INOKI BOM-BA-YE 2015

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
INOKI BOM-BA-YE 2015
イベント詳細
シリーズ INOKI BOM-BA-YE
主催 IGF
開催年月日 2015年12月31日
開催地 日本の旗 日本
東京都墨田区
会場 両国国技館
開始時刻 午後4時
試合数 全8試合
放送局 BSフジ
入場者数 6,239人
イベント時系列
INOKI BOM-BA-YE 2014 INOKI BOM-BA-YE 2015

INOKI BOM-BA-YE 2015(イノキボンバイエ にせんじゅうご)は、日本格闘技イベント「INOKI BOM-BA-YE」の大会の一つ。2015年12月31日東京都墨田区両国国技館で開催された。

大会概要[編集]

前年と同様に「INOKI BOM-BA-YE」として、IGF主催の大晦日興行が行われた。今大会では総合格闘技イベント「PRIDE」の事実上の後継団体である「RIZIN」の旗揚げ興行である「RIZIN FIGHTING WORLD GRAND-PRIX 2015」が同時(12月29日と31日)に開催された。

元気ですか!! 大晦日!! 2011」から「INOKI BOM-BA-YE 2014」まで4大会連続で猪木系大晦日興行に出場してきた石井慧がRIZIN参戦のため今大会には参加しなかった(石井はRIZINのヘビー級トーナメントにおいて一回戦で敗退)。

また、「RIZIN FIGHTING WORLD GRAND-PRIX 2015」で12月29日に桜庭和志と対戦する青木真也は31日には今大会に参戦し、GENOMEルールでモンターニャ・シウバと対戦し、勝利を収めた。

INOKI BOM-BA-YE 2014でクリス・バーネットに敗れた鈴川真一は一年越しのリベンジマッチを行ったものの、返り討ちにされた。

小川直也は「暴走王vs破壊王 破壊王没10周年特別試合」と題し、没後10年となる橋本真也の息子である橋本大地とGENOMEルールで対戦し、勝利。

前年のINOKI BOM-BA-YE 2014で青木真也に敗れた山本勇気は奥田啓介とIGFルールにおいてライト級(70.3kg)で対戦し、秒殺KO勝利。

そして、メインイベントでは、前王者ミルコ・クロコップUFC移籍により空位となったIGF王座を賭け、IGF3(2015年4月11日)から行われてきた8人制の無差別級トーナメント「IGF WORLD GP 2015」の決勝が行われ、オリィ・トンプソンが優勝し、第5代IGF王座に認定された。

試合結果[編集]

第1試合 「INOKI BOM-BA-YE OPENING FIGHT」 GENOMEルール 20分一本勝負
× 日本の旗 那須晃太郎 vs. 日本の旗 柴田正人
7分41秒 片エビ固め(コーナープレス)
第2試合 GENOMEルール
× 日本の旗 将軍岡本 vs. 中華人民共和国の旗 ワン・ビン
5分51秒 片エビ固め(ライガーボム)
第3試合 「IGFチャレンジ NEXT2016」 IGFルール ライト級 5分2R
日本の旗 山本勇気 vs. 日本の旗 奥田啓介 ×
1R 0:26 KO(膝蹴り→パウンド)
第4試合 「IGFリベンジ Remember2014」 IGFルール オープンウェイト 5分2R
アメリカ合衆国の旗 クリス・バーネット vs. 日本の旗 鈴川真一 ×
1R 1:44 KO(パウンド)
第5試合 「BOM-BA-YEスペシャルマッチ」 GENOMEルール 30分一本勝負
× ブラジルの旗 モンターニャ・シウバ vs. 日本の旗 青木真也
3分07秒 スリーパーホールド
第6試合 「暴走王vs破壊王 破壊王没10周年特別試合」 GENOMEルール 60分一本勝負
日本の旗 小川直也 vs. 日本の旗 橋本大地 ×
3分14秒 レフリーストップ
第7試合 セミファイナル 「GENOME ニューイヤーズイブ スーパーマッチ」 GENOMEルール 60分一本勝負
日本の旗 藤田和之 vs. 日本の旗 澤田敦士 ×
6分08秒 レフリーストップ
第8試合 メインイベント 「IGF WORLD GP 2015 決勝」 IGFルール オープンウェイト 5分3R
× ブラジルの旗 フェルナンド・ロドリゲス・Jr vs. イギリスの旗 オリィ・トンプソン
1R 2:08(右フック→パウンド)
※トンプソンがグランプリ優勝。

テレビ放送[編集]

BSフジ 2016年1月31日(日) 午後1時00分~午後2時25分

関連項目[編集]

外部リンク[編集]