チェスカー・ズブロヨフカ・ウヘルスキブロッド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Česká zbrojovka Uherský Brod
共同企業
業種 銃火器
前身 チェスカー・ズブロヨフカ
設立 1919年 (1919) (Jihočeská zbrojovka)
1936年 (1936) (Uherský Brod factory)
創業者 カレー・ブッブラ
アロイス・トミスカ
本社
モラヴィア、ウヘルスキブロッド
事業地域
全世界
製品
売上高 4,996,687,000 チェコ・コルナ (2017年) Edit this on Wikidata
773,098,000 チェコ・コルナ (2017年) Edit this on Wikidata
675,162,000 チェコ・コルナ (2017年) Edit this on Wikidata
総資産 4,777,464,000 チェコ・コルナ (2017年) Edit this on Wikidata
従業員数
1800
子会社
ウェブサイト

www.czub.cz(Czech)

www.cz-usa.com(USA)

チェスカー・ズブロヨフカ・ウヘルスキブロッド(チェコ語: Česká zbrojovka a.s. Uherský Brod、 略称:ČZUB、英語: Czech Arms Factory) 、 はチェコの銃火器製造業者。

沿革[編集]

チェスカー・ズブロヨフカ

1918年、軍需企業のAustro-Hungarian社の元従業員数名が、チェコスロバキアのブルノの銃砲店の経営権を引き継ぎ、スタトニ・ズブロヨフカ・ア・ストロイルナ・ブ・ブルノ(Státní zbrojovka a strojírna v Brno、ブルノ国営兵器・技術会社)に改名。さらにその約1年後にチェスカー・ズブロヨフカ(チェコスロバキア兵器会社)に改名した。それ以前に州として存在したボヘミア、モラヴィアは、その地域での銃火器製造の中心として長らく君臨していた。1924年以前、会社は主にマウザーKar98小銃の組み立て、製造に従事した。1923年付近で、ブルノにあった拳銃の生産がストラコニツェにあったチェスカーズブロヨフカに移転される。[1]

1936年6月27日、チェスカー・ズブロヨフカ・ウヘルスキブロッド(以降ČZUB)は、チェコスロバキア(後のチェコ)のウヘルスキブロッドのモラヴィアの小さな町にあったチェスカー・ズブロヨフカ・ストラコニツェから枝分かれする形で設立された。この決定はナチス・ドイツの勢力拡大、特にアドルフ・ヒトラーによるラインラント進駐の影響を受けたもので、銃火器の製造拠点をドイツとの国境から遠ざける意図があり、工場はその決定からわずか16週間で建設された。[2]

第二次世界大戦後、銃火器製造は中央組織化され、「輸出する銃火器は、必ずBRNOの刻印をすること。」と義務づけられた。ウェルスキブロッドやストラコニツェで製造されたČZUBの銃火器ですら、BRNOマークが入っているのはこのためである。

銃火器の設計は基本的に、フランティシェクとヨセフ兄弟など、評判のある技術者が担当し、ZKK、ZKM、ZKP、ZKR などの頭文字が冠された:[3][4]

  • ZKK — チェスカー・ブロヨフカ・ブルノ(製造)のZ、ヨセフ・ウツキー(設計者)のK、ロブニツェ(ライフル)のK
  • ZKM — チェスカー・ブロヨフカ・ブルノ(製造)のZ、ヨセフ・ウツキー(設計者)のK、ロラシュカ(リムファイア)のM
  • ZKP — チェスカー・ブロヨフカ・ブルノ(製造)のZ、ヨセフ・ウツキー(設計者)のK、ストレ(拳銃)のP
  • ZKR — チェスカー・ブロヨフカ・ブルノ(製造)のZ、ヨセフ・ウツキー(設計者)のK、ボルベル (回転式拳銃)のR

1964年から1966年の間に、チェコ政府は長尺の銃の製造をズブロヨフカ・ブルノからČZUBに移した。[1] 冷戦時代、ČZUBは軍用にSa Vz 58突撃銃、Škorpion vz. 61短機関銃などの小火器、訓練用・射撃用に様々な.22口径ライフルを開発した。中でもCz75拳銃シリーズは大きな成功を収めた。[1] 多くの銃火器の設計はブルノのものであったが、ズブロヨフカ・ブルノは生産を担当しておらず、1960年代に生産されたZKK600、ZKK602シリーズやZKMリムファイア銃などの長尺の銃は、実際にはČZUBが生産していた。[1] 二社を統合したいチェコ政府の思惑により、ブルノの商標はČZUBでも使われていた。[1] 1980年代初頭には、ズブロヨフカ・ブルノが生産する銃火器は全体の3%に過ぎず、[1] 生産の大半はタイプライター、ディーゼルエンジン、工業機械などにシフトしていった。[1]

1991年、チェコの 武器工場は「分権化」され、事業は自由市場経済に放たれた。[1] 1992年、チェスカー・ズブロヨフカ・ア・エス(PLC)とウヘルスキブロッドは民営化され、自由な世界経済に突入し、90か国以上に進出する小火器メーカーとなった。[1]

1997年、 ČZUBはCZ-USAを設立したことにより、アメリカにおける事業の恒久的な常駐を確立。ČZUBとCZ-USAは軍、警察、防衛、スポーツ、レクリエーションなど幅広い用途の小火器市場に君臨し続けている。

1800人を超える技術者、職人、ビジネスマンを抱えるČZUB工場は世界最大級の銃火器メーカーである。2014年には、会社は単独で26万丁もの銃器を製造した。[5]

著名な製品[編集]

長い歴史の中で、チェスカー・ズブロヨフカは革新的で、業界に大きな影響を与える小火器を設計した。

  • vz. 23/25 オーバーハング機構を持つ短機関銃
  • vz. 52 ローラーロッキング式自動拳銃
  • Vz 61 連射速度減少機構付き超小型短機関銃
  • Vz 75 高容量、カム・アンロック方式の自動拳銃。

現在の製品[編集]

拳銃[編集]

CZ 75 SP-01
  • CZ 2075 RAMI
  • Cz75
    • CZ 75 B Ω
    • CZ 75 Compact (CZ P-01、CZ P-06など)
    • CZ 75 Tactical Sports Orange
    • CZ 75 SP-01
    • CZ 75 SP-01 Shadow
    • CZ 75 Shadow line
    • CZ 97B
    • CZ P-07
    • CZ P-09
  • CZ 92
  • CZ P-10 C

リムファイア・ライフル[編集]

センターファイア・ライフル[編集]

散弾銃[編集]

空気銃[編集]

軍、法執行機関向け[編集]

その他[編集]

その他製品[編集]

拳銃[編集]

CZ 92
  • ČZ pistol, Modell 27 Kal,7.65 mm
  • ČZ pistol, caliber 7.65 mm
  • ČZ pistol, caliber 6.35 mm
  • Model LK 38 pistol, 9 mm caliber
  • DUO pistol, caliber 6.35 mm
  • Target pistol, Model ZKP 493
  • CZ 40P (生産終了)
  • CZ 45
  • CZ 50
  • Cz 52
  • CZ 70
  • CZ 82 and CZ 83
  • CZ 100
  • CZ 110
  • CZ 122
  • ZKR 590 Grand revolver, in calibers .38 and .22 and 7.62 Nagant short
  • CZ 40B Joint venture with Colt

小口径ライフル[編集]

  • Model 242
  • Model 243
  • Model 244
Model 244
  • Model 245
  • Model 246
  • Model 247
  • ZKM 452 2E
  • CZ 452
  • CZ 453
  • CZ 455
  • CZ 511
  • CZ 513
  • CZ 527, caliber .17 Hornet; .204 Ruger; .223 Rem; 7.62x39, etc.

大口径ライフル[編集]

  • CZ 550
  • CZ 557
  • CZ 584, calibre 7x65R; 7×57R; 5.6×52R; 6.5×57R; .243Win; .308Win, etc.

航空機用機関銃[編集]

  • LK 30
  • MG 17

軍用ライフル[編集]

短機関銃[編集]

散弾銃[編集]

  • The CZ 581 二連散弾銃、12/12 口径
  • The CZ 585 二連散弾銃、二連散弾銃ライフル/散弾銃、クレー射撃用CZ 582

その他[編集]

  • 信号/フレア 拳銃
  • MG 34、MG 81などの分隊支援火器用部品、K 35対空砲部品。
  • UB 070、071 警報/スターティング 拳銃
  • 信号銃 モデル44/67。1981年から1983年製造。
  • モデルZKP 493 射撃用拳銃
  • 空気銃、モデルZ 47、 235、 236、 237、612、614、618、620、624、630、631、632、634、800、801、802
  • 空気銃、モデル802、803、603、608、612、615、618、620、622、624。主に5.5mm口径。
  • スラヴィア 空気銃、603、608、612、620、622
  • 空気拳銃、モデルZVP、4.5 mm口径。
  • APP 自動ガス拳銃。
  • Tex 086
  • Tex Model 3、中折れ式拳銃。
  • モデルCZ 75D 小型4.5mm口径のCO2拳銃
  • 3発自動散弾銃 - CZ 241、12、16、20ゲージ。
  • 二連散弾銃、12、16、20ゲージ。
  • 二連式 ČZ モデル 581、584~586
  • ZKK 600、601、602猟銃(.243Win-.248Winまで対応)
  • ZKW 465 Hornet ライフル、ZKW 465 Fox ライフル
  • ZKM 452、561、573、581、小口径ライフル
  • ZKW 465、680
  • CZ 537 ライフル

参照[編集]

参考資料[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i Manufacturers - Brno Arms Zbrojovka Brno, www.bluebookofgunvalues.com, retrieved 30 Aug. 2016
  2. ^ http://www.dotyk.cz/09-2015/15_budu-li-ohrozen-vystrelim-
  3. ^ Zveřejněno 29.4.2010, Kalendárium: 29. dubna 1969 – Počátek Unikátní české zbraně CZ 75, vložil admin, www.svornost.com
  4. ^ Fencl, Jiří, Zbraňaři par excellence - Bratři Josef a František Koučtí (2. díl), http://www.valka.cz, 31 Jan. 2015
  5. ^ http://zpravy.aktualne.cz/ekonomika/ceska-ekonomika/idet-z-ceska-se-opet-stava-zbrojarska-mocnost/r~923d8bb6fe0e11e4a43f002590604f2e/

参考文献[編集]

  • David Pazdera, Jan Skramoušský: Česká zbrojovka. Historie výroby zbraní v Uherském Brodě [Česká zbrojovka. History of weapon manufacturing in Uherský Brod], 2006, ISBN 80-903450-9-3. Two chapters online [1] and [2].

外部リンク[編集]