この記事は良質な記事に選ばれています

2019年6月12日香港逃亡犯条例改正案反対デモ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
2019年6月12日香港逃亡犯条例改正案反対デモ
2019年-2020年香港民主化デモ内で発生
Harcourt Road tear gas view 20190612.jpg
16時頃より警察がデモ隊に催涙弾を発射する様子
日時 2019年6月12日 (2019-06-12)
場所

香港の旗 香港金鐘中環

原因 2019年逃亡犯条例改正案への不満
目的
手段
結果
参加集団

無框 市民


協調役:

無框 香港政府

指導者
なし

行政長官林鄭月娥

人数
デモ隊40,000人以上[8]
警察5,000人[9]
死傷者数
負傷者 デモ隊81人[10]、うち2人が重傷[6][11]
警察22人[12]
逮捕者 32人[13]、うち8人は後に告訴が取り消される[14]

2019年6月12日香港逃亡犯条例改正案反対デモ(現地呼称として「612[15]、「612衝突[15]、「金鐘衝突[16] がある)は、2019年6月11日の深夜より香港の市民が自発的に行ったデモ集会、および道路占拠を指す。デモ活動は主に金鐘中環で行われ、香港政府による2019年逃亡犯条例改正案の撤回を目的とする。デモ集会ではキリスト教徒立法会総合ビル中国語版近辺を訪れ、夜通しで聖歌を歌う一幕もあった。そして、12日の8時頃、タマール・パーク中国語版でデモ集会に参加していた市民が突如夏慤道中国語版龍和道中国語版を占拠して、立法会による審議(第二読会)を阻止しようとした[1]。香港におけるデモ活動で大規模な道路占拠が行われたのは2014年香港反政府デモ以来だった。

鎮圧にあたった警察は15時47分より催涙弾を発射[17]、のちに8月12日に警察より公表されたデータではこのときに合計で催涙弾240発以上、ビーンバッグ弾約3発、ゴム弾約19発、スポンジ弾英語版約30発を使用した[18]。警察の鎮圧の結果、デモ隊では80人以上が怪我し、その多くが頭を銃撃されていた。また怪我人のうち2人が重傷だった。さらに香港電台の運転手1名が催涙弾に頭を直撃された[19]

香港立法会が予定していた12日の会議についてはデモが続く中、主席の梁君彥中国語版が午前に(午後への)延期を発表、さらに午後には取り消しを発表した。そして、デモ隊は13日の深夜に撤収した[5][6]。その後、立法会秘書局はさらに13日と14日の立法会会議取り消しを発表した[20]。警察はデモ隊が撤収した後に逮捕に動き、多くのデモ参加者を病院で逮捕した。15日、行政長官林鄭月娥は「(法改正の)解説と意見聴取が終わるまで」法改正を延期したが[4][21]、撤回は拒否した。その結果、翌16日には民間人権陣線中国語版が主催する2019年6月16日香港逃亡犯条例改正案反対デモが行われ、主催者発表で200万人が参加した。

21日、アムネスティ・インターナショナルは6月12日のデモ鎮圧において警察が不必要かつ過大な武力を使用したとして、国際人権法違反であると指摘した[22]

背景[編集]

2019年6月9日香港逃亡犯条例改正案反対デモの後、香港政府は声明を発表して、改正案の撤回を拒否した[23]。そのため、多くの市民は改正案の可決を阻止すべく、審議(第二読会)が行われる6月12日にゼネラルストライキを行い、立法会総合ビル中国語版周辺の道路を占拠した上でビルを包囲することを決意した[24]。11日、香港中文大学香港科技大学香港浸会大学香港理工大学香港城市大学香港教育大学香港演芸学院学生自治会の代表が合同記者会見を行い、12日に学校ストライキ中国語版を行い、逃亡犯条例改正案への反対を示すとともに12日のデモに参加するよう呼び掛けた[25]

経過[編集]

警察の配備[編集]

警察は立法会総合ビル、香港政府新庁舎中国語版およびその周辺に警察5,000人(6警察総区中国語版から総区不測事態対応隊(Regional Response Contingent)800人ずつと、特殊戦術小隊約200人)の配置を準備したが、これは習近平の香港視察(2017年、警察9,000人が配備)と張徳江の香港訪問(2016年、警察6,000人が配備)に次ぐ厳重さだった[26]。11日夜にはまず香港島総区の不測事態対応隊と特殊戦術小隊(合計1,000人)が到着した[26]

警察によるの職務質問(11日19時 - 20時)[編集]

11日の19時から20時にかけて、市民がタマール・パーク中国語版に集まって聖歌を歌おうとした。これに対し、警察は金鐘駅で若者を狙って職務質問と所持品検査を行い、検査が行われる若者に一列で並ばせた上検査が終わってもその場に留まらせた。これに不満を感じた市民が写真を撮りはじめたため、一時は口論が生じた[27][28]。金鐘駅のほかにはアドミラルティ・センター中国語版マクドナルドにも所持品検査を行う警察がいた[29][30]

その後、民主派所属の立法会議員である鄺俊宇中国語版朱凱廸中国語版譚文豪中国語版林卓廷中国語版楊岳橋中国語版が金鐘駅で警察の行動を監視した。また警察の行動を恐怖政治として批判する市民もいた[28]

キリスト教徒の集会とタマール・パークに集まる市民(11日夜 - 12日8時)[編集]

タマール・パーク中国語版に集まるデモ隊
レミントンM870を持つ機動隊

6月11日、警察がタマール・パークと立法会総合ビル周辺に配置されるとともに、タマール・パークの芝生の一部も管理作業を口実に閉鎖された[31]。立法会は「黄色警示[注釈 1]を発し、立法会ビル近くのデモ区画や香港政府新庁舎中国語版の前にある公民広場が閉鎖された[33]

一方、香港牧師連署準備委員会(: 香港基督教教牧聯署籌委會)が開催する、72時間連続で祈るイベント(正式名称:72小時馬拉松禱告)は「異議なし通告」(Letter of no objection[注釈 2])を得て10日より続いており、11日夜には金鐘に集まった多くの市民が参加した[35]。この最中、デモ隊はインスタントメッセージシステムのTelegram経由で情報共有や議論を行い、多くの団体がTelegramに情報発信チャンネルを設立した[36]

この最中にも市民が続々と金鐘に集まり、祈りのほかには天体観望やタマール・パークの芝生でピクニックを行う市民も多かった。この状況は12日の早朝まで続いた[37]。また、前出の祈りイベントは3日目となる12日の早朝にも続いた[38]

自動車による通行止め(12日9時 - 11時)[編集]

12日の11時13分頃、金鐘道中国語版の西行き3車線で通行止めをしている自動車4台。

12日朝、金鐘周辺の道路で減速走行を繰り返す自動車が現れた。その目的は交通渋滞を引き起こして、立法会議員を立法会にたどり着けなくすることだった。9時35分には金鐘道中国語版で自動車4台が故障して止まり、東行き4車線が通行止めされた。そのほかにも金鐘周辺の道路で多くの交通事故が起こったが、いずれもけが人は出なかった[39]

10時にはバス1台が告士打道中国語版の東行き車線で後方発進しようとしたが、バスが長すぎたため4車線にまたがる形で動けなくなった[40]

デモ隊の道路占拠(12日8時 - 14時)[編集]

デモ隊が夏慤道中国語版を占拠する様子
12時頃の空中写真。デモ隊が占領した範囲を示す。

7時55分、タマール・パークとその周辺にあるデモ隊は突如夏慤道中国語版竜和道中国語版に飛び出してそれを占領した[1]。その後、デモ隊と警察の間で道路の占領をめぐり一進一退を繰り返したが、8時30分までにデモ隊が告士打道中国語版と夏愨道の6車線の占領に成功した[6]。これにより立法会への立ち入りが不可能になり、立法会の工務委員会が予定した会議は取り消された[41][42]。逃亡犯条例改正案の審議は11時に予定されていたが、状況が変わらなかったため立法会秘書局は10時50分に会議を「稍後時間」(少し後の時間)に延期することを発表した[43][44]。その間にもデモ隊が占領する地域が拡大、12時15分には金鐘道中国語版の占領に成功した[6]

デモ隊の占領が進む一方、建制派中国語版の議員は14時頃にミニバスを乗って中区警察署中国語版を離れた。このときは行き先が不明だったが、後に警察が用意した隠れ家に移動したことが判明した[45]

警察による鎮圧(12日15時 - 18時)[編集]

16時頃、添美道で大量の催涙弾が警察より発射された様子
警察が夏慤道で催涙弾を発射する様子

現場で鎮圧の経過を目撃した聖職者が後に記者会見で回想したところによると、15時から15時半までの間、デモ隊は警察の防御線を攻撃しなかった[46]。15時半頃、警察が龍和道中国語版添華道中国語版で赤旗を掲げた[注釈 3]。その後、警察が突如後退したため、デモ隊が前進して立法会のデモ区画に入り、同時に警察にレンガなどの物を投げ始めた[46][48]。警察は直ちにゴム弾ビーンバッグ弾催涙弾を発射した。デモ隊は5分後に撤退、警察の機動隊がデモ区画を奪回するとともに催涙弾を発射し続けた[49]。この光景をみた聖職者は警察がデモ隊を挑発して、催涙弾を発射するための口実を得たとの見解を示した[46]。また、警察に前進する前に警告を発するよう求めた聖職者もいたが、逆に警察から「イエス・キリストを呼んでみせろよ」と挑発されたという[46]

16時20分、警察は竜和道と添華道の交差点で黒旗を掲げつつ催涙弾を発射した[注釈 3]。混乱の最中、警察がすでに倒れていたデモ参加者を攻撃するという事件と、銃をデモ隊に向けるという出来事が起こった[50][51]。デモ隊は香港シティ・ホール中国語版近くに撤退[49]、これに対し警察は16時38分に防御線を夏慤道から立法会近辺に前進させた。デモ隊がペットボトルなどの物を投げつけたため、警察は再び後退して催涙弾を発射した[49]。17時40分、警察は夏慤道で再び催涙弾を発射、同時にアドミラルティ・センター中国語版からファー・イースト・フィナンシャル・センターに前進した。これに対しデモ隊は干諾道中中国語版に撤退、さらに48分にはユナイテッド・センターに撤退した。その後、警察がバリケードを撤去する傍らデモ隊が新たにバリケードを設置するというがあったが、18時7分にはリッポーセンターの外で対峙した[49]

この最中には警察が警告なしでゴム弾を発射しており、警察を全く攻撃していない男性1名が右目を撃たれるという事件が起こった[52]。この男性は一時暴動の廉で逮捕され、後に損害賠償請求を提起すると宣言した[53]。また、香港電台の運転手1名が車から降りるときに催涙弾に直撃され、一時は心臓が止まるほどの重症だったが、後にクイーン・メアリー病院中国語版に運ばれ、一命を取り留めた[54]

民主派の議員の多くが金鐘に駆けつけてデモ隊を守ろうとしたため、林卓廷中国語版黄碧雲中国語版が警察による唐辛子スプレー攻撃を受けることになり、教育業界代表議員葉建源中国語版は林を休ませるために立法会の駐車場経由で立法会に向かおうとしたが、議員であると身分を表明したにもかかわらず警備員に立ち入りを拒否された[55]

ほかにも添美道と夏愨道の交差点で警察が記者に銃を向け、さらに記者に向かって催涙弾を発射したという事件が起こった。これを目撃した英語圏の記者が「ここはまだ香港だ!中国ではない。今はまだ!」(This is still Hong Kong, not China. Not yet!)と叫んだ[56]

警察によるシティック・タワー包囲(12日16時 - 17時)[編集]

警察は16時に立法会のデモ区画で催涙弾を発射する傍ら、添美道と龍合街の2方向から前進してデモ隊を包囲しようとした[57]。デモ隊は慌てて最も近い建物であるシティック・タワー中国語版に逃げ込もうとしたが、タワーの片側にあるガラス扉には鍵がかかっていたため、もう片側のガラス扉と回転扉で入るしかなかったが、これにより一度に2、3人しか入れず、タワーの外にデモ隊数百人が留まる結果となった。後に目撃者が回想したところによると、このときタワーに入ろうとしたデモ隊は千人近くいたという。そこへ警察が催涙弾を発射してきたため、デモ隊がさらにガラス扉と回転扉に殺到するという状況になり、デモ隊が回転扉にひっかかって出られない状況にならないよう、タワーに入ったデモ隊は回転扉を使用されないよう反対側から押したという[57]。タワー内に逃げられず、催涙弾の攻撃を受け続けるしかなかったタワー外のデモ隊は阿鼻叫喚の状態となった[58]。タワー内のデモ隊はもう片側にある、鍵のかかったガラス扉を鉄の柵で衝撃を与えて壊そうとしたが、これは失敗に終わった。一方の警察は防御線を引き続き推し進めたため、デモ隊があやうく将棋倒し状態になろうという状態になった[57]

タワー内のデモ隊は一部が上の階に向かい、下の階にデモ隊が入るスペースができるようにしたが、やがて全てのフロアに非常階段までがデモ隊であふれ、呼吸困難喘息の発作をきたす人が続出した[59]。さらに催涙弾の煙がタワーの最上階に拡散すると、タワーの最上階にいるデモ隊が息苦しくなって助けを求めたため、デモ隊は2階の歩道橋を通って脱出しはじめた。デモ隊がタワーに逃げ込み始めてから脱出するまでの時間は約30分間だったが[58]、脱出したデモ隊の多くは「命拾いした」という感想だったという[59]

2020年5月、警察への苦情を受け付ける警察の苦情処理への独立監察委員会中国語版2019年-2020年香港民主化デモにおける警察の行動に関する報告を発表して、警察の言い分を全面的に採用、「デモ隊の撤退経路には何ら障礙がなく、むしろ民間人権陣線中国語版が立てた講演台のほうがデモ隊の視線を遮蔽した」としたが[60]伝真社中国語版によるファクトチェックでは警察がシティック・タワーの正面にある竜匯道、並びに添美道近くで防御線を設けており、さらに催涙弾を発射してデモ隊を追い込んだため、デモ隊はシティック・タワーに入るしかないことが判明した[61]。また、独立監察委員会が招聘していた専門家クリフォード・ストット(Clifford Stott)も報告のうち6月12日のデモに関する記述に同意しなかった[60]

デモ隊の占領地域拡大(12日夜)[編集]

警察の攻撃を避けてパシフィック・プレイス中国語版に入ったデモ隊

パシフィック・プレイス中国語版には大勢のデモ隊が警察の攻撃を避けてやってきており、商店は18時より全て営業を停止していた[62]。また、金鐘駅は夕方よりいくつかの出口が閉鎖された後、20時30分には駅全体が閉鎖され、荃湾線港島線はともに金鐘駅にとまらずに通過し、金鐘駅を終点とする南港島線はその前の駅である海洋公園駅を終点とした。これにより南港島線と港島線の連絡が断たれたため、代わりに海洋公園駅と堅尼地城駅の間を臨時バスが走ることとなった[63]

夜には仕事終わりの市民が続々とやってきて、デモ隊の占領地域が再び金鐘中環湾仔の3地域に拡大した[62]

一方、立法会秘書局は18時に12日中に会議を開催しないことを発表した[20]。これは逃亡犯条例改正案の審議が13日以降に延期されることを意味した。その後、13日午後に審議のさらなる延期が発表された[3]

政府によるデモ批判(12日17時 - 20時)[編集]

12日の17時42分、警察は同日のデモを「騒乱」と呼称したプレスリリースを発表したが[64]、21時すぎには「暴動」に改称した[65]。警察は改称の理由を誤訳の訂正とした[66]。13日に行われた警察の記者会見においては警察局長盧偉聡中国語版がデモ隊を「暴徒」であると呼称した[67]。盧は警察が自制していたものの、命の危険にさらされたため武力を行使せざるを得なかったと弁解した[68]

同日19時すぎに放送された林鄭月娥のインタビューでは林が涙ながらに自身が「香港を売る」(賣港)ということをしておらず、潘曉穎殺害事件中国語版を解決させなければならないと述べた[69]。しかし、20時すぎには再び発言して、12日デモを「暴動」であると批判した[70]

デモ隊の撤退(12日19時 - 13日6時)[編集]

12日夜、畢打街中国語版干諾道中中国語版に撤退するデモ隊

19時、警察は金鐘で催涙弾を発射して、デモ隊を金鐘から完全に追い出し、干諾道中中国語版にいたデモ隊約200人は畢打街中国語版に転じた[71][72]

24時になっても1,000人ほどのデモ隊が夏愨道中国語版エディンバラ・プレイス中国語版に集まっていたが[73]、1時になると数十人しか残らず[74]、2時にはごみ掃除をしているデモ隊数名が残っているにすぎなかった[73]。その後、6時に香港政府新庁舎中国語版近辺でデモ隊が全くいないことが確認され[6]、8時すぎには夏慤道中国語版の交通が回復した[75]

警察局長盧偉聡中国語版は13日の記者会見で12日のデモ鎮圧に使用した武器の数を公表した。内訳は催涙弾150発以上、ビーンバッグ弾20発、ゴム弾数発であり、ほかにも警棒唐辛子スプレーが使用されたという[12]。その後、8月12日にデータが更新され、合計で催涙弾240発以上、ビーンバッグ弾約3発、ゴム弾約19発、スポンジ弾英語版約30発を使用したとした[18]

その後[編集]

TelegramへのDDoS攻撃(12日夜)[編集]

デモ隊はインスタントメッセージシステムのTelegram経由で情報共有や議論をしたが、Telegram社は12日夜に「強力な」DDoS攻撃を受けたと発表した。Telegram社の最高経営責任者パーヴェル・ドゥーロフはTelegramに送りつけられたリクエストの大半が中国由来であると発表したが、これに対し中国外交部のスポークスマン耿爽は中国が関与したかどうかについて明言を避け、「中国もネットワーク攻撃の被害者である」と発言した[76]

13日の小規模デモ[編集]

13日9時すぎの小規模デモ

13日の9時すぎ、機動隊により封鎖されていたシティック・タワー中国語版への歩道橋に100人近くのデモ隊が集まり、歩道橋の開放を要求するとともにプラカードを掲げて「撤回」のスローガンを叫んだ。これに対し民主派の立法会議員張超雄中国語版が11時に駆けつけ、13日中に逃亡犯条例改正案の審議が行われないことを確約すると、デモ隊は撤収した[77]。また、12日夜のデモ隊撤収の際に金鐘に残っていた物資を若者が整理したが、この若者を50人以上の警察が囲んで職務質問した。これを目撃した通行人が民主派の議員に連絡すると、譚文豪中国語版梁耀忠中国語版尹兆堅中国語版、張超雄の4人がかけつけた。警察は一時は「指名手配被疑者がいないかを確認している」と弁解したが、最終的には撤収した。また、タマール・パーク中国語版では2人の人物が私服警官を称する人物に持ち物検査を要求され、周りの目撃者が警官に偽物でない証明として私服警官の委任證提示を求めたが、私服警官を称する人物に拒否された[78]

12日夜に一時閉鎖された金鐘駅は13日の14時14分に復旧した[79]。また、一時はデモ隊の多くが集まったパシフィック・プレイス中国語版も13日の始業時間を午後にずらした[80]

13日夜、ソーシャルワーカーとソーシャルワークを専攻する大学生数百人が香港警察本部中国語版に集まり、警察によるデモへの過剰な弾圧を批判し、「警官さん、銃を撃たないで」(阿sir唔好開槍)などのスローガンを叫んだ[81]

14日の集会[編集]

12日の夜、香港のテレビ局無綫電視が林鄭月娥のインタビューを放送、林鄭月娥はインタビューを通じて、「息子がわがままに騒ぎを起こしているのを母が見過ごすことはできない」としてデモを批判した。これに対し「香港のお母さんたちによる請願書」が発され[82]、請願書は発表から16時間後には3万人が署名した[83]。14日の夜にもチャーター・ガーデン中国語版で「香港媽媽反送中集氣大會」(香港のお母さんによる反送中激励大会)が実施され、主催者発表で6,000人以上が、警察発表で980人が参加した[84]

改正案審議の延期とデモ参加者の飛び降り自殺(15日15時 - 21時)[編集]

15日の午後、林鄭月娥は記者会見を行い、逃亡犯条例改正案の審議を「改正案の解説と意見聴取が終わるまで」延期する発表した(ただし、廃案とは発表せず)[85]

16時すぎ、デモに参加した梁凌杰中国語版が背中に「林鄭殺港,黑警冷血[注釈 4] と書かれた黄色のレインコートを着て、パシフィック・プレス中国語版の外壁工事現場に設けられていた仮設足場に「反送中 No Extradition To China」「全面撤回送中,我們不是暴動,釋放學生傷者,林鄭下台,Help Hong Kong[注釈 5] と書かれた懸垂幕を張った[86]。通報を受けた消防士はエアパックを展開したが、梁が突如エアパックが展開されていない箇所から飛び降りたため救援は失敗、梁はラットンジー病院中国語版に緊急搬送されたのち死亡した[87]。同日夜には多くの市民がパシフィック・プレスの外で花を供え、2014年香港反政府デモの計画を立てた人物の1人である朱耀明も花を供えた[88]

16日のデモ[編集]

13日、民間人権陣線中国語版は16日のデモ実施を発表、警察によるデモ隊鎮圧への批判と逃亡犯条例改正案の撤回を目的とした[89][90]

6月12日デモに関する議論[編集]

公立病院の患者プライバシー問題[編集]

12日の9時すぎ、病院管理局中国語版がメールで指令を発し、救急救命室のスタッフにデモ現場から運ばれてきた怪我人を警察、記者、市民、その他の分類で記録するよう命じた[91]

入院したデモ参加者が警察の質問に対し「金鐘から来た」と答えただけで逮捕されたとするデモ参加者の主張があり[92]、これに対し警察は病院でデモ参加者を逮捕したことを認めた[93]。また、病院スタッフからの目撃情報によると、私服警官が病院に派遣され、治療を受けているデモ参加者を逮捕し[94]、さらにデモへの参加により怪我した患者を捕虜用病室(detention ward)に入れるよう要求した[95]

警察が病院でデモ隊を逮捕するという行動に対し、医療業界は強い不快感を示し、多くの業界団体が連名で声明を発表した[96]。声明の内容は警察が病院スタッフを妨害し、患者の治療を遅延させたことを批判するものであり、またこの行為により病院スタッフと患者の間の信頼関係を破壊して、怪我した人が逮捕を恐れて病院に来なくなると批判した[97]。医療業界代表議員の陳沛然中国語版も同様の見解を示し、警察が公立病院でデモ隊を逮捕しようとしたときに病院管理局中国語版が全く止めようとしなかったため、市民は恐怖して公立病院に来なくなると危惧した[98]

公立病院の医者によると、対策としては「怪我と無関係な情報を言わない」ことが挙げられ、「銃撃されたならば、そういえばいい。棒で殴られたならば、そういえばいい。ただし、だれが殴ったのか、どこで怪我したのかは言わないように。」と助言した。また、看護師が警察を連れてきた場合、沈黙するようにとも助言した[99]

15日には未だに公立病院にいる警察に不満を感じたスタッフが「あなたたちはここにいるべきではない。出ていくべきだ。なぜならば、あなたたちは犬であるからだ!」(你哋唔應該喺呢度,你哋行返出去,因為你哋係狗!)と激怒し、警察から患者のいる場所を聞かれた看護師が回答を拒否して、「鼻で嗅いで探せば?」と返答したという事件が起こった[100]

17日、陳沛然が救急救命室のパソコン端末に「警察専用」のページがあり、患者の個人情報に自由にアクセスできることを暴露した[101]

諸国の反応[編集]

中華人民共和国[編集]

中華人民共和国外交部は12日に中国の武装部隊が香港に進軍しているとの噂を否認するとともに、道路占拠が香港の繁栄と安定を損なう行為であるとして批判した[102][103]。13日には12日デモが「暴動」であると発言した[104]。14日、中国外交部は在中国アメリカ臨時代理大使ロバート・W・フォーデン(Robert W. Forden)を召喚し、アメリカが条例改正について「あれこれ言う」ことに不満を示した[105]

在イギリス中国大使中国語版劉曉明中国語版は13日に西側諸国のマスコミがデモ参加者数を誇張して、事実を歪曲したと批判した。また、中国政府が香港政府に法改正を命令しておらず、それを止める権利もないと述べた[106]

また、12日にNHKワールドTVで香港デモが報じられたとき、中国大陸での放送が一時遮断された[107]

台湾(中華民国)[編集]

台湾人権促進会中国語版などの団体は6月12日に台北市で逃亡犯条例改正案の反対集会を開催した。

中華民国総統蔡英文は香港の警察が銃を撃ったことについて驚愕したと述べ、「自由な台湾は香港の自由を支持する」(自由的台灣撐香港的自由)とも述べた[108]大陸委員会は香港に「しばらく向かわない」よう警告を発したが、これは大陸委員会による香港への警告としては史上初だった[109]。また、香港からの難民が政治亡命を申請する場合の対応を検討しているとも述べた[110]

デモより前の11日には外交部次長の徐斯儉中国語版が「これは習近平による台湾版の『一国二制度』宣伝にとって不利である」と述べ、外交部長の呉釗燮中国語版は「あなたたち(香港人)は孤独ではない。台湾はあなたたちの味方だ」と述べた[111]

イギリス[編集]

イギリス政府は香港政府に市民の憂慮に耳を傾けるよう呼び掛けた[112]

アメリカ[編集]

アメリカ合衆国大統領ドナルド・トランプは中国と香港が改正案問題を解決できるとの見解を示し[113]下院議長ナンシー・ペロシ民主党所属)はデモ隊への支持を表明した[102]

中国問題に関する連邦議会・行政府委員会英語版主席ジム・マクガヴァン英語版(民主党所属、マサチューセッツ第2選挙区英語版選出下院議員)は香港人権・民主主義法案の提出を表明した。香港における民主と自由の鎮圧に関わる香港と中国の官僚への制裁としてアメリカへの入国拒否とアメリカにおける資産凍結を骨子とする法案である[114]。また、テッド・クルーズ共和党所属、テキサス州選出上院議員(第1部))とエド・マーキー英語版(民主党所属、マサチューセッツ選出上院議員(第2部))は上院で米国-香港政策法の改正案を提出した[115]

ドイツ[編集]

首相アンゲラ・メルケルのスポークスマンは香港における主なデモが平和に行われたことに喜んだ。一方、ドイツ外務省のスポークスマンは逃亡犯条例が改正された場合、ドイツ・香港間の逃亡犯引き渡し協定が継続できるかについて検討する必要があると述べた[116]

オーストラリア[編集]

オーストラリア外相マリス・ペイン英語版言論の自由を行使する平和なデモ隊への支持を表明し、警察とデモ隊の双方に武力を使用しないよう呼び掛けた。また、オーストラリア国民に対してはデモが行われる場所に行かないよう呼び掛けた[117]

欧州連合[編集]

欧州連合は声明を発表して、香港政府が集会の自由などの人権を尊重する必要があると指摘した。また、逃亡犯条例の改正が香港人、欧州連合の国民、ひいてはその他の国の国民からの香港における商業への信任に深い影響を与えるとも述べた[118]

その他国際団体[編集]

アムネスティ・インターナショナルの香港支部理事長譚万基は警察による武力行使が火に油を注ぐことにしかならないと批判し、警察に武力行使をやめるよう呼び掛けた[119]。21日にはアムネスティ・インターナショナルが12日のデモ鎮圧において警察が不必要かつ過大な武力を使用したとして、国際人権法違反であると指摘した[22]

ジャーナリスト保護委員会は警察が取材妨害を繰り返し、記者の安全を脅かしたとして、状況が「受け入れられない」と批判した。香港の警察からジャーナリスト保護委員会への返答はなかった[120]

過去のデモとの比較[編集]

香港における道路占拠を含むデモは2014年香港反政府デモ2016年香港旺角騒乱が挙げられるが、これらとの違いとしては特定の指導者の不在が挙げられる。2019年6月時点では、2014年デモの指導者のうち黄之鋒戴耀廷は投獄されており、また2016年騒乱の指導者では梁天琦が投獄され、黄台仰中国語版がドイツに亡命していた[121]

また、2014年と2016年のデモと比べて警察側がより多くの警官と装備を用意しており、具体例としてはゴム弾ビーンバッグ弾が挙げられる。また、持ち物検査や記者追い出しもより頻繁に行った[121]

注釈[編集]

  1. ^ 立法会は2015年より警告システムを導入しており、立法会総合ビル前広場やビル周辺にデモ隊が集まった場合に警告を発することができる。警告には黄色と赤色の2種類があり、より軽い警告である黄色警示が発された場合は立法会ビルに入る市民(議員を含む)全員が持ち物検査を受ける必要がある[32]
  2. ^ 香港ではデモを主催する場合は警察に届け出て、警察からデモに反対しないという旨の通告を受け取る必要がある[34]
  3. ^ a b 香港の警察がデモ隊に掲げる旗は主に黄、赤、黒、橙の4種類があり、赤は「これ以上進むな。さもなくば、武力を行使する」の意味[47]。黒は催涙弾を発射する直前の警告。
  4. ^ 訳注:「林鄭が香港を殺す」「黒警中国語版は冷酷無情」の意味。「黒警」は香港の警察による過剰弾圧と「黑社會」(暴力団)との癒着を批判する者が使用する、香港の警察への呼称。
  5. ^ 訳注:中国語の部分は「送中(逃亡犯条例改正案)の全面撤回」「私たちは暴動をしていない」「学生の怪我人を釈放せよ」「林鄭は辞任せよ」の意味。

出典[編集]

  1. ^ a b c “【逃犯條例‧夏慤道持續更新】示威者掘磚 警施胡椒噴霧驅趕”. 香港01. (2019-06-12-13). https://www.hk01.com/突發/339619/%E9%80%83%E7%8A%AF%E6%A2%9D%E4%BE%8B-%E5%A4%8F%E6%85%A4%E9%81%93%E6%8C%81%E7%BA%8C%E6%9B%B4%E6%96%B0-%E7%A4%BA%E5%A8%81%E8%80%85%E6%8E%98%E7%A3%9A-%E8%AD%A6%E6%96%BD%E8%83%A1%E6%A4%92%E5%99%B4%E9%9C%A7%E9%A9%85%E8%B6%95 2019年6月12日閲覧。 
  2. ^ “衝擊立法會:金鐘道4私家車疑似堵路 警方強烈譴責”. on.cc東網. (2019年6月12日). https://hk.on.cc/hk/bkn/cnt/news/20190612/bkn-20190612093741090-0612_00822_001.html 2019年6月12日閲覧。 
  3. ^ a b “【反送中】反送中示威持續 警方至今拘捕最少11人【不斷更新】”. 香港經濟日報. (2019年6月13日). https://topick.hket.com/article/2375516/%E3%80%90%E5%8F%8D%E9%80%81%E4%B8%AD%E3%80%91%E5%8F%8D%E9%80%81%E4%B8%AD%E7%A4%BA%E5%A8%81%E6%8C%81%E7%BA%8C%E3%80%80%E8%AD%A6%E6%96%B9%E8%87%B3%E4%BB%8A%E6%8B%98%E6%8D%95%E6%9C%80%E5%B0%9111%E4%BA%BA%E3%80%90%E4%B8%8D%E6%96%B7%E6%9B%B4%E6%96%B0%E3%80%91?mtc=20023 2019年6月13日閲覧。 
  4. ^ a b “【反送中】林鄭月娥宣佈暫緩修訂逃犯條例 令社會盡快回復平靜【不斷更新】”. 香港經濟日報. (2019年6月15日). https://topick.hket.com/article/2377566/%E3%80%90%E5%8F%8D%E9%80%81%E4%B8%AD%E3%80%91%E6%9E%97%E9%84%AD%E6%9C%88%E5%A8%A5%E5%AE%A3%E4%BD%88%E6%9A%AB%E7%B7%A9%E4%BF%AE%E8%A8%82%E9%80%83%E7%8A%AF%E6%A2%9D%E4%BE%8B%E3%80%80%E4%BB%A4%E7%A4%BE%E6%9C%83%E7%9B%A1%E5%BF%AB%E5%9B%9E%E5%BE%A9%E5%B9%B3%E9%9D%9C%E3%80%90%E4%B8%8D%E6%96%B7%E6%9B%B4%E6%96%B0%E3%80%91 2019年6月15日閲覧。 
  5. ^ a b “【逃犯條例】盧偉聰:拘11人22警傷 施放約150催淚彈”. 明報. (2019年6月13日). オリジナルの2019年6月14日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20190614140021/https://news.mingpao.com/ins/%e6%b8%af%e8%81%9e/article/20190613/s00001/1560418555400/%e3%80%90%e9%80%83%e7%8a%af%e6%a2%9d%e4%be%8b%e3%80%91%e7%9b%a7%e5%81%89%e8%81%b0-%e6%8b%9811%e4%ba%ba22%e8%ad%a6%e5%82%b7-%e6%96%bd%e6%94%be%e7%b4%84150%e5%82%ac%e6%b7%9a%e5%bd%88 2019年6月13日閲覧。 
  6. ^ a b c d e f “警方開槍鎮壓示威 72人傷2嚴重”. 苹果日报. (2019年6月12日). オリジナルの2019年6月12日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20190612105601/https://hk.news.appledaily.com/breaking/realtime/article/20190612/59705278 2019年6月12日閲覧。 (要登録)
  7. ^ “【包圍立法會】逾10名牧師手牽手站在警方與示威者中間 盼警勿對學生動武”. 香港經濟日報. (2019年6月13日). オリジナルの2019年6月14日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20190614012112/https://topick.hket.com/article/2374684/%E3%80%90%E5%8C%85%E5%9C%8D%E7%AB%8B%E6%B3%95%E6%9C%83%E3%80%91%E9%80%BE10%E5%90%8D%E7%89%A7%E5%B8%AB%E6%89%8B%E7%89%BD%E6%89%8B%E7%AB%99%E5%9C%A8%E8%AD%A6%E6%96%B9%E8%88%87%E7%A4%BA%E5%A8%81%E8%80%85%E4%B8%AD%E9%96%93%E3%80%80%E7%9B%BC%E8%AD%A6%E5%8B%BF%E5%B0%8D%E5%AD%B8%E7%94%9F%E5%8B%95%E6%AD%A6 2019年6月13日閲覧。 
  8. ^ “【逃犯條例】政府內部總結:有人想在香港搞顏色革命 絕不讓步”. 香港01. (2019年6月13日). https://www.hk01.com/%E6%94%BF%E6%83%85/339922/%E9%80%83%E7%8A%AF%E6%A2%9D%E4%BE%8B-%E6%94%BF%E5%BA%9C%E5%85%A7%E9%83%A8%E7%B8%BD%E7%B5%90-%E6%9C%89%E4%BA%BA%E6%83%B3%E5%9C%A8%E9%A6%99%E6%B8%AF%E6%90%9E%E9%A1%8F%E8%89%B2%E9%9D%A9%E5%91%BD-%E7%B5%95%E4%B8%8D%E8%AE%93%E6%AD%A5 2019年6月13日閲覧。 
  9. ^ “民陣籲圍立會 5000警佈防 警內部評估衝突可「近乎旺暴」”. 明報. (2019年6月12日). オリジナルの2019年6月12日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20190612132851/https://news.mingpao.com/pns/%e8%a6%81%e8%81%9e/article/20190612/s00001/1560279387732/%e6%b0%91%e9%99%a3%e7%b1%b2%e5%9c%8d%e7%ab%8b%e6%9c%83-5000%e8%ad%a6%e4%bd%88%e9%98%b2-%e8%ad%a6%e5%85%a7%e9%83%a8%e8%a9%95%e4%bc%b0%e8%a1%9d%e7%aa%81%e5%8f%af%e3%80%8c%e8%bf%91%e4%b9%8e%e6%97%ba%e6%9a%b4%e3%80%8d 2019年6月13日閲覧。 
  10. ^ “【反送中】反送中示威81人受傷送院 警方以暴動相關罪行拘捕最少11人【不斷更新】”. 香港經濟日報. (2019年6月13日). オリジナルの2019年6月14日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20190614191115/https://topick.hket.com/article/2375516/%E3%80%90%E5%8F%8D%E9%80%81%E4%B8%AD%E3%80%91%E5%8F%8D%E9%80%81%E4%B8%AD%E7%A4%BA%E5%A8%8181%E4%BA%BA%E5%8F%97%E5%82%B7%E9%80%81%E9%99%A2%E3%80%80%E8%AD%A6%E6%96%B9%E4%BB%A5%E6%9A%B4%E5%8B%95%E7%9B%B8%E9%97%9C%E7%BD%AA%E8%A1%8C%E6%8B%98%E6%8D%95%E6%9C%80%E5%B0%9111%E4%BA%BA%E3%80%90%E4%B8%8D%E6%96%B7%E6%9B%B4%E6%96%B0%E3%80%91 2019年6月13日閲覧。 
  11. ^ “金鐘衝突傷者增至79人最年輕15歲 2人傷勢嚴重”. 香港電台. (2019年6月13日). オリジナルの2019年6月13日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20190613120159/https://news.rthk.hk/rthk/ch/component/k2/1462574-20190613.htm 2019年6月13日閲覧。 
  12. ^ a b “【逃犯條例.持續更新】直播一哥盧偉聰記招 放逾150枚催淚彈”. 香港01. (2019年6月13日). https://www.hk01.com/%E7%AA%81%E7%99%BC/340227/%E9%80%83%E7%8A%AF%E6%A2%9D%E4%BE%8B-%E6%8C%81%E7%BA%8C%E6%9B%B4%E6%96%B0-%E7%9B%B4%E6%92%AD%E4%B8%80%E5%93%A5%E7%9B%A7%E5%81%89%E8%81%B0%E8%A8%98%E6%8B%9B-%E6%94%BE%E9%80%BE150%E6%9E%9A%E5%82%AC%E6%B7%9A%E5%BD%88 2019年6月13日閲覧。 
  13. ^ “【逃犯條例】6.12被捕人數增至32人五涉暴動 盧偉聰指會檢討行動”. 香港01. (2019年6月17日). オリジナルの2019年6月17日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20190617193028/https://www.hk01.com/%E7%AA%81%E7%99%BC/341688/%E9%80%83%E7%8A%AF%E6%A2%9D%E4%BE%8B-6-12%E8%A2%AB%E6%8D%95%E4%BA%BA%E6%95%B8%E5%A2%9E%E8%87%B332%E4%BA%BA%E4%BA%94%E6%B6%89%E6%9A%B4%E5%8B%95-%E7%9B%A7%E5%81%89%E8%81%B0%E6%8C%87%E6%9C%83%E6%AA%A2%E8%A8%8E%E8%A1%8C%E5%8B%95 2019年6月18日閲覧。 
  14. ^ “逃犯條例:涉遊蕩被捕 7男1女獲無條件釋放”. 東方日報. (2019年6月18日). https://hk.on.cc/hk/bkn/cnt/news/20190618/bkn-20190618211922866-0618_00822_001.html 2019年6月18日閲覧。 
  15. ^ a b “【逃犯條例.多圖】記錄612衝突瞬間 重組示威者警方攻防時序”. 香港01. (2019年6月23日). オリジナルの2019年6月29日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20190629060417/https://www.hk01.com/%E7%A4%BE%E6%9C%83%E6%96%B0%E8%81%9E/343590/%E9%80%83%E7%8A%AF%E6%A2%9D%E4%BE%8B-%E5%A4%9A%E5%9C%96-%E8%A8%98%E9%8C%84612%E8%A1%9D%E7%AA%81%E7%9E%AC%E9%96%93-%E9%87%8D%E7%B5%84%E7%A4%BA%E5%A8%81%E8%80%85%E8%AD%A6%E6%96%B9%E6%94%BB%E9%98%B2%E6%99%82%E5%BA%8F 2019年6月29日閲覧。 
  16. ^ “金鐘警民衝突 至少22人送院”. 信報. (2019年6月12日). オリジナルの2019年7月6日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20190706175918/https://www2.hkej.com/instantnews/current/article/2161320/%25E9%2587%2591%25E9%2590%2598%25E8%25AD%25A6%25E6%25B0%2591%25E8%25A1%259D%25E7%25AA%2581%2B%25E8%2587%25B3%25E5%25B0%259122%25E4%25BA%25BA%25E9%2580%2581%25E9%2599%25A2 2019年6月12日閲覧。 
  17. ^ “反《逃犯條例》修訂市民佔領金鐘多條主要道路 警方發射逾150催淚彈清場”. 端傳媒. (2019年6月12日). https://theinitium.com/article/20190612-hongkong-extradition-bill-protest-legco/ 2019年6月12日閲覧。 
  18. ^ a b “警承認曾用已過「最佳效能期限」催淚彈 稱不造成危險”. rthk. (2019年8月12日). https://news.rthk.hk/rthk/ch/component/k2/1474222-20190812.htm 2019年8月12日閲覧。 
  19. ^ “衝擊立法會:早上亂局 一片睇晒”. on.cc東網. (2019年6月12日). https://hk.on.cc/hk/bkn/cnt/news/20190612/bkn-20190612123558592-0612_00822_001.html?eventsection=hk_news&eventid=4028828d62039fca01621f88f7b810ea 2019年6月12日閲覧。 
  20. ^ a b 【逃犯條例】修例恢復二讀再押後!秘書處文件:會議不會今天舉行”. 香港01 (2019年6月13日). 2019年6月13日閲覧。
  21. ^ “【逃犯條例】林鄭宣布暫緩修訂逃犯條例 解說後整合意見徵詢議員決定下一步 (15:20)”. 明報. (2019年6月15日). https://news.mingpao.com/ins/%E6%B8%AF%E8%81%9E/article/20190615/s00001/1560581842143/%E3%80%90%E9%80%83%E7%8A%AF%E6%A2%9D%E4%BE%8B%E3%80%91%E6%9E%97%E9%84%AD%E5%AE%A3%E5%B8%83%E6%9A%AB%E7%B7%A9%E4%BF%AE%E8%A8%82%E9%80%83%E7%8A%AF%E6%A2%9D%E4%BE%8B-%E8%A7%A3%E8%AA%AA%E5%BE%8C%E6%95%B4%E5%90%88%E6%84%8F%E8%A6%8B%E5%BE%B5%E8%A9%A2%E8%AD%B0%E5%93%A1%E6%B1%BA%E5%AE%9A%E4%B8%8B%E4%B8%80%E6%AD%A5 2019年6月15日閲覧。 
  22. ^ a b HOW NOT TO POLICE A PROTEST: UNLAWFUL USE OF FORCE BY HONG KONG POLICE”. アムネスティ・インターナショナル (2019年6月21日). 2019年6月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年6月21日閲覧。
  23. ^ “民陣批評政府如玩「極限挑戰」 將會持續舉行集會”. 香港電台. (2019年6月10日). オリジナルの2019年6月11日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20190611135630/https://news.rthk.hk/rthk/ch/component/k2/1461889-20190610.htm 2019年6月10日閲覧。 
  24. ^ “泛民力阻修例 民陣號召圍堵 立會抗爭 明日內外開戰”. 蘋果日報. (2019年6月11日). https://hk.news.appledaily.com/local/daily/article/20190611/20700938 2019年6月11日閲覧。 (要登録)
  25. ^ 【逃犯條例】7間大專院校學生會表明612罷課 呼籲明早出席立法會外集會
  26. ^ a b 【引渡惡法】今晚1000警出動 港島應變大隊+速龍小隊駐防立法會”. Apple Daily 蘋果日報. 2019年7月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年7月6日閲覧。
  27. ^ “多名警員金鐘站檢查市民身份證及搜袋 引起市民不滿”. 香港電台. (2019年6月11日). オリジナルの2019年6月12日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20190612141615/https://news.rthk.hk/rthk/ch/component/k2/1462171-20190611.htm 2019年6月11日閲覧。 
  28. ^ a b 楊婉婷、魯嘉裕、黃廸雯 (2019年6月11日). “【逃犯條例】冒雨準備集會 金鐘站氣氛緊張 多名青年被警搜身”. 香港01. オリジナルの2019年6月30日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20190630185200/https://www.hk01.com/%E7%AA%81%E7%99%BC/339530/%E9%80%83%E7%8A%AF%E6%A2%9D%E4%BE%8B-%E5%86%92%E9%9B%A8%E6%BA%96%E5%82%99%E9%9B%86%E6%9C%83-%E9%87%91%E9%90%98%E7%AB%99%E6%B0%A3%E6%B0%9B%E7%B7%8A%E5%BC%B5-%E5%A4%9A%E5%90%8D%E9%9D%92%E5%B9%B4%E8%A2%AB%E8%AD%A6%E6%90%9C%E8%BA%AB 2019年6月11日閲覧。 
  29. ^ 【逃犯條例】金鐘站大批警員進駐 截查市民身份證兼搜身搜袋”. 香港經濟日報 (2019年6月11日). 2019年6月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年6月12日閲覧。
  30. ^ 【逃犯條例.短片】金鐘站大批警員截查市民搜袋 民陣人權監察譴責濫權”. 明報 (2019年6月11日). 2019年6月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年6月12日閲覧。
  31. ^ “【逃犯條例】政總外警員守候 添馬公園草地圍封 現場氣氛緊張”. 香港01. (2019年6月11日). https://www.hk01.com/%E6%94%BF%E6%83%85/339204/%E9%80%83%E7%8A%AF%E6%A2%9D%E4%BE%8B-%E6%94%BF%E7%B8%BD%E5%A4%96%E8%AD%A6%E5%93%A1%E5%AE%88%E5%80%99-%E6%B7%BB%E9%A6%AC%E5%85%AC%E5%9C%92%E8%8D%89%E5%9C%B0%E5%9C%8D%E5%B0%81-%E7%8F%BE%E5%A0%B4%E6%B0%A3%E6%B0%9B%E7%B7%8A%E5%BC%B5 2019年6月13日閲覧。 
  32. ^ “立法會發出黃色警示 警員入大樓布防” (中国語). now新聞. (2019年6月12日). https://news.now.com/home/local/player?newsId=351375 2020年6月12日閲覧。 
  33. ^ “【引渡惡法●三罷】門常開變禁區!立會示威區公民廣場封閉 警員遍佈金鐘”. 蘋果日報. (2019年6月11日). オリジナルの2019年6月12日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20190612123041/https://hk.news.appledaily.com/local/realtime/article/20190611/59701666 2019年6月13日閲覧。 (要登録)
  34. ^ 法政匯思 (2019年7月26日). “警方反對遊行通知書懶人包” (中国語). 立場新聞. https://www.thestandnews.com/politics/%E8%AD%A6%E6%96%B9%E5%8F%8D%E5%B0%8D%E9%81%8A%E8%A1%8C%E9%80%9A%E7%9F%A5%E6%9B%B8%E6%87%B6%E4%BA%BA%E5%8C%85/ 
  35. ^ “【逃犯條例】基督徒通宵唱聖詩到天亮 網民:一路喊住聽喊住唱”. 香港01. (2019年6月11日). https://www.hk01.com/%E7%86%B1%E7%88%86%E8%A9%B1%E9%A1%8C/339714/%E9%80%83%E7%8A%AF%E6%A2%9D%E4%BE%8B-%E5%9F%BA%E7%9D%A3%E5%BE%92%E9%80%9A%E5%AE%B5%E5%94%B1%E8%81%96%E8%A9%A9%E5%88%B0%E5%A4%A9%E4%BA%AE-%E7%B6%B2%E6%B0%91-%E4%B8%80%E8%B7%AF%E5%96%8A%E4%BD%8F%E8%81%BD%E5%96%8A%E4%BD%8F%E5%94%B1 2019年6月13日閲覧。 
  36. ^ “【逃犯條例】集會資訊混亂 學生市民自發製作資訊頻道通消息 ”. 香港01. (2019年6月12日). https://www.hk01.com/18%E5%8D%80%E6%96%B0%E8%81%9E/339759/%E9%80%83%E7%8A%AF%E6%A2%9D%E4%BE%8B-%E9%9B%86%E6%9C%83%E8%B3%87%E8%A8%8A%E6%B7%B7%E4%BA%82-%E5%AD%B8%E7%94%9F%E5%B8%82%E6%B0%91%E8%87%AA%E7%99%BC%E8%A3%BD%E4%BD%9C%E8%B3%87%E8%A8%8A%E9%A0%BB%E9%81%93%E9%80%9A%E6%B6%88%E6%81%AF 2019年6月14日閲覧。 
  37. ^ “市民於添馬公園聚集 警方戒備”. 香港電台. (2019年6月11日). オリジナルの2019年6月12日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20190612122227/https://news.rthk.hk/rthk/ch/component/k2/1462189-20190611.htm 2019年6月13日閲覧。 
  38. ^ “「免於被擄的恐懼,同為這城求平安」祈禱運動 facebook 宣傳”. 香港基督教教牧聯署籌委會. (2019年6月11日). https://www.facebook.com/2323884767657341/photos/a.2340787742633710/2339068662805618/?type=3&theater 2019年6月13日閲覧。 
  39. ^ 【逃犯條例】金鐘佔領行動遍地開花 司機「和平撞車」死火癱瘓交通,晴報,2019-06-12
  40. ^ 【包圍立法會】人海反送中城巴「堵塞」告士打道 網民:有良心的司機 - 香港經濟日報 - TOPick - 新聞 - 社會”. topick.hket.com. 2019年7月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年7月6日閲覧。
  41. ^ 【逃犯條例】立法會工務小組委員會會議取消”. 頭條日報 (2019年6月12日). 2019年6月13日閲覧。
  42. ^ 立法會工務小組委員會早上會議取消”. 香港电台 (2019年6月12日). 2019年6月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年6月13日閲覧。
  43. ^ “【佔領】立法會秘書處:會議未能準時開始,梁君彥決定「稍後時間」才開會”. (2019年6月12日). オリジナルの2019年6月12日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20190612142713/https://thestandnews.com/politics/6-12-%E4%BD%94%E9%A0%98-%E7%AB%8B%E6%B3%95%E6%9C%83%E7%A7%98%E6%9B%B8%E8%99%95-%E6%9C%83%E8%AD%B0%E6%9C%AA%E8%83%BD%E6%BA%96%E6%99%82%E9%96%8B%E5%A7%8B-%E6%A2%81%E5%90%9B%E5%BD%A5%E6%B1%BA%E5%AE%9A-%E7%A8%8D%E5%BE%8C%E6%99%82%E9%96%93-%E6%89%8D%E9%96%8B%E6%9C%83/ 2019年6月12日閲覧。 
  44. ^ “更改立法會會議時間”. (2019年6月12日). https://www.legco.gov.hk/yr18-19/chinese/press/pr20190612-3.html 2019年6月12日閲覧。 
  45. ^ “【引渡惡法】建制派全日潛水唔見人 傳入住警方「安全屋」”. (2019年6月12日). https://hk.news.appledaily.com/local/realtime/article/20190612/59707858 2019年6月12日閲覧。 (要登録)
  46. ^ a b c d “【逃犯條例】牧師傳道人親歷衝突 譴責暴力鎮壓和平示威”. 明報. (2019年6月13日). オリジナルの2019年6月14日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20190614130921/https://news.mingpao.com/ins/%e6%b8%af%e8%81%9e/article/20190613/s00001/1560422806992/%e3%80%90%e9%80%83%e7%8a%af%e6%a2%9d%e4%be%8b%e3%80%91%e7%89%a7%e5%b8%ab%e5%82%b3%e9%81%93%e4%ba%ba%e8%a6%aa%e6%ad%b7%e8%a1%9d%e7%aa%81-%e8%ad%b4%e8%b2%ac%e6%9a%b4%e5%8a%9b%e9%8e%ae%e5%a3%93%e5%92%8c%e5%b9%b3%e7%a4%ba%e5%a8%81 2019年6月15日閲覧。 
  47. ^ “解放軍發片 廣東話叫「後果自負」” (中国語). 蘋果日報. (2019年8月1日). https://hk.appledaily.com/local/20190801/2HUY5Z5V3P2PG3Z226A4GXTOUU/ 2020年6月12日閲覧。 
  48. ^ “立會示威區外示威者衝擊警方防線”. 信報. (2019年6月12日). https://www2.hkej.com/instantnews/current/article/2160999/%E7%AB%8B%E6%9C%83%E7%A4%BA%E5%A8%81%E5%8D%80%E5%A4%96%E7%A4%BA%E5%A8%81%E8%80%85%E8%A1%9D%E6%93%8A%E8%AD%A6%E6%96%B9%E9%98%B2%E7%B7%9A 2019年6月13日閲覧。 
  49. ^ a b c d “【逃犯條例.不斷更新‧短片+多圖】警方定性「暴動」 泛民:立法會今日不會開大會”. 明報. (2019年6月12日). https://news.mingpao.com/ins/%e6%b8%af%e8%81%9e/article/20190612/s00001/1560296192111/%e3%80%90%e9%80%83%e7%8a%af%e6%a2%9d%e4%be%8b-%e4%b8%8d%e6%96%b7%e6%9b%b4%e6%96%b0-%e7%9f%ad%e7%89%87-%e5%a4%9a%e5%9c%96%e3%80%91%e8%ad%a6%e6%96%b9%e5%ae%9a%e6%80%a7%e3%80%8c%e6%9a%b4%e5%8b%95%e3%80%8d-%e6%b3%9b%e6%b0%91-%e7%ab%8b%e6%b3%95%e6%9c%83%e4%bb%8a%e6%97%a5%e4%b8%8d%e6%9c%83%e9%96%8b%e5%a4%a7%e6%9c%83 2019年6月12日閲覧。 
  50. ^ 民權觀察:收 35 宗投訴個案 和平示威者被警棍盾牌襲擊 倒地後仍被拳打腳踢”. 2019年6月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年7月2日閲覧。
  51. ^ 【逃犯條例】民權觀察接49宗投訴涉警濫暴 有人倒地後遭拳打腳踢”. 2019年7月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年7月2日閲覧。
  52. ^ “反送中》中槍影片曝光 香港示威者:右眼完全看不到”. 自由時報. (2019年6月12日). オリジナルの2019年6月12日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20190612123056/https://m.ltn.com.tw/news/world/breakingnews/2820169 2019年6月12日閲覧。 
  53. ^ 公開徵求事發片段 6.12 右眼失明男教師 擬控警務處索償 | 立場報道 | 立場新聞” (英語). 立場新聞 Stand News. 2020年1月5日閲覧。
  54. ^ 本台發言人稱外判司機疑被催淚彈擊中 一度心臟停頓 アーカイブ 2019年6月13日 - ウェイバックマシン,香港電台,2019-06-12
  55. ^ “保安拒民主派入立法會”. (2019年6月13日). オリジナルの2019年6月16日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20190616195316/https://hk.news.appledaily.com/local/daily/article/20190613/20702744 2019年6月13日閲覧。 (要登録)
  56. ^ Vanderklippe, Nathan (2019年6月14日). “Hong Kong’s resistance in 16 seconds: ‘If there is ever a video to give you hope for civil disobedience, then this is it’” (英語). The Globe and Mail. https://www.theglobeandmail.com/world/article-hong-kong-protest-video/ 2020年6月12日閲覧。 
  57. ^ a b c “【引渡惡法】中信圍困真相!警狂轟催淚彈暴力驅散數百人 空拍證險釀人踩人慘劇”. 蘋果日報. (2019年6月18日). オリジナルの2019年6月18日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20190618162420/https://hk.news.appledaily.com/local/realtime/article/20190618/59730220 2019年6月18日閲覧。 
  58. ^ a b “【逃犯條例】催淚煙困中信大廈 中年男憶千人「生死一刻」”. 香港01. (2019年6月15日). オリジナルの2019年6月19日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20190619191218/https://www.hk01.com/%E7%AA%81%E7%99%BC/341093/%E9%80%83%E7%8A%AF%E6%A2%9D%E4%BE%8B-%E5%82%AC%E6%B7%9A%E7%85%99%E5%9B%B0%E4%B8%AD%E4%BF%A1%E5%A4%A7%E5%BB%88-%E4%B8%AD%E5%B9%B4%E7%94%B7%E6%86%B6%E5%8D%83%E4%BA%BA-%E7%94%9F%E6%AD%BB%E4%B8%80%E5%88%BB 2019年6月15日閲覧。 
  59. ^ a b 石斛 (2019年6月15日). “記 6.12 中信樓內的憤怒與恐懼”. 立場新聞. オリジナルの2019年6月16日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20190616141835/https://thestandnews.com/politics/%E8%A8%98-6-12-%E4%B8%AD%E4%BF%A1%E6%A8%93%E5%85%A7%E7%9A%84%E6%86%A4%E6%80%92%E8%88%87%E6%81%90%E6%87%BC/ 2019年6月17日閲覧。 
  60. ^ a b “【專訪】前國際專家:監警會監察職能存根本問題 反修例衝突報告下月底發表”. Now新聞台. (2020年6月11日). https://news.now.com/home/local/player?newsId=394012 2020年6月11日閲覧。 
  61. ^ “【Fact Check】612中信圍困警方向監警會指添美道「暢通無阻」 片段證催淚彈夾擊無路走”. 傳真社. https://www.factwire.org/investigation/%E3%80%90fact-check%E3%80%91612%E4%B8%AD%E4%BF%A1%E5%9C%8D%E5%9B%B0%E8%AD%A6%E6%96%B9%E5%90%91%E7%9B%A3%E8%AD%A6%E6%9C%83%E6%8C%87%E6%B7%BB%E7%BE%8E%E9%81%93%E3%80%8C%E6%9A%A2%E9%80%9A%E7%84%A1/ 2020年6月11日閲覧。 
  62. ^ a b “【6.12 佔領】警屢放催淚彈 佔領行動蔓延至中環 數千人仍留守”. 立場新聞. (2019年6月12日). オリジナルの2019年6月13日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20190613154649/https://thestandnews.com/politics/6-12-%E4%BD%94%E9%A0%98-%E8%AD%A6%E5%B1%A2%E6%94%BE%E5%82%AC%E6%B7%9A%E5%BD%88-%E4%BD%94%E9%A0%98%E8%A1%8C%E5%8B%95%E8%94%93%E5%BB%B6%E8%87%B3%E4%B8%AD%E7%92%B0-%E6%95%B8%E5%8D%83%E4%BA%BA%E4%BB%8D%E7%95%99%E5%AE%88/ 2019年6月13日閲覧。 
  63. ^ “港鐵:金鐘站8時半關閉 海洋公園至堅尼地城站安排接駁巴士 (20:29)”. 明報. (2019年6月12日). オリジナルの2019年6月13日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20190613175704/https://news.mingpao.com/ins/%e6%b8%af%e8%81%9e/article/20190612/s00001/1560328627316/%e6%b8%af%e9%90%b5-%e9%87%91%e9%90%98%e7%ab%998%e6%99%82%e5%8d%8a%e9%97%9c%e9%96%89-%e6%b5%b7%e6%b4%8b%e5%85%ac%e5%9c%92%e8%87%b3%e5%a0%85%e5%b0%bc%e5%9c%b0%e5%9f%8e%e7%ab%99%e5%ae%89%e6%8e%92%e6%8e%a5%e9%a7%81%e5%b7%b4%e5%a3%ab 2019年6月15日閲覧。 
  64. ^ 【引渡惡法】盧偉聰將今次事件定性為騷亂 籲市民勿進入金鐘”. Apple Daily 蘋果日報. 2019年6月12日閲覧。(要登録)
  65. ^ 警方再發新聞稿用上「暴動」一詞 譴責示威者暴力行為 - RTHK” (中国語). news.rthk.hk. 2019年6月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年6月12日閲覧。
  66. ^ 【逃犯條例】原稱「騷亂」後改口「暴動」 盧偉聰指自己翻譯不好”. 香港01. 2019年6月13日閲覧。
  67. ^ “【引渡惡法●3大平台直播】記者戴頭盔抗議警方濫用暴力 一哥開記招再撐警用催淚彈橡膠彈:低殺傷力”. 蘋果日報. (2019年6月13日). https://hk.news.appledaily.com/local/realtime/article/20190613/59711554 (要登録)
  68. ^ “【逃犯條例】驅散示威者行動拘捕11人 盧偉聰:警方已很克制”. 頭條日報. (2019年6月13日). https://hd.stheadline.com/news/realtime/hk/1522353/ 2019年6月15日閲覧。 
  69. ^ 晚報:林鄭月娥接受TVB專訪,哽咽強調沒有賣港、從未為推動修例感心虛”. theinitium.com. 2019年6月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年6月12日閲覧。
  70. ^ 林鄭月娥強烈譴責金鐘有人公然發動暴動 - RTHK” (中国語). 香港電台. 2019年6月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年6月12日閲覧。
  71. ^ “【逃犯條例】警四小時發催淚彈 戰線擴散 消息﹕今不清場”. 香港01. (2019年6月12日). https://www.hk01.com/%E7%AA%81%E7%99%BC/339940/%E9%80%83%E7%8A%AF%E6%A2%9D%E4%BE%8B-%E8%AD%A6%E5%9B%9B%E5%B0%8F%E6%99%82%E7%99%BC%E5%82%AC%E6%B7%9A%E5%BD%88-%E6%88%B0%E7%B7%9A%E6%93%B4%E6%95%A3-%E6%B6%88%E6%81%AF-%E4%BB%8A%E4%B8%8D%E6%B8%85%E5%A0%B4 2019年6月13日閲覧。 
  72. ^ “高峰4萬人 入夜數百人退守中環 警目標保立會 暫不清場”. 明報. (2019年6月13日). オリジナルの2019年6月14日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20190614003512/https://news.mingpao.com/pns/%e8%a6%81%e8%81%9e/article/20190613/s00001/1560365252043/%e9%ab%98%e5%b3%b04%e8%90%ac%e4%ba%ba-%e5%85%a5%e5%a4%9c%e6%95%b8%e7%99%be%e4%ba%ba%e9%80%80%e5%ae%88%e4%b8%ad%e7%92%b0-%e8%ad%a6%e7%9b%ae%e6%a8%99%e4%bf%9d%e7%ab%8b%e6%9c%83-%e6%9a%ab%e4%b8%8d%e6%b8%85%e5%a0%b4 2019年6月13日閲覧。 
  73. ^ a b “【引渡惡法】市民凌晨撤離 馬路執垃圾歸還設路障建材”. 蘋果日報. (2019年6月13日). オリジナルの2019年6月12日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20190612233725/https://hk.news.appledaily.com/local/realtime/article/20190613/59707720 2019年6月13日閲覧。 (要登録)
  74. ^ “【逃犯條例.不斷更新.多圖】金鐘站早上續關閉 政總今明暫停開放 (07:36)”. 明報. (2019年6月13日). https://news.mingpao.com/ins/%E6%B8%AF%E8%81%9E/article/20190613/s00001/1560362861496/%E3%80%90%E9%80%83%E7%8A%AF%E6%A2%9D%E4%BE%8B-%E4%B8%8D%E6%96%B7%E6%9B%B4%E6%96%B0-%E5%A4%9A%E5%9C%96%E3%80%91%E9%87%91%E9%90%98%E7%AB%99%E6%97%A9%E4%B8%8A%E7%BA%8C%E9%97%9C%E9%96%89-%E6%94%BF%E7%B8%BD%E4%BB%8A%E6%98%8E%E6%9A%AB%E5%81%9C%E9%96%8B%E6%94%BE 2019年6月13日閲覧。 
  75. ^ “夏慤道往金鐘方向已通車 未有示威者聚集”. 香港電台. (2019年6月13日). オリジナルの2019年6月13日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20190613120118/https://news.rthk.hk/rthk/ch/component/k2/1462538-20190613.htm 2019年6月13日閲覧。 
  76. ^ “Telegram總裁稱遭中國「國家級」網攻 指事關港修例”. 明報. (2019年6月14日). オリジナルの2019年6月14日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20190614145426/https://news.mingpao.com/pns/%e8%a6%81%e8%81%9e/article/20190614/s00001/1560451166232/telegram%e7%b8%bd%e8%a3%81%e7%a8%b1%e9%81%ad%e4%b8%ad%e5%9c%8b%e3%80%8c%e5%9c%8b%e5%ae%b6%e7%b4%9a%e3%80%8d%e7%b6%b2%e6%94%bb-%e6%8c%87%e4%ba%8b%e9%97%9c%e6%b8%af%e4%bf%ae%e4%be%8b 2019年6月14日閲覧。 
  77. ^ “【逃犯條例】中信示威者悉會議取消和平散去 警配長槍防暴盾戒備”. 香港01. (2019年6月13日). オリジナルの2019年6月14日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20190614173214/https://www.hk01.com/%E7%AA%81%E7%99%BC/340044/%E9%80%83%E7%8A%AF%E6%A2%9D%E4%BE%8B-%E4%B8%AD%E4%BF%A1%E7%A4%BA%E5%A8%81%E8%80%85%E6%82%89%E6%9C%83%E8%AD%B0%E5%8F%96%E6%B6%88%E5%92%8C%E5%B9%B3%E6%95%A3%E5%8E%BB-%E8%AD%A6%E9%85%8D%E9%95%B7%E6%A7%8D%E9%98%B2%E6%9A%B4%E7%9B%BE%E6%88%92%E5%82%99 2019年6月14日閲覧。 
  78. ^ “【逃犯條例】6月11至14日局勢動態 從佔領到清場一文全覽”. 香港01. (2019年6月13日). https://www.hk01.com/%E6%94%BF%E6%83%85/339557/%E9%80%83%E7%8A%AF%E6%A2%9D%E4%BE%8B-6%E6%9C%8811%E8%87%B314%E6%97%A5%E5%B1%80%E5%8B%A2%E5%8B%95%E6%85%8B-%E5%BE%9E%E4%BD%94%E9%A0%98%E5%88%B0%E6%B8%85%E5%A0%B4%E4%B8%80%E6%96%87%E5%85%A8%E8%A6%BD 2020年6月13日閲覧。 
  79. ^ “【逃犯條例.不斷更新.多圖】港大李國賢堂舍監確認兩名宿生早前被捕 (23:30)”. 明報. (2019年6月13日). オリジナルの2019年6月14日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20190614130552/https://news.mingpao.com/ins/%e6%b8%af%e8%81%9e/article/20190613/s00001/1560362861496/%e3%80%90%e9%80%83%e7%8a%af%e6%a2%9d%e4%be%8b-%e4%b8%8d%e6%96%b7%e6%9b%b4%e6%96%b0-%e5%a4%9a%e5%9c%96%e3%80%91%e6%b8%af%e5%a4%a7%e6%9d%8e%e5%9c%8b%e8%b3%a2%e5%a0%82%e8%88%8d%e7%9b%a3%e7%a2%ba%e8%aa%8d%e5%85%a9%e5%90%8d%e5%ae%bf%e7%94%9f%e6%97%a9%e5%89%8d%e8%a2%ab%e6%8d%95 2019年6月15日閲覧。 
  80. ^ “示威者中信天橋聚集唱詩 太古廣場恢復營運”. 巴士的報. (2019年6月13日). https://www.bastillepost.com/hongkong/article/4546733-%E3%80%90%E9%80%83%E7%8A%AF%E6%A2%9D%E4%BE%8B%E3%80%91%E4%B8%AD%E4%BF%A1%E5%A4%A9%E6%A9%8B%E7%A4%BA%E5%A8%81%E8%80%85%E8%81%9A%E9%9B%86%E6%9C%89%E4%BA%BA%E5%94%B1%E8%A9%A9-%E5%A4%AA%E5%8F%A4%E5%BB%A3 2019年6月13日閲覧。 
  81. ^ 勞敏儀 (2019年6月13日). “【逃犯條例】數百社工警察總部外抗議 高呼「阿sir唔好開槍」”. 香港01. https://www.hk01.com/%E7%A4%BE%E6%9C%83%E6%96%B0%E8%81%9E/340388/%E9%80%83%E7%8A%AF%E6%A2%9D%E4%BE%8B-%E6%95%B8%E7%99%BE%E7%A4%BE%E5%B7%A5%E8%AD%A6%E5%AF%9F%E7%B8%BD%E9%83%A8%E5%A4%96%E6%8A%97%E8%AD%B0-%E9%AB%98%E5%91%BC-%E9%98%BFsir%E5%94%94%E5%A5%BD%E9%96%8B%E6%A7%8D 2019年6月13日閲覧。 
  82. ^ “不能縱容孩子任性?林鄭月娥「母親論」引爆香港媽媽們連署反擊” (中国語). 新頭殼. (2019年6月13日). https://newtalk.tw/news/view/2019-06-13/259174 
  83. ^ “近3萬人聯署 不滿「母親論」” (中国語). 明報. (2019年6月14日). https://news.mingpao.com/pns/%E8%A6%81%E8%81%9E/article/20190614/s00001/1560451165779/%E8%BF%913%E8%90%AC%E4%BA%BA%E8%81%AF%E7%BD%B2-%E4%B8%8D%E6%BB%BF%E3%80%8C%E6%AF%8D%E8%A6%AA%E8%AB%96%E3%80%8D 
  84. ^ “「要在仔女未被槍殺前組織起來」 6000香港媽媽:不做天安門母親” (中国語). 明報. (2019年6月14日). https://news.mingpao.com/pns/%E8%A6%81%E8%81%9E/article/20190615/s00001/1560537728201/%E3%80%8C%E8%A6%81%E5%9C%A8%E4%BB%94%E5%A5%B3%E6%9C%AA%E8%A2%AB%E6%A7%8D%E6%AE%BA%E5%89%8D%E7%B5%84%E7%B9%94%E8%B5%B7%E4%BE%86%E3%80%8D-6000%E9%A6%99%E6%B8%AF%E5%AA%BD%E5%AA%BD-%E4%B8%8D%E5%81%9A%E5%A4%A9%E5%AE%89%E9%96%80%E6%AF%8D%E8%A6%AA 
  85. ^ HK suspends fugitive bill work” (英語). news.gov.hk (2019年6月15日). 2020年6月14日閲覧。
  86. ^ “反修例黃衣男太古廣場危站五小時墮地 送院不治”. 香港01. (2019年6月15日). オリジナルの2019年6月16日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20190616145605/https://www.hk01.com/%E7%AA%81%E7%99%BC/341018/%E9%80%83%E7%8A%AF%E6%A2%9D%E4%BE%8B-%E5%8F%8D%E4%BF%AE%E4%BE%8B%E9%BB%83%E8%A1%A3%E7%94%B7%E5%A4%AA%E5%8F%A4%E5%BB%A3%E5%A0%B4%E5%8D%B1%E7%AB%99%E4%BA%94%E5%B0%8F%E6%99%82%E5%A2%AE%E5%9C%B0-%E9%80%81%E9%99%A2%E4%B8%8D%E6%B2%BB 2019年6月15日閲覧。 
  87. ^ “男子太古廣場一躍而下送院不治 網民發起明日一人一鮮花”. 香港經濟日報. (2019年6月15日). https://topick.hket.com/article/2377666/%E3%80%90%E5%8F%8D%E9%80%81%E4%B8%AD%E3%80%91%E7%94%B7%E5%AD%90%E5%A4%AA%E5%8F%A4%E5%BB%A3%E5%A0%B4%E4%B8%80%E8%BA%8D%E8%80%8C%E4%B8%8B%E9%80%81%E9%99%A2%E4%B8%8D%E6%B2%BB%E3%80%80%E7%B6%B2%E6%B0%91%E7%99%BC%E8%B5%B7%E6%98%8E%E6%97%A5%E4%B8%80%E4%BA%BA%E4%B8%80%E9%AE%AE%E8%8A%B1?mtc=10045 2019年6月15日閲覧。 
  88. ^ “【引渡惡法】男子太古廣場掛反送中橫額墮樓亡 朱耀明到場獻花悼念”. 蘋果日報. (2019年6月15日). オリジナルの2019年6月16日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20190616083538/https://hk.news.appledaily.com/breaking/realtime/article/20190615/59719455 2019年6月15日閲覧。 (要登録)
  89. ^ “香港民陣擬16日再遊行 繼續反送中反警方施暴”. 中央通訊社. (2019年6月13日). https://www.cna.com.tw/news/acn/201906130261.aspx 2019年6月13日閲覧。 
  90. ^ “民陣稱星期日再發起遊行促政府撤回逃犯修訂”. 香港電台. (2019年6月13日). オリジナルの2019年6月14日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20190614131050/https://news.rthk.hk/rthk/ch/component/k2/1462665-20190613.htm 2019年6月13日閲覧。 
  91. ^ “醫管局6.12早上要求急症室記錄「立會外集會」傷者身份 醫護工會:做法極不尋常”. 眾新聞. (2019年6月14日). https://www.hkcnews.com/article/21305/%E9%86%AB%E7%AE%A1%E5%B1%80-%E6%80%A5%E7%97%87%E5%AE%A4-%E8%AD%A6%E6%96%B9%E6%8B%98%E6%8D%95-21310/%E9%86%AB%E7%AE%A1%E5%B1%80612%E6%97%A9%E4%B8%8A%E8%A6%81%E6%B1%82%E6%80%A5%E7%97%87%E5%AE%A4%E8%A8%98%E9%8C%84%E3%80%8C%E7%AB%8B%E6%9C%83%E5%A4%96%E9%9B%86%E6%9C%83%E3%80%8D%E5%82%B7%E8%80%85%E8%BA%AB%E4%BB%BD-%E9%86%AB%E8%AD%B7%E5%B7%A5%E6%9C%83%EF%BC%9A%E5%81%9A%E6%B3%95%E6%A5%B5%E4%B8%8D%E5%B0%8B%E5%B8%B8 2019年6月14日閲覧。 
  92. ^ “示威者醫院答「來自金鐘」被捕律師指可行使緘默權拒答”. 巴士的報. (2919年6月13日). https://www.bastillepost.com/hongkong/4455-%E6%94%BF%E7%A4%BE%E4%BA%8B/4547212-%E3%80%90%E9%80%83%E7%8A%AF%E6%A2%9D%E4%BE%8B%E3%80%91%E7%A4%BA%E5%A8%81%E8%80%85%E9%86%AB%E9%99%A2%E7%AD%94%E3%80%8C%E4%BE%86%E8%87%AA%E9%87%91%E9%90%98%E3%80%8D%E5%8D%B3%E8%A2%AB%E6%8D%95-%E9%86%AB/ 2019年6月19日閲覧。 
  93. ^ “【逃犯條例】警方清場教師眼中槍城大生受傷 4傷者醫院求診涉暴動罪被捕”. 晴報. (2019年6月13日). https://skypost.ulifestyle.com.hk/article/2375935/%E3%80%90%E9%80%83%E7%8A%AF%E6%A2%9D%E4%BE%8B%E3%80%91%E8%AD%A6%E6%96%B9%E6%B8%85%E5%A0%B4%E6%95%99%E5%B8%AB%E7%9C%BC%E4%B8%AD%E6%A7%8D%E5%9F%8E%E5%A4%A7%E7%94%9F%E5%8F%97%E5%82%B7%E3%80%804%E5%82%B7%E8%80%85%E9%86%AB%E9%99%A2%E6%B1%82%E8%A8%BA%E6%B6%89%E6%9A%B4%E5%8B%95%E7%BD%AA%E8%A2%AB%E6%8D%95 2019年6月13日閲覧。 
  94. ^ “馬仲儀:公院現大量便衣警 指醫護不應透露病人資料”. 香港01. (2019年6月14日). オリジナルの2019年6月19日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20190619183112/https://www.hk01.com/%E6%94%BF%E6%83%85/340444/%E9%80%83%E7%8A%AF%E6%A2%9D%E4%BE%8B-%E9%A6%AC%E4%BB%B2%E5%84%80-%E5%85%AC%E9%99%A2%E7%8F%BE%E5%A4%A7%E9%87%8F%E4%BE%BF%E8%A1%A3%E8%AD%A6-%E6%8C%87%E9%86%AB%E8%AD%B7%E4%B8%8D%E6%87%89%E9%80%8F%E9%9C%B2%E7%97%85%E4%BA%BA%E8%B3%87%E6%96%99 2019年6月19日閲覧。 
  95. ^ “四示威者醫院被捕 城大浸大生求診被扣”. 香港01. (2019年6月13日). https://www.hk01.com/%E7%AA%81%E7%99%BC/340319/%E9%80%83%E7%8A%AF%E6%A2%9D%E4%BE%8B-%E5%9B%9B%E7%A4%BA%E5%A8%81%E8%80%85%E9%86%AB%E9%99%A2%E8%A2%AB%E6%8D%95-%E5%9F%8E%E5%A4%A7%E6%B5%B8%E5%A4%A7%E7%94%9F%E6%B1%82%E8%A8%BA%E8%A2%AB%E6%89%A3 2019年6月15日閲覧。 
  96. ^ “憂令傷者被捕 醫護拒按程序記錄資料”. 明報. (2019年6月15日). オリジナルの2019年6月19日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20190619183548/https://news.mingpao.com/pns/%25E8%25A6%2581%25E8%2581%259E/article/20190615/s00001/1560537731758/%25E6%2586%2582%25E4%25BB%25A4%25E5%2582%25B7%25E8%2580%2585%25E8%25A2%25AB%25E6%258D%2595-%25E9%2586%25AB%25E8%25AD%25B7%25E6%258B%2592%25E6%258C%2589%25E7%25A8%258B%25E5%25BA%258F%25E8%25A8%2598%25E9%258C%2584%25E8%25B3%2587%25E6%2596%2599 2019年6月19日閲覧。 
  97. ^ “醫學界促警方避免醫院內拘捕求診示威者 醫管局:致力保障病人私隱”. 明報. (2019年6月14日). オリジナルの2019年6月15日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20190615162040/https://news.mingpao.com/ins/%e6%b8%af%e8%81%9e/article/20190614/s00001/1560490666123/%e3%80%90%e9%80%83%e7%8a%af%e6%a2%9d%e4%be%8b%e3%80%91%e9%86%ab%e5%ad%b8%e7%95%8c%e4%bf%83%e8%ad%a6%e6%96%b9%e9%81%bf%e5%85%8d%e9%86%ab%e9%99%a2%e5%85%a7%e6%8b%98%e6%8d%95%e6%b1%82%e8%a8%ba%e7%a4%ba%e5%a8%81%e8%80%85-%e9%86%ab%e7%ae%a1%e5%b1%80-%e8%87%b4%e5%8a%9b%e4%bf%9d%e9%9a%9c%e7%97%85%e4%ba%ba%e7%a7%81%e9%9a%b1 2019年6月15日閲覧。 
  98. ^ 醫管局帶頭破壞醫患關係” (2019年6月14日). 2019年6月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年6月16日閲覧。
  99. ^ “示威者醫院答「來自金鐘」即被捕 醫生指無需講傷勢外資訊”. 頭條日報. (2019年6月13日). オリジナルの2019年6月13日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20190613155055/http://hd.stheadline.com/news/realtime/hk/1522491/ 2019年6月15日閲覧。 
  100. ^ “仇警情緒瀰漫 警員座駕遭磚頭砸窗”. 星島日報. (2019年6月17日). http://std.stheadline.com/daily/article/detail/2020388-港聞-仇警情緒瀰漫+警員座駕遭磚頭砸窗 2019年6月18日閲覧。 
  101. ^ “接前線人員舉報 陳沛然:急症室電腦設「警方專用」版面 可取得病人資料”. 立場新聞. (2019年6月17日). オリジナルの2019年6月18日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20190618131223/https://thestandnews.com/politics/%E6%8E%A5%E5%89%8D%E7%B7%9A%E4%BA%BA%E5%93%A1%E8%88%89%E5%A0%B1-%E9%99%B3%E6%B2%9B%E7%84%B6-%E6%80%A5%E7%97%87%E5%AE%A4%E9%9B%BB%E8%85%A6%E8%A8%AD-%E8%AD%A6%E6%96%B9%E5%B0%88%E7%94%A8-%E7%89%88%E9%9D%A2-%E9%9A%A8%E6%99%82%E7%8D%B2%E7%97%85%E4%BA%BA%E8%B3%87%E6%96%99/ 2019年6月17日閲覧。 
  102. ^ a b “逃犯條例:佔領催淚彈重現香港,政府鎮壓不讓步”. BBC中文網. (2019年6月13日). オリジナルの2019年7月8日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20190708021324/https://www.bbc.com/zhongwen/trad/chinese-news-48614304 2019年6月13日閲覧。 
  103. ^ 【引渡惡法】否認內地武裝力量趕往香港 外交部:妖言惑眾,其心可誅”. Apple Daily 蘋果日報. 2019年6月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年6月12日閲覧。(要登録)
  104. ^ 外交部:香港发生有组织暴动 支持特区政府依法处置”. 觀察者網. 2019年6月13日閲覧。
  105. ^ 【逃犯條例】外交部緊急召見美駐華使館臨時代辦 促停止干預香港事務 (20:14)”. 明報 (2019年6月14日). 2019年6月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年6月15日閲覧。
  106. ^ 【逃犯條例】駐英大使劉曉明:修例非中共指示更無權建議港府放棄”. 香港01. 2019年6月13日閲覧。
  107. ^ “中国全面封殺報導 NHK也遭斷訊”. 自由時報. (2019年6月13日). オリジナルの2019年6月13日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20190613201634/https://m.ltn.com.tw/news/focus/paper/1295693 2019年6月15日閲覧。 
  108. ^ “【逃犯條例】港警發射橡膠子彈 蔡英文感震驚”. 香港01. (2019年6月12日). https://www.hk01.com/%E5%8F%B0%E7%81%A3%E6%96%B0%E8%81%9E/339973/%E9%80%83%E7%8A%AF%E6%A2%9D%E4%BE%8B-%E6%B8%AF%E8%AD%A6%E7%99%BC%E5%B0%84%E6%A9%A1%E8%86%A0%E5%AD%90%E5%BD%88-%E8%94%A1%E8%8B%B1%E6%96%87%E6%84%9F%E9%9C%87%E9%A9%9A 2019年6月13日閲覧。 
  109. ^ “【引渡惡法】史上首次 台陸委會發佈「暫避免前往」香港警示”. 蘋果新聞. (2019年6月13日). https://hk.news.appledaily.com/china/realtime/article/20190613/59711087?utm_campaign=hkad_social_hk.nextmedia&utm_medium=social&utm_source=facebook&utm_content=link_post 2019年6月13日閲覧。 (要登録)
  110. ^ “陸委會:香港可能出現難民問題 正研擬庇護方案”. 聯合新聞. (2019年6月13日). https://udn.com/news/story/7331/3870318?fbclid=IwAR12COh2LCJgyiTeiXRRSg-4vtoTAacFHKvoCtBvB-wko0qr5DrdzNRtpfc 2019年6月13日閲覧。 
  111. ^ 台灣外交部次長:香港情勢不利習近平推銷台灣版一國兩制 アーカイブ 2019年6月13日 - ウェイバックマシン、ボイス・オブ・アメリカ、2019年6月13日。
  112. ^ China's extradition law should respect Hong Kong deal, says May”. The Guardian (2019年6月12日). 2019年6月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年6月13日閲覧。
  113. ^ “【逃犯條例】特朗普:相信中港有辦法解決問題”. 香港01. (2019年6月12日). https://www.hk01.com/%E7%A4%BE%E6%9C%83%E6%96%B0%E8%81%9E/339995/%E9%80%83%E7%8A%AF%E6%A2%9D%E4%BE%8B-%E7%89%B9%E6%9C%97%E6%99%AE-%E7%9B%B8%E4%BF%A1%E4%B8%AD%E6%B8%AF%E6%9C%89%E8%BE%A6%E6%B3%95%E8%A7%A3%E6%B1%BA%E5%95%8F%E9%A1%8C 2019年6月13日閲覧。 
  114. ^ “【逃犯條例】美眾議員:國會擬推《香港人權與民主法案》”. 香港01. (2019年6月13日). https://www.hk01.com/%E5%8D%B3%E6%99%82%E5%9C%8B%E9%9A%9B/340062/%E9%80%83%E7%8A%AF%E6%A2%9D%E4%BE%8B-%E7%BE%8E%E7%9C%BE%E8%AD%B0%E5%93%A1-%E5%9C%8B%E6%9C%83%E6%93%AC%E6%8E%A8-%E9%A6%99%E6%B8%AF%E4%BA%BA%E6%AC%8A%E8%88%87%E6%B0%91%E4%B8%BB%E6%B3%95%E6%A1%88 2019年6月13日閲覧。 
  115. ^ “美國民主共和兩黨有參議員提出修訂《香港政策法》”. 香港電台. (2019年6月13日). オリジナルの2019年6月14日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20190614110438/https://news.rthk.hk/rthk/ch/component/k2/1462742-20190613.htm 2019年6月14日閲覧。 
  116. ^ “【逃犯條例】德國審視現有與香港引渡協議 歐盟籲各方保持克制”. 香港01. (2019年6月13日). https://www.hk01.com/%E5%8D%B3%E6%99%82%E5%9C%8B%E9%9A%9B/340008/%E9%80%83%E7%8A%AF%E6%A2%9D%E4%BE%8B-%E5%BE%B7%E5%9C%8B%E5%AF%A9%E8%A6%96%E7%8F%BE%E6%9C%89%E8%88%87%E9%A6%99%E6%B8%AF%E5%BC%95%E6%B8%A1%E5%8D%94%E8%AD%B0-%E6%AD%90%E7%9B%9F%E7%B1%B2%E5%90%84%E6%96%B9%E4%BF%9D%E6%8C%81%E5%85%8B%E5%88%B6 2019年6月13日閲覧。 
  117. ^ “【逃犯條例】澳洲外交部籲警民克制 建議遊客避開示威”. 香港01. (2019年6月13日). https://www.hk01.com/%E5%8D%B3%E6%99%82%E5%9C%8B%E9%9A%9B/340053/%E9%80%83%E7%8A%AF%E6%A2%9D%E4%BE%8B-%E6%BE%B3%E6%B4%B2%E5%A4%96%E4%BA%A4%E9%83%A8%E7%B1%B2%E8%AD%A6%E6%B0%91%E5%85%8B%E5%88%B6-%E5%BB%BA%E8%AD%B0%E9%81%8A%E5%AE%A2%E9%81%BF%E9%96%8B%E7%A4%BA%E5%A8%81 2019年6月15日閲覧。 
  118. ^ “【引渡惡法】歐盟發聲明:港府須尊重和平集會自由等公民權利”. 蘋果新聞. (2019年6月13日). オリジナルの2019年6月12日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20190612233716/https://hk.news.appledaily.com/local/realtime/article/20190613/59709432 2019年6月13日閲覧。 (要登録)
  119. ^ “【逃犯條例】國際特赦組織:警方濫用武力屬違法”. 香港01. (2019年6月13日). https://www.hk01.com/%E5%8D%B3%E6%99%82%E5%9C%8B%E9%9A%9B/339999/%E9%80%83%E7%8A%AF%E6%A2%9D%E4%BE%8B-%E5%9C%8B%E9%9A%9B%E7%89%B9%E8%B5%A6%E7%B5%84%E7%B9%94-%E8%AD%A6%E6%96%B9%E6%BF%AB%E7%94%A8%E6%AD%A6%E5%8A%9B%E5%B1%AC%E9%81%95%E6%B3%95 2019年6月13日閲覧。 
  120. ^ “【引渡惡法】警察用警棍毆打推開記者阻採訪 國際新聞自由組織︰不能接受要求徹查 法”. 蘋果日報. (2019年6月15日). オリジナルの2019年6月16日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20190616164207/https://hk.news.appledaily.com/international/realtime/article/20190615/59717657 2019年6月15日閲覧。 (要登録)
  121. ^ a b “反送中運動與雨傘革命、魚蛋革命有何不同?”. 報導者. (2019年6月13日). オリジナルの2019年6月14日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20190614135931/https://www.twreporter.org/a/hong-kong-china-extradition-law-social-movement-comparison 2019年6月12日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]