FEARLESS (LE SSERAFIMのアルバム)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
FEARLESS
LE SSERAFIMEP
リリース
録音 HYBE STUDIOソウル特別市龍山区[1]
ジャンル K-POPダンスバラード
時間
レーベル YG PLUS
プロデュース パン・シヒョク, SCORE(13), Megatone(13)
専門評論家によるレビュー
NME 星3 / 5
チャート最高順位
LE SSERAFIM アルバム 年表
FEARLESS
(2022年)
ANTIFRAGILE
(2022年)
EANコード
  • EAN 8809848755163 - Vol.1, Vol.2
  • EAN 8809848755200 - Monochrome Bouquet
ミュージックビデオ
FEARLESS - YouTube
テンプレートを表示

FEARLESS(フィアレス)は韓国の女性アイドルグループ・LE SSERAFIMによる1枚目のミニ・アルバム。2022年5月2日SOURCE MUSICからリリースされ、YG PLUSから発売された。タイトル曲はアルバム名と同じく『FEARLESS』で、収録曲はタイトル曲を含む全5曲で構成されている。

概要[編集]

FEARLESSのミュージック・ビデオ
画像外部リンク
en:File:Le Sserafim – Fearless.png - ジャケット写真

IZ*ONEキム・チェウォンサクラが所属している5人組女性アイドルグループ・LE SSERAFIM によるデビューミニアルバムである。本アルバム名は「世の中の視線に恐れない」という意味を持つグループ名であるLE SSERAFIMのアナグラム元である「IM FEARLESS(直訳: 私は恐れ知らず)」から由来されており、HYBE議長であるパン・シヒョク総括プロデューサーとクリエイティブディレクターのキム・ソンヒョンが制作に参加している[2]

本アルバムはプロモーション活動後の8月にいじめ疑惑でキム・ガラムが脱退した事から、キム・ガラムが参加した最初で最後の6人体制でのアルバムである。

売上枚数は先行予約の時点で38万枚を記録し[3]、初動売上枚数では30万枚を突破。韓国のガールズグループデビューアルバム史上最初の30万枚突破作品となった。

リリースまでの背景[編集]

2022年4月4日からメンバーの公開と同時にそのメンバーが歌っているパートの一部がデビュープロジェクトサイト「The First Moment of LE SSERAFIM」にて先行公開された[4]

4月13日、午前12時に本アルバムの発売とデビューショーケースの開催が発表された[5]。午前10時には、アルバムの予約が開始された[6]

4月18日、デビュートレーラーが公開[7]。背後の炎を気にせずに自分撮りをするキム・チェウォンの姿から始まり、空から車の上に落下するもすぐに立ち上がるキム・ガラム、駐車場でダイナミックなパフォーマンスを繰り広げるホ・ユンジン、音楽に合わせてダンスを踊るホン・ウンチェ、マイクの前に立つサクラ、情熱的にバレエを練習するカズハが次々と登場し、走るレーシングカーと、堂々としたメンバーたちの姿が交差した映像が繰り広げられている[7][8]。リワインド技法を使った印象的な演出や、日本語韓国語英語によるナレーションも特徴的である[9]。また本映像は公開から約14時間で100万回再生を突破した[10]

4月20日、22日、コンセプトフォト『Vol.1 BLACK PETROL』『Vol.2 BLUE CHYPRE』を公開。Vol.1ではレーシングをテーマにし、Vol.2では人魚姫を連想させる衣装を着用している[11][12]

4月29日、一つ目のミュージック・ビデオのティザーが公開。バイクに乗っているサクラ、クレーンにぶら下がった車両に腰掛けているカズハ、ボクシンググローブをはめて堂々とした魅力を見せているホ・ユンジン、自信に満ちた笑顔を見せているホン・ウンチェ、余裕のある表情で階段に座っているキム・ガラム、堂々とした眼差しで「I'm fearless」と歌うキム・チェウォンの姿が盛り込まれている[13]。また本映像には、練習室を連想させるジムで華やかな群舞を披露するシーンも収められている[14]。5月1日には二つ目のミュージック・ビデオのティザーが公開された。華やかなシャンデリアを背景に、黒の衣装を着用しており、第一弾とは異なる雰囲気を演出している[15][16]

5月2日、アルバムが発売し、デビュー。15時からオンライン・オフラインでの発売記念メディアショーケースが行われ[注 1]、午後6時にはミュージック・ビデオが公開された[17][18]。ミュージック・ビデオは公開されてから約19時間で再生回数1000万回を突破し、韓国と日本のYouTubeのリアルタイム人気動画1位、YouTubeのミュージックビデオトレンディングワールドワイドでも1位を獲得した。また、公開から一週間で再生回数5000万回を突破した[19][20]

8月9日、ミュージック・ビデオが公開100日目にして1億回再生を突破した。2022年にデビューした韓国のガールズグループとしては最短記録である[21]

収録曲[編集]

#タイトル作詞・作曲時間
1.「The World Is My Oyster」SCORE(13) / Megatone(13) / HYBE
2.FEARLESSSCORE(13) / Megatone(13) / Supreme Boi / BLVSH / JARO / Nikolay Mohr / "hitman" bang / ONEYE / Josefin Glenmark / emmy kasai / Kyler Niko / PAU / Destiny Rogers
3.「Blue Flame」SCORE(13) / Megatone(13) / Jonna Hall / ガヨン(PNP) / キム・インヒョン / danke (lalala studio) / キム・チェウォン / Ronnie Icon / Caroline Gustavsson / ホ・ユンジン
4.「The Great Mermaid」SCORE(13) / Megatone(13) / "hitman" bang / Sunshine (Cazzi Opeia & Ellen Berg) / Anne Judith Wik (Dsign Music) / Ronny Svendsen (Dsign Music) / Nermin Harambasic (Dsign Music) / danke (lalala studio) / Kyler Niko / PAU / イ・ヒョンソク(PNP) / チョン・ジヌ
5.「Sour Grapes」SCORE(13) / Megatone(13) / danke / ABIR / Kayofkaj / Nermin Harambasic (Dsign Music) / Lady V / キム・インヒョン / Sunshine (Cazzi Opeia & Ellen Berg)
合計時間:

音楽性[編集]

JO1の『Born To Be Wild』、X1の『FLASH』などを担当した音楽プロデュース集団「13」のSCOREMegatoneがメインプロデューサーとして全楽曲に参加している。「The World Is My Oyster」はイントロ曲で、ベースハウススタイルのトラックに「世界を自分のものにする」というメッセージが込められており、強烈なリズムとサイケデリックな雰囲気が調和を成した楽曲[22][23]。本楽曲は「世界を思い通りにする」という抱負を日本語、韓国語、英語の3ヵ国語でナレーションしており[24]、2022年9月に公開されたLE SSERAFIMのドキュメンタリーのタイトルにもなっている[25]

タイトル曲の「FEARLESS」は、ボールドなベースリプと、グルーヴがあるリズムと調和を成したパンクベースのオルタナティブポップジャンルの楽曲で、世の中の視線に揺れることなく、恐れず前に進んでいくというメッセージが盛り込まれている[23]パン・シヒョク統括プロデューサーが作詞とプロデュースに参加し、BTSの『Life goes on』をプロデュースしたシンガーソングライターであるBLVSHと、アメリカの有名なポップアーティストであるDestiny Rogersも本楽曲のプロデュースを担当した[22]。本楽曲はバレエダンサーであったカズハや、HKT48IZ*ONEのメンバーであったサクラなどといったメンバーの過去にも関連しており、アルバムストーリーテーリングチームのチーム長であるホ・ヨンジは次の様に語っている[26]

現実に全員が満足できないからこそ、この世界では私は満足できない、もう一度前に進みたいと思います。皆さんが話したいことは未来の話です。なので過去を話している人に「私たちは過去なんて必要ない。私たちは未来へ進んでいく。怖がらずに進んでいき過去にとらわれないんだ。」そう話しているのが「FEARLESS」である。

—ホ・ヨンジ(LE SSERAFIMによるドキュメンタリー「The World Is My Oyster」のエピソード2より)

「Blue Flame」はハイブオリジナルストーリー「Crimson Heart」のテーマ曲で、メンバーのキム・チェウォンホ・ユンジンが作詞に参加している。洗練されたメロディーで神秘的な雰囲気を醸すディスコ・パンクスタイルの楽曲である[22][23]。「The Great Mermaid」は童話「人魚姫」を再解釈した楽曲で、「欲しいものは全部手に入れる、それでも私を水の泡にはできない」という歌詞も特徴的である[22][23]。この楽曲もタイトル曲「FEARLESS」と同様、パン・シヒョク統括プロデューサーが作詞とプロデュースに参加している[22]。「Sour Grapes」はイソップ寓話の中の「すっぱいブドウ」の物語からモチーフを得ており、恋に対する純粋な好奇心と自分自身をより大切にする自己中心的な面が共存する心理を歌ったR&Bボッサノヴァが合わさったポップジャンルの楽曲になっている[22][23]

プロモーション[編集]

形態はBLACK PETROLバージョン、BLUE CHYPREバージョンの2形態に加えて、Monochrome Bouquetバージョンがリリースされた[27]。またそれに関連して、ステッカーやポストカードなどが封入されている1stミニ・アルバム『FEARLESS』オフィシャルマーチャンダイズ「The First Moment In Your Hands」がリリースされた[28]

5月5日放送のMnetM COUNTDOWN」を皮切りに様々な音楽番組に出演し、6月5日放送のSBS人気歌謡」を最後に公式活動を終えた[29][30]。5月20日放送のKBS 2TVミュージックバンク」はキム・ガラムのいじめ疑惑により出演を中止[31]。5月22日放送のSBS「人気歌謡」からは活動中断となったキム・ガラムを除いた5人体制で活動を行った[32]

音楽番組ではデビューから8日の5月10日放送のSBS MTV「THE SHOW」で初の一位を獲得[33]。13日放送のKBS 2TV「ミュージックバンク」でも一位を獲得した[34][注 2]。17日に放送されたMTV「THE SHOW」でも一位を獲得[35][36]。6月1日にMBC MUSICで放送された「SHOW CHAMPION」でも1位を獲得し[37]、音楽番組首位としては合計4冠獲得した。

日本での活動[編集]

5月9日、日本の音楽番組であるTBSCDTV ライブ! ライブ!」に初出演し、『FEARLESS』をフルサイズで披露した[38]。放送の直後には「LE SSERAFIM」などの関連キーワードがYahoo! Japanのリアルタイム検索ランキングで1位を獲得し、日本のTwitterリアルタイムトレンドにもランクインを果たした[39]。また、6月20日に放送された「CDTV ライブ! ライブ! 3時間スペシャル」にも出演し、収録曲である『Blue Flame』を披露した[40][注 3]

6月19日、LINE MUSIC有料会員を対象に「FEARLESS」を600回以上再生した方の中から抽選で18人をランダムでメンバー一名のみとミート&グリートができる「メンバー個別オンラインミーグリ」に招待し、応募者全員にオリジナルLINEトーク背景画像をプレゼントするキャンペーンを行った[41]

7月1日に来日。2日は日本テレビ系「THE MUSIC DAY」へ出演し、3日に1stミニアルバム「FEARLESS」オフライン特典会を日本で実施。4日はフジテレビ系「めざましテレビ」に出演した[42][43]。また13日にはフジテレビ系「2022FNS歌謡祭 夏」に出演した[44]

批評[編集]

タイトル曲のFEARLESSがアメリカの週刊誌「タイム(TIME)」が選定した「2022 ベストK-POPソング」に選出[45]。「洗練されたタイトル曲『FEARLESS』で人々の期待を上回った。ファンクでオルタナティブなポップソングの中で、LE SSERAFIMはトップになろうと決意している。『欲を隠せというあなたの言葉はおかしい。謙遜な演技なんてこれ以上しない。』という歌詞で頂上を目指すLE SSERAFIMの覚悟を見せ、『What you lookin' at』という何回も繰り返される強烈な歌詞と滑らかなベースラインが加わったクセになるサビが中毒的で、リプレイする価値のある楽曲だ」と評価した[46]

NMEは本作品を星5つ中3つと評価し、「ガールズグループとしての旅は始まったばかりなので、コンセプトを固め、止められない力に成長するには十分な時間がある。 可能性はまだそこにあり、今や彼女たちはそれを世界に解き放つための歌が必要なだけだ」とコメントした[47]

受容[編集]

日本ブラジルシンガポールなどの世界13ヶ国にiTunesトップアルバムチャートで1位を獲得。タイトル曲『FEARLESS』は、タイとシンガポールのトップソングチャートで一位を獲得し、収録曲である『Blue Flame』はペルーのトップソングチャートで一位を獲得した[48]

5月11日に公開されたBillBoard Japanの総合アルバム・チャートである「HOT Albums」で一位を獲得[49]。6月11日付では「ビルボードグローバル[注 4]」で53位、「ビルボードグローバル200」で105位を獲得した。米ビルボードではデビューしてから8日でチャートインし、18週に渡ってチャートに留まった[50][51]

Spotifyの5月3日付のグローバルトップ200で175位を記録し、3日連続でチャートイン。ガールズグループのデビュー曲としては最短期間でのチャートインを記録。日本の「トップ200」では161位にチャートイン、翌日には54位となり、3日目には3位上昇した51位を記録。韓国では発売当時に20位で初登場した後、1日で17位上昇した3位を獲得し、7日付けのチャートでも5位を記録。タイ、マレーシア、シンガポール、台湾などといったその他の国でもチャート上位圏を維持した[52][53]

5月2日付のLINE MUSICのデイリーTOPソングランキングでは1位で登場してから上位をキープし、8日付けのランキングでは5位を記録した[52]

5月13日付のオリコン週間合算アルバムランキングで一位を獲得。海外の女性アイドルグループが1位を取るのはTWICEの「#TWICE4」以来2ヶ月ぶりであり、2022年では2組目である[54]。また5月16日付のオリコンウィークリーランキング、デジタルアルバムダウンロードランキングで1位を獲得。ストリーミングランキング7位、デジタルシングルダウンロードランキング10位と、他のランキングにも名を連ねた[55]

5月5日のMelon日間トップ100にて100位で初進出。その後地道に順位を上げ、9日には48位にまで進出した。17日には19位で20位圏内にチャートインし、29日付では10位にチャートインした。2022年6月時点で発表された女性グループのデビュー曲の中では最高記録である[56]。29日付のBugs!日間チャートでは2位、Genie日間トップ200では10位を記録した[56]

HANTEOチャートでは発売当日に17万6861枚を記録し、初日売上枚数としては韓国の歴代ガールズグループのデビューアルバム1位を獲得。そして、2日目に累積売上枚数が24万2270枚となり、韓国の歴代ガールズグループデビューアルバム初動販売枚数1位のNMIXXの「AD MARE」の記録である22万7399枚を塗り替えた[57]。9日には30万7450枚を売り上げた[52]。初動一週間で30万枚を超えた女性グループとしてはBLACKPINKIZ*ONERed VelvetIVETWICEに続く6組目であり、デビューアルバムとしては初の快挙である[58]

クレジット[編集]

アルバム楽曲[編集]

AllMusic「Credits」欄に準拠[59]

  • 歌唱者 - LE SSERAFIM
  • メインプロデューサー - 13(Megatone、SCORE)
  • コンポーザー - Abir、パン・シヒョク、Danke、Caroline Gustavsson、Jonna Hall、Nermin Harambasic、ホ・ユンジン、Kim In Hyeong、Kim In-Hyun、Ronnie Icon、Jinwoo Jeong、Kayofkaj、Lady V、Hyung Seok Lee、Oneye、Sunshine、Ronny Svendsen、Anne Judith Wik、キム・チェウォン、Ga Young
  • プロデューサー[注 5] - Blvsh、Josefin Glenmark、HYBE、Jaro、Emmy Kasai、Nikolay Mohr、Kyler Niko、Pau、Destiny Rogers、Supreme Boi
  • アシスタント - Matt Cahill、Ramiro Fernandez-Seoane
  • ミキシングエンジニア - Chris Galland、Manny Marroquin、Geoff Swan
  • ボーカルアレンジメント - Stella Jang

『FEARLESS』 ミュージック・ビデオ[編集]

YouTubeにて公開されている『FEARLESS』のミュージック・ビデオの概要欄に準拠[60]

  • クリエイティブディレクター - NU KIM(キム・ソンヒョン)
  • ビジュアルクリエイティブ - キム・ユジュ、チョ・ガブリエル、チョ・ユン、ムン・スンウン
  • パフォーマンスディレクター - パク・ソヨン
  • パフォーマンスアシスタント - ユン・ソヨン
  • A&R - キム・キュヨン、キム・セウォン
  • ディレクター - Guzza(KUDO)
  • アシスタントディレクター - イム・ヒョンヒ、チャン・イェスル
  • 音響 - キム・クーキ、ヤン・ジニョン、キム・テウン、パク・ジニ
  • プロダクションチーム - SSUPORT
  • フォトグラフィーディレクター - Eumko、ユン・サンウ
  • 撮影アシスタント
    • 1st - イ・ヨンウ、ミン・スンジュ
    • 2nd - イ・ウニル、キム・ジミン
    • 3rd - イ・ドンヒョン、アン・ヨウン
  • DIT - コ・ユンテ、ユ・ミンジュ
  • ジミージブオペレーター - キム・ヨンジュン
  • ジミージブアシスタント - キム・ヒョンイン、イ・ソクチャン
  • テクノクレーンオペレーター - イ・サンジョ、チェ・テヒョン
  • テクノクレーンアシスタント - ファン・ヨンウン、キム・ドユン、アン・ジュンファン、ウ・ジス、キム・ハクソ、キム・ナクドゥ
  • 監督 - チョン・ジュニョク
  • 照明 - ハン・ジェスン、キム・ヒョンソク、チョン・ファヨン、キム・ビョンジョン、シン・ドンユン、チェ・ジスプ、チョ・ジョハン
  • アートディレクター - ジンシル、ボナ(@Mu:E)
  • アシスタントアートチーム - チェ・アヨン、ユン・ジウン(@Mu:E)
  • アートチームマネージャー - ホ・イルホ(@Mu:E)
  • 特殊効果 - JEIL.M.S
  • スタントコーディネーター - チョン・ユンホン
  • スタントチーム - ソ・ミヌ、チェ・ミンヒョク、ユン・ミンギュ、キム・テギュン、シン・ユシク、イ・カンヨン、イ・ソンミン
  • VFXスタジオ - SECOND FLOOR
  • VFX管理者 - ビョン・デヨン
  • 2D合成 - イ・アヨン、コ・ヨンジュン、キム・チェヨン
  • FXアーティスト - カン・ヘジュ、ユ・ゴヨン
  • プロジェクトマネージャー - キム・ソユン
  • DI(ダイレクトボックス) - LUCID COLOUR
  • カラーリスト - コ・ウォンソク
  • DI クルー - ベク・ジェヨン、キム・ダイン、ホン・セレ
  • DIプロデューサー - ヒョン・ソユン

リリース日程[編集]

地域 日程 フォーマット 形態 レーベル
韓国 2022年5月2日 CD Vol.1 BLACK PETROL
Vol.2 BLUE CHYPRE
Monochrome Bouquet
全世界 デジタル配信 -

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ オフラインの会場はソウルにある奨忠体育館
  2. ^ 放送後の14日、ミュージックバンク内でのLE SSERAFIMの放送点数は5348点であったのに対し、相手側のイム・ヨンウンの点数が0点であった事に問題があると議論になった。 参考”. 2022年6月17日閲覧。
  3. ^ キム・ガラムが活動休止をする前にステージ収録が行われたので、キム・ガラムを含めた6人体制での出演となった。
  4. ^ 米を除く。
  5. ^ コンポーザーと兼任

出典[編集]

  1. ^ BTSとLE SSERAFIMのアルバム・クレジットを読む” (日本語). magazine.weverse.io. 2022年9月18日閲覧。
  2. ^ BTS生みの親パン・シヒョク氏、宮脇咲良らLESSERAFIMの5月デビュー作を統括プロデュース”. ORICON NEWS. 2022年6月17日閲覧。
  3. ^ 「私は恐れない」HYBEが手掛ける初のガールズグループ・LE SSERAFIMデビュー | Numero TOKYO”. numero.jp. 2022年9月11日閲覧。
  4. ^ HYBE、宮脇咲良、キム・チェウォン合流「LE SSERAFIM」(ル・セラフィム)破格のプロモーション…4日にデビュー曲一部を先行公開!” (日本語). K-POP、韓国エンタメニュース、取材レポートならコレポ! (2022年4月1日). 2022年9月18日閲覧。
  5. ^ HYBE初のガールズグループLE SSERAFIM、5月2日にデビュー決定!初ミニアルバム「FEARLESS」発売&デビューショーケース開催”. Kstyle. 2022年6月17日閲覧。
  6. ^ Weverse Feed - Talk with fans!” (英語). www.weverse.io. 2022年6月17日閲覧。
  7. ^ a b HYBE初のガールズグループLE SSERAFIM、デビュートレーラーを公開…強い眼差し&堂々と進む姿に注目”. Kstyle. 2022年6月17日閲覧。
  8. ^ LE SSERAFIM、デビュートレーラー解禁 宮脇咲良の堂々“日本語セリフ”も話題 - モデルプレス” (日本語). モデルプレス - ライフスタイル・ファッションエンタメニュース. 2022年6月17日閲覧。
  9. ^ HYBE初のガールズ・グループ LE SSERAFIM、1stミニ・アルバム『FEARLESS』デビュー・トレーラー公開 - TOWER RECORDS ONLINE”. tower.jp. 2022年6月17日閲覧。
  10. ^ BTS妹分グループLESSERAFIM、『FEARLESS』を体現するトレーラー公開 約14時間で100万再生突破”. ORICON NEWS. 2022年6月17日閲覧。
  11. ^ HYBE初のガールズグループLE SSERAFIM、デビューアルバム「FEARLESS」コンセプトフォト第1弾を公開”. Kstyle. 2022年6月17日閲覧。
  12. ^ LE SSERAFIM、まるで人魚姫?デビューアルバム「FEARLESS」コンセプトフォト第2弾を公開”. Kstyle. 2022年6月17日閲覧。
  13. ^ 宮脇咲良らLESSERAFIM、デビュー曲「FEARLESS」MVティザー映像公開”. ORICON NEWS. 2022年6月17日閲覧。
  14. ^ LE SSERAFIM、デビュー曲「FEARLESS」MV予告映像を公開…華やかなビジュアル”. Kstyle. 2022年6月17日閲覧。
  15. ^ LE SSERAFIM、デビュー曲「FEARLESS」MV予告映像第2弾を公開…巨大なシャンデリアよりも輝くビジュアル”. Kstyle. 2022年6月17日閲覧。
  16. ^ [영상샤키라 닮은 르세라핌, 데뷔곡 'FEARLESS' MV 2차 티저 공개]” (朝鮮語). inews24. 2022年6月17日閲覧。
  17. ^ LE SSERAFIM、6人がついに登場!宮脇咲良は3度目のデビュー「プレッシャー感じることも」”. Kstyle. 2022年6月17日閲覧。
  18. ^ LE SSERAFIM、デビュー曲「FEARLESS」MV公開!自信に満ち溢れたクールなパフォーマンスに注目”. Kstyle. 2022年6月17日閲覧。
  19. ^ LE SSERAFIM、デビュー曲「FEARLESS」MV再生回数が1000万回を突破!圧倒的な人気”. Kstyle. 2022年6月18日閲覧。
  20. ^ LE SSERAFIM、デビュー曲「FEARLESS」公開1週間でMV再生回数が5000万回を突破!”. Kstyle. 2022年6月18日閲覧。
  21. ^ 「LE SSERAFIM」、MV「FEARLESS」が1億ビュー突破…2022年デビューガールズグループ中で”最短記録樹立”│韓国音楽K-POP│wowKorea(ワウコリア)”. wowKorea(ワウコリア) (2022年8月10日). 2022年9月11日閲覧。
  22. ^ a b c d e f FEARLESS” (朝鮮語). 멜론. 2022年6月17日閲覧。
  23. ^ a b c d e LE SSERAFIM、デビューアルバム「FEARLESS」ハイライトメドレーを公開…様々な雰囲気の5曲を予告”. Kstyle. 2022年6月17日閲覧。
  24. ^ HYBE初のガールズグループ LE SSERAFIM、初ミニアルバム『FEARLESS』でいよいよ本日デビュー!”. プレスリリース・ニュースリリース配信シェアNo.1|PR TIMES. 2022年9月19日閲覧。
  25. ^ LE SSERAFIM、メンバー変更の過去明らかに「他の形で会えますように」「厳しい世界」の声 - モデルプレス” (日本語). モデルプレス - ライフスタイル・ファッションエンタメニュース. 2022年9月19日閲覧。
  26. ^ (日本語) LE SSERAFIM (르세라핌) Documentary 'The World Is My Oyster' EPISODE 02, https://www.youtube.com/watch?v=XaT-GYHTTEM 2022年9月18日閲覧。 
  27. ^ LE SSERAFIM|デビュー・ミニアルバム『FEARLESS』Monochrome Bouquet Ver.登場! - TOWER RECORDS ONLINE”. tower.jp. 2022年6月18日閲覧。
  28. ^ PERFECT. “LE SSERAFIM Japan official site” (日本語). LE SSERAFIM Japan official site. 2022年6月18日閲覧。
  29. ^ LE SSERAFIM、デビュー後初めて「M COUNTDOWN」に出演!“これからかっこいい姿をたくさんお見せする”(動画あり)”. Kstyle. 2022年6月17日閲覧。
  30. ^ LE SSERAFIM、5週間にわたるデビュー曲「FEARLESS」の活動が終了…新人らしからぬ記録の連続に驚き”. Kstyle. 2022年6月17日閲覧。
  31. ^ LE SSERAFIM キム・ガラム、続くいじめ疑惑にHYBEが再び公式コメント…騒動の余波で「ミュージックバンク」出演などが中止に”. Kstyle. 2022年6月17日閲覧。
  32. ^ キム・ガラムの活動中断で5人体制に…LE SSERAFIM「人気歌謡」でクールなパフォーマンスを披露”. Kstyle. 2022年6月17日閲覧。
  33. ^ LE SSERAFIM、デビューからわずか8日…早くも「THE SHOW」で初の1位を獲得“すべてファンのおかげ””. Kstyle. 2022年6月17日閲覧。
  34. ^ LE SSERAFIM「ミュージックバンク」で1位を獲得…TOMORROW X TOGETHERらがカムバックステージを披露”. Kstyle. 2022年6月17日閲覧。
  35. ^ エンタメコリア (2022年5月18日). “LE SSERAFIMサクラ、音楽番組3冠の心境告白 「ファンのおかげ」” (日本語). ekr.chosunonline.com. 2022年6月17日閲覧。
  36. ^ 르세라핌, ‘쇼! 챔피언’ 1위…‘피어리스’로 음악방송 4관왕” (朝鮮語). 스타투데이 (2022年6月2日). 2022年6月17日閲覧。
  37. ^ https://twitter.com/showchampion1/status/1531944215479205888” (日本語). Twitter. 2022年9月11日閲覧。
  38. ^ 宮脇咲良らLESSERAFIM『CDTV』で日本の音楽番組初出演 デビュー曲をフルサイズ初披露”. ORICON NEWS. 2022年6月17日閲覧。
  39. ^ LE SSERAFIM「CDTVライブ!ライブ!」に初出演…タイトル曲「FEARLESS」フルバージョンを日本初披露(動画あり)”. Kstyle. 2022年6月17日閲覧。
  40. ^ 『CDTVライブ!ライブ!』3時間SP出演第1弾にLESSERAFIM 一夜限りの「ゆずフェス」も”. ORICON NEWS. 2022年6月17日閲覧。
  41. ^ LE SSERAFIM、オンラインイベントに招待!LINE MUSICにて本日より限定キャンぺーンがスタート”. Kstyle. 2022年6月17日閲覧。
  42. ^ LE SSERAFIM、7月に初来日が決定!1stミニアルバム「FEARLESS」発売記念のオフライン特典会を開催”. Kstyle. 2022年6月17日閲覧。
  43. ^ 【PHOTO】LE SSERAFIM、待望の初来日!スケジュールのため日本へ出国…眩しいビジュアル”. Kstyle. 2022年7月4日閲覧。
  44. ^ LE SSERAFIM&NiziU、7月13日(水)放送「2022FNS歌謡祭 夏」に出演決定!第1弾ラインナップ発表”. Kstyle. 2022年7月4日閲覧。
  45. ^ LE SSERAFIM、デビュー曲が米タイム誌の「The Best K-Pop Songs of 2022」に選定!”. Kstyle. 2022年6月18日閲覧。
  46. ^ The Best K-pop Songs and Albums of 2022 So Far” (英語). Time. 2022年6月18日閲覧。
  47. ^ LE SSERAFIM – ‘Fearless’ review: HYBE’s new girl group don’t fully live up to their name on hit-and-miss debut” (英語). NME (2022年5月6日). 2022年6月18日閲覧。
  48. ^ LE SSERAFIM、デビューアルバム「FEARLESS」が日本を含む世界13地域のiTunesチャートで早くも1位に!”. Kstyle. 2022年6月18日閲覧。
  49. ^ 【ビルボード】LE SSERAFIM『FEARLESS』が総合アルバム首位 藤井 風/Adoが続く”. 2022年6月18日閲覧。
  50. ^ LE SSERAFIM 5週連続で米ビルボードチャートにランクイン!” (日本語). DANMEE ダンミ. 2022年6月18日閲覧。
  51. ^ LE SSERAFIM、デビュー曲「FEARLESS」が米ビルボードに18週連続チャートイン!カムバック控え記録を更新中”. Kstyle. 2022年9月11日閲覧。
  52. ^ a b c LE SSERAFIM、1stミニアルバム「FEARLESS」初動売上30万枚を突破!歴代ガールズグループのデビューアルバムで初”. Kstyle. 2022年6月18日閲覧。
  53. ^ LE SSERAFIM、デビュー曲「FEARLESS」がSpotify「グローバルトップ200」に3日連続チャートイン” (日本語). THE FIRST TIMES. 2022年6月18日閲覧。
  54. ^ 宮脇咲良が所属のLESSERAFIM、「合算アルバム」1位獲得【オリコンランキング】”. ORICON NEWS. 2022年6月18日閲覧。
  55. ^ LE SSERAFIM、1stミニアルバム「FEARLESS」オリコンウィークリーランキングで1位に!”. Kstyle. 2022年6月18日閲覧。
  56. ^ a b 상승세 탄 르세라핌, 결국 멜론 TOP10 뚫었다” (朝鮮語). 스타투데이 (2022年5月31日). 2022年6月18日閲覧。
  57. ^ 宮脇咲良ら所属・LE SSERAFIM、デビューアルバム初動売上が韓国歴代ガールズグループ1位に” (日本語). RBB TODAY. 2022年6月18日閲覧。
  58. ^ 宮脇咲良参加のLE SSERAFIM、デビュー盤「初週30万枚超」の快挙 韓国メディアが英語で報道” (日本語). J-CAST ニュース (2022年5月10日). 2022年6月18日閲覧。
  59. ^ (英語) LE SSERAFIM - FEARLESS Album Reviews, Songs & More | AllMusic, https://www.allmusic.com/album/fearless-mw0003706087 2022年9月18日閲覧。 
  60. ^ (日本語) LE SSERAFIM FEARLESS OFFICIAL M/V, https://www.youtube.com/watch?v=4vbDFu0PUew 2022年9月18日閲覧。 

外部リンク[編集]