任した[3]

2012年はINOKI BOM-BA-YEとしては9年ぶりに、大晦日に開催された[4]

大会一覧[編集]

大会名 開催年月日 会場 開催地 主催放送局
Millennium Fighting Arts INOKI BOM-BA-YE 2000年12月31日 大阪ドーム 日本の旗 大阪府大阪市西区 毎日放送
INOKI BOM-BA-YE 2001 2001年12月31日 さいたまスーパーアリーナ 日本の旗 埼玉県さいたま市 TBS
INOKI BOM-BA-YE 2002 2002年12月31日
INOKI BOM-BA-YE 2003 馬鹿になれ夢を持て 2003年12月31日 神戸ウイングスタジアム 日本の旗 兵庫県神戸市兵庫区 日本テレビ
INOKI BOM-BA-YE 2010 2010年12月3日 両国国技館 日本の旗 東京都墨田区 なし
INOKI BOM-BA-YE 2011 2011年12月2日
INOKI BOM-BA-YE 2012 2012年12月31日
INOKI BOM-BA-YE 2013 2013年12月31日
INOKI BOM-BA-YE 2014 2014年12月31日
INOKI BOM-BA-YE 2015 2015年12月31日

休止期間中の動き[編集]

2004年から2009年までINOKI BOM-BA-YEは開催されていなかった。

2004年には北緯38度線上にて開催する構想があったが実現には至らなかった[5]

備考[編集]

脚注[編集]

関連項目[編集]

大晦日に行われた格闘技イベント