高森明勅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
AKNRから転送)
Jump to navigation Jump to search

高森 明勅(たかもり あきのり、1957年 - )は、日本評論家神道学者歴史家皇室研究者

人物[編集]

岡山県倉敷市出身。麗澤高等学校國學院大學文学部を卒業、1989年、同大学院博士課程修了。大東塾が経営する学生寮「大東会館」出身。やすくに活世塾初代塾頭[要出典]

自著に歴史的仮名遣を用いる文筆家として、また所功とともに皇室関係のコメンテーターとして知られる。拓殖大学日本文化研究所客員教授を務める一方、小林よしのりが責任編集する季刊誌『わしズム』に『神さまの住所録』『古代「愛国者」列伝』を連載するなど評論活動も行なっている。新しい歴史教科書をつくる会副会長[1]、「日本文化総合研究所」代表、國學院大学講師[2]麗澤大学外国語学部講師、防衛省統合幕僚学校「国家観・歴史観」部外講師を務めている。2006年2月、靖国神社崇敬奉賛会青年部「あさなぎ」の顧問(高森の次男も所属している)に就任した[要出典]

日本文化チャンネル桜で『報道ワイド日本』及び『桜プロジェクト』の司会を6年間務めた。映画『南京の真実』の賛同者でもあるが、チャンネル桜が主導してきた保守運動やデモ行進には参加することは少なかった。チャンネル桜社長の水島総と後述の皇位継承問題をめぐって意見が対立し、2010年3月をもって番組を降板した[3]

主張・活動[編集]

皇位継承問題[編集]

皇位継承問題については、2004年の時点では男系継承を支持する立場をとっていたが、翌2005年からは側室制度が廃止された状況下では皇統を維持できなくなるとして女系天皇容認に立場を転じる。同年6月に開催された有識者会議では直系を優先し、兄弟間では男子を優先すべき旨の提言を行っている。その理由として女性天皇が即位した場合、女性は生理や妊娠・出産を伴うため、宮中祭祀を含む公務の遂行が困難になることを挙げている[4]。同年、同有識者会議が男女にかかわりなく直系・長子を優先するとの最終報告を出した際には、チャンネル桜の座談会で「有識者会議の結論には8割方賛成だが、長子優先論は全く問題外」だと断じている。また、前述の小林よしのりは高森の影響から女系・直系天皇論に立場を転じている。一方、男系天皇護持派の小堀桂一郎は、自著『皇位の正統性について』の中で高森の論を「多重の安全装置が必要との主張」で「厳しくも親切な警告」としている[5]

天皇の生前退位(譲位)[編集]

週刊新潮』2013年6月20日号の「宮内庁皇太子妃の長期療養問題を解決すべく、皇太子は即位後短期間で退位し、弟の秋篠宮文仁親王は即位を辞退し、その長男の悠仁親王が即位するよう安倍内閣に申し入れた」とする記事について「天皇を秩序の基軸とする日本社会の伝統的な在り方自体が、たったお1人の皇族のご意思によって決定的に左右される事態になる」「ご本人のご意思で退位や即位辞退が可能になると、無責任かつ悪質な週刊誌の記事などを鵜呑みにした人々が、ご本人に働きかけて天皇の退位や即位辞退を実現させようと、不敬不埒な署名活動やデモを活発に繰り広げないとも限らない」「自分たちが『支持』する皇族を何とか即位させようと、国民の間に激しい対立が生まれることもあり得る」「退位した天皇は歴史的には太上天皇(上皇)という地位を与えられて来たが、太上天皇にはどのようなご公務を考えているのか」と延べ[6]、天皇のいわゆる「生前退位(譲位)」や「即位の辞退」には否定的と取れる発言をしていた。

その後、2016年にNHKのいわゆる「生前退位」速報とその後の「象徴としての務めについてのお言葉」の発表直後の月刊誌『WiLL』の特集記事で述べられた「天皇・皇族の政治利用」「2人の天皇が併存する問題点」など、かつて自身も述べていた懸念について「無知、理解力の無さ、事実誤認、不遜、不敬の程度が、想像を絶して甚だし過ぎる」と述べている[7]。このことについて、チャンネル桜水島総youtubeの動画内で高森に対し「変節である」「天皇陛下のお言葉を利用・名目にして自身の意見を180度変える。これが学者のすることか」と批判した[8][9]

構造改革[編集]

自身が司会を務めていたチャンネル桜は新自由主義に懐疑的な傾向が強かったが、高森は小泉内閣安倍内閣が推進した構造改革路線には好意的で、とりわけ安倍内閣で成立した国家公務員法改正の本質は大臣官房による「斡旋」の根絶であり、小泉内閣でもできなかった快挙であると評価していた[10]

選択的夫婦別姓制度[編集]

「選択的夫婦別姓に反対する保守の人間が男系の縛りにこだわるのは、自己矛盾」と述べている[11]

江戸しぐさ批判[編集]

原田実による江戸しぐさ批判を評価し、ニコニコ生放送での自身の番組『高森ウィンドウズ』で「原田氏は江戸しぐさなるもののインチキさ加減を忌憚なく暴露している」「江戸しぐさではこぶし腰浮かせというが、途中で渡し船に乗ってくるというのはどういうことなんですかね? 電車やバスに乗ってくるんじゃないんですよ」「江戸っ子大虐殺なんかを道徳の教科書に載せていいの?」と述べた[12]

著書[編集]

単著[編集]

共編著[編集]

監修[編集]

  • 『歴代天皇事典』(PHP文庫、2006年10月、ISBN 456966704X
    • 『歴代天皇がよくわかる本』(PHP研究所、2011年7月)
  • 『歴代天皇125代』(英和出版社、2014年7月)

論文[編集]

主な出演番組[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]