INOKI BOM-BA-YE 2002

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
INOKI BOM-BA-YE 2002
イベント詳細
シリーズ INOKI BOM-BA-YE
主催 TBS
開催年月日 2002年12月31日
開催地 日本の旗 日本
埼玉県さいたま市
会場 さいたまスーパーアリーナ
開始時刻 午後5時
試合数 全8試合
放送局 TBS
入場者数 35,674人
イベント時系列
INOKI BOM-BA-YE 2001 INOKI BOM-BA-YE 2002 INOKI BOM-BA-YE 2003 馬鹿になれ夢を持て

INOKI BOM-BA-YE 2002(イノキボンバイエ にせんに)は、日本格闘技プロレスのイベント「INOKI BOM-BA-YE」の大会の一つ。2002年12月31日埼玉県さいたま市さいたまスーパーアリーナで開催された。サブタイトルは「猪木軍vsK-1vsPRIDE全面対抗戦完全決着」。

大会概要[編集]

前年に引き続き、主催はTBS。運営と制作がDSE、協力が猪木事務所K-1

これまで「PRIDEは場である」としてPRIDE軍というあり方が否定されていたが、今回からPRIDEも加わる形での対抗戦となった。同じ運営体制で同年8月28日国立競技場で開催された格闘技イベントDynamite!の成功の勢いもあり、当時アイドル的存在だったボブ・サップの参戦が話題となり、前年以上の16.7%[1]という視聴率を獲得。藤田和之 vs ミルコ・クロコップゲーリー・グッドリッジ vs マイク・ベルナルドクイントン・"ランペイジ"・ジャクソン vs シリル・アビディリベンジマッチが組まれた他、佐竹雅昭はこの大会で格闘技から引退した。一方、新日本プロレス所属のプロレスラー、中邑真輔はこの大会で総合格闘技デビューをした。

前年のINOKI BOM-BA-YE 2001とは異なり、Dynamite!と同様に、立ち技格闘技のK-1によるルールと総合格闘技イベントPRIDEのルールで行われた。ただしPRIDEルールが1ラウンドが10分だったのに対して、各ラウンドは5分だった。

試合結果[編集]

第1試合 総合格闘技ルール 5分3R
南アフリカ共和国の旗 ヤン・"ザ・ジャイアント"・ノルキヤ vs. 日本の旗 安田忠夫 ×
2R 0:57 TKO(タオル投入:負傷)
第2試合 総合格闘技ルール 5分3R
ブラジルの旗 ダニエル・グレイシー vs. 日本の旗 中邑真輔 ×
2R 2:14 腕ひしぎ十字固め
第3試合 総合格闘技ルール 5分3R
ブラジルの旗 ヴァリッジ・イズマイウ vs. 日本の旗 滑川康仁 ×
3R終了 判定3-0
第4試合 K-1ルール 3分3R
南アフリカ共和国の旗 マイク・ベルナルド vs. トリニダード・トバゴの旗 ゲーリー・グッドリッジ ×
1R 2:12 KO(右ストレート)
第5試合 K-1ルール 3分3R
アメリカ合衆国の旗 クイントン・"ランペイジ"・ジャクソン vs. フランスの旗 シリル・アビディ ×
3R終了 判定3-0(29-28、30-28、30-28)
第6試合 総合格闘技ルール 5分3R
クロアチアの旗 ミルコ・クロコップ vs. 日本の旗 藤田和之 ×
3R終了 判定3-0
第7試合 総合格闘技ルール 5分3R
日本の旗 吉田秀彦 vs. 日本の旗 佐竹雅昭 ×
1R 0:50 フロントネックロック
第8試合 総合格闘技ルール 5分3R
アメリカ合衆国の旗 ボブ・サップ vs. 日本の旗 高山善廣 ×
1R 2:16 腕ひしぎ十字固め

脚注[編集]

外部リンク[編集]