FN ブローニング・ハイパワー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
FN ブローニング・ハイパワー
High power Inglis (6971784217).jpg
ノルウェー軍が所有するFN ブローニング・ハイパワー
概要
種類 自動拳銃
製造国 ベルギーの旗 ベルギー
設計・製造 FNハースタル
性能
口径 9mm
.40(10.16mm)
銃身長 118mm
ライフリング 6条
使用弾薬 9x19mmパラベラム弾
.40S&W弾(ハイパワーMk.Ⅲのみ)
装弾数 13発(標準弾倉
20発(延長弾倉)
作動方式 シングルアクション
ティルトバレル式ショートリコイル
全長 200mm
重量 810g(銃本体のみ)
986g(弾丸装填時)
銃口初速 360m/s
有効射程 50m
テンプレートを表示

FN ブローニング・ハイパワー: FN Browning Hi-Power)は、ベルギーFNハースタル社製の自動拳銃である。

特徴[編集]

正式名称は「ピストル・オートマティック・ブローニング・モデル・ア・グラン・ビザンス(ブローニング・オートマティック・ピストル・モデル・ハイパワー)」であり、アメリカの銃器設計者であるジョン・M・ブローニング1926年に死去する前に、次期制式拳銃を求めたフランス軍の要求を受けて、FN社より依頼を受け、設計した最後の作品である。ブローニングの他界後、FN社のデュードネ・ヨセフ・サイーブ(FN FALの設計者)が、当時コルト・ファイヤーアームズ社が保有していた構造が同様のM1911の構造パテント[注釈 1]が失効した1931年を期に改良し、1934年に完成した[1]

量産された実用拳銃として初めて複列弾倉(シングルフィード・ダブルカラムマガジン)を採用した拳銃で、当時このようなマガジンは軽機関銃短機関銃・拳銃では、トリガー前に弾倉を持つモーゼルC96以外にはほとんどなく、その装弾数の多さから「ハイパワー(高火力)」と名づけられた。前述のM1911やブローニングM2をはじめ、数々の傑作銃を設計したブローニングの技術の集大成ともいえる自動拳銃である。

複列弾倉を採用しているが、トリガーバーをスライド側に収めた事で、ハイパワー以後に設計された複列弾倉の拳銃に比べればグリップ(グリップパネルはウォールナット製)は細く、握りやすい形状となっている。リングハンマー、初期のM1911の様な小さなリアサイト、半円形のフロントサイトを備える。セーフティは右手親指で操作するサムセーフティ、マガジンが挿入されていなければコックしたハンマーが起立しないマガジンセーフティである。材質はブルーイング仕上げのスチール製である[1]

設計は非常にシンプルで部品点数も少なく合理的な設計であり、カム溝を用いた改良ブローニング式ショートリコイル機構は、以降に製品化された多くの自動拳銃で模倣されている。

高い信頼性と実用性から世界50か国以上の軍隊警察で制式採用され、ドイツ軍用であった9x19mmパラベラム弾が世界の軍用拳銃の標準的な弾種となる一因となった。軍用拳銃にダブルアクションポリマーフレームが広く採用される現在でも一定の需要を保っている。映画『ダイ・ハード』の原作『Nothing lasts forever』では、「プロの使う拳銃」と書かれている。

FEG社、ARCUS社[2]などの多数の会社がハイパワーのコピー商品を販売している。

自動拳銃の比較
ベルギーの旗BHP ドイツの旗スイスの旗P220
(日本の旗9mm拳銃)
チェコの旗Cz75 イタリアの旗92F ドイツの旗P226 オーストリアの旗グロック17 ドイツの旗P99 ロシアの旗MP-443
画像 High power Inglis (6971784217).jpg SIG220-Morges.jpg Cz75.jpg M9-pistolet.jpg SIG Sauer P226 neu.jpg Glock 17.JPG WP99 2.jpg 9-мм Пистолет Ярыгина ПЯ 6П35 02.jpg
使用弾薬 9x19mm
装弾数 13発 9発 15発 17発 16発 18発
銃身 118 mm 112 mm 120 mm 125 mm 112 mm 114 mm 102 mm 112.5 mm
全長 200 mm 198 mm
(206 mm)
206 mm 217 mm 196 mm 186 mm 180 mm 198 mm
重量 810 g 830 g 1,000 g 970 g 964 g 703 g 750 g 950 g
作動方式
  • 反動利用
  • ダブルアクション
反動利用


派生型[編集]

ハイパワー・ミリタリーモデル[編集]

ベルギー軍に納入されたモデルで、サイトはリアサイト前方にタンジェントサイトを備え、フロントサイトはダブテイルとなっており、グリップ後部にはホルスターを兼ねる木製ショルダーストックを装着することも可能。当初、1000挺が同軍に納入され、フィールドテストが実施された。この際、エジェクションポートが楕円形から長方形に変更され、1935年にM1935として、制式採用となり、10000挺が発注された[3]

ハイパワーDA[編集]

作動方式がシングルアクションオンリーのため、スライドを引いてハンマーをコッキングしておかなければ初弾を撃てないブローニング・ハイパワーを近代化するべく、ダブルアクション機構を採用し、1983年に発表された自動拳銃。機種名に追加された「DA」は、 "Double Action" の略である。フィンランド国防軍に制式採用された。
外見のデザインはブローニング・ハイパワーに似ているが内部機構は異なっており、左右両側から操作できるアンビセーフティー、撃発位置にある撃鉄を安全にリリースできるデコッカー、インターナルセーフティーなどを備えている。しかし、ダブルアクショントリガー自体の操作性が悪く、FN社がベレッタ社と販売提携をした事もあり、1987年に一時的に製造を中止したが、1990年の提携解消によって生産が再開された。しかし、当時の市場にはすでにベレッタ 92SIG SAUER P220など強力なライバルが存在していたこともあり、やがて生産中止に追い込まれた。
バリエーションとしては、短縮化を図ったコンパクトモデル、警察用として製造されたダブルアクションオンリーモデル、トリガープルの軽い変則ダブルアクション機構を持つファストアクションモデルがある(開発中止)。

ハイパワーMk.II[編集]

1982年から1988年にかけて短期間製造されていたモデル。スライドトップにリブが追加され、グリップは大型のサムレストが左右に備えられたプラスチックグリップとなった。ハイパワーDA同様のアンビ仕様のセーフティを備える[3]

ハイパワーMk.III[編集]

1989年に更新、発売されたモデルでMk.IIからいくつか仕様が変更されており、ハンマーがロングタイプに変更され、サイトはリアサイト、フロントサイト共にホワイトラインが入った大型のものになり、マガジンはマガジンハウジング内に引っかかることがないようにマウストラップというスプリングが備えられ、これによりマガジンキャッチを押すと強制的に脱落するようになっている。また、不用意なファイアリングピンの前進を防ぐオートマチックファイアリングピンセーフティも組み込まれている。仕上げはハーフマットの黒ペンキ仕上げである。1994年には当時人気の高かった.40S&W弾を使用するモデルも登場した(現在は生産中止)[1][4]

タッシーカスタムハイパワー[編集]

カスタムガンメーカーのテリー・タッシーがMk.IIIをベースに製作したカスタムモデル。

ロングスライドモデル[編集]

サイトはリアサイトがミレット製のアジャスタブルサイト、フロントサイトが背の高いパートリッジタイプのものを備え、トリガーメカニズムは各パーツがシリンダー&スライド社製のカスタムパーツに変更されており、そのトリガーチューンに加え、二つのスライドを溶接したハードクローム仕上げのバースト社製7インチのロングスライド等、総合的に命中精度が高い[1][3]

ショートスライドモデル[編集]

ノバック社製のサイトを備え、トリガーメカニズムは、同じくシリンダー&スライド社のハンマーとセーフティが連動しており、ハンマーを押し戻すとセーフティが掛かり、セーフティを解除するとハンマーが自動でコックされるSFS(Safe Fast Shooting)トリガーシステムを内蔵した軽量なアルミ製フレームにショートスライドを組み合わせたコマンダーサイズモデル[1][3]

その他の派生型[編集]

FEG FP-9[編集]

ハンガリーのFEG社が輸出向けに製造したコピーモデル。仕様は殆ど同じだが、スライドトップにベンチレーテッドリブが設けられている。1980年代、外貨不足に悩まされていた当時、社会主義政権末期のハンガリーは、チェコスロバキアチェスカー・ズブロヨフカ社よりCz75を開発・輸出(西ヨーロッパ)を行い、成功を収めた事で刺激を受け、FEG社は自国の安価な労働力を活用して、ハイパワーをベースとした安価な大型ピストルの製造を企画し、本銃が開発された。しかし、Cz75と異なり、シングルアクションオンリーだった上に外観のアレンジが仇となってバランスが悪く、工作精度も良好では無かった[4]

FEG P-9R[編集]

同じく、FEG社製ハイパワーのコピーモデルで、FP-9の失敗を受け、S&W M39に酷似したメカニズムのダブルアクション機構を組み込んだモデル。外観以外は単なるコピーに過ぎなかったFP-9と異なり、一定の成功を収め、グリップフレームを軽合金製としたP-9RA、.45口径モデルのP-45等のバリエーションが展開された[4]

年表[編集]

以下、本節ではHPと略。

この他にも第三世界アジアアフリカ南アメリカで数多く制式採用されている。

また、リビアカダフィ大佐の殺害に使用されたとされている黄金の銃もこのブローニング・ハイパワーである。

登場作品[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e 『Gun Professionals 2015年10月号』岩田友太、株式会社ホビージャパン、2015年8月27日、64-77頁。
  2. ^ ARCUS 94 Semi-Automatic Pistol, Cal. 9 x 19 mm - ARCUS Co.
  3. ^ a b c d 『マスターピースピストル』渡辺千年、株式会社ホビージャパン、東京都渋谷区代々木、2017年12月15日、98-111頁。ISBN 978-4-7986- 1587-5
  4. ^ a b c 床井雅美『現代ピストル』株式会社ホビージャパン〈メカブックス〉、東京都中央区銀座、2015年2月15日、390-393頁。ISBN 978-4-89063-324-1
  5. ^ Browning Ends Hi-Power Production”. 2020年2月24日閲覧。
  1. ^ 当初ブローニングは、自ら設計をしながらも、コルト社に売却したこのM1911の構造パテントを回避する形で、本銃の設計を進めていた。このため、試作モデルは当初、撃発方式がストライカー方式だった(ハンマー式はコルトのパテント)。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]