青森ケーブルテレビ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
青森ケーブルテレビ 株式会社
Aomori Cable Television
種類 株式会社
市場情報 非上場
略称 ACT
本社所在地 日本の旗 日本
030-0801
青森県青森市新町2-6-25
設立 1986年4月1日
業種 情報・通信業
法人番号 5420001000092
事業内容 ケーブルテレビ事業
インターネット事業
代表者 代表取締役社長 佐藤健一
資本金 9億7,500万円
主要株主 青森市青森商工会議所
国際興業ユアテック
花巻温泉みちのくコカ・コーラボトリング
富士通青森銀行
みちのく銀行エービッツ
東奥日報社青森三菱電機機器販売
青森放送
外部リンク http://www.actv.ne.jp/
テンプレートを表示

青森ケーブルテレビ株式会社(あおもりケーブルテレビ)は、青森県青森市に本社をおく、ケーブルテレビ局である。

沿革[編集]

主なサービス[編集]

テレビ局やFMラジオ局の再送信やインターネット事業、IP電話が主なサービスである。

テレビはアナログコースとデジタルコースとデジタル録画コースの3つのサービスがあり、アナログコースはパイオニア製のチューナーが、デジタルコースはマスプロ製のチューナーが、デジタル録画コースはハードディスクドライブを搭載しているパナソニック製のチューナーが、それぞれレンタルされる。

インターネットはA、B、C、光ハイブリッド100の4コースがあり、最大速度(下り)はそれぞれ3Mbps、5Mbps、15Mbps、100Mbpsである。

サービスエリア[編集]

主な放送チャンネル[編集]

地上波系列別再送信局[編集]

NHK-G NHK-E NNN ANN JNN TXN FNN
NHK青森 NHK青森 青森放送 青森朝日放送 青森テレビ テレビ北海道 北海道文化放送

テレビ局[編集]

アナログ デジタル 放送局 備考
1 D011 RAB青森放送 アナログ放送ではデジアナ変換を行っていた。
5 D021 NHK青森 Eテレ アナログ放送ではデジアナ変換を行っていた。
3 D031 NHK青森 総合 アナログ放送ではデジアナ変換を行っていた。
10 D051 ABA青森朝日放送 アナログ放送ではデジアナ変換を行っていた。
7 D061 ATV青森テレビ アナログ放送ではデジアナ変換を行っていた。
11 D071 TVhテレビ北海道 アナログ放送は2011年7月24日正午に終了[3]
デジタル放送は2016年3月1日午前0時に開始[4]
6 D081 UHB北海道文化放送 2011年7月24日正午にデジタル放送を開始し、同時にアナログ放送を終了[3]
9 D111 ACT市民チャンネル 2011年7月24日正午にデジタル放送を開始し、31日にアナログ放送を終了[3]
18 BS101 NHKBS1 アナログでは、2011年7月24日12:00に終了
20 BS103 NHKBSプレミアム アナログでは、2011年7月24日12:00に終了
15 BS141 BS日テレ
25 BS151 BS朝日
19 BS161 BS-TBS
26 BS171 BSテレ東
24 BS181 BSフジ
22 BS191 WOWOW アナログでは、2011年7月24日12:00に終了
BS211 BS11 2011年8月10日より放送開始
BS222 TwellV(トゥエルビ) 2011年8月10日より放送開始
BS231 放送大学テレビ 2011年10月1日より放送開始
BS531 放送大学ラジオ 2011年10月1日より放送開始
41 C041 ウェザーニューズ アナログでは、2011年7月31日に終了
50 C050 青森競輪 アナログでは、2011年7月31日に終了
C260 大人の音楽専門TV◆ミュージック・エア
(C263) MTV
59 C059 SPEEDチャンネル アナログでは、2011年7月31日に終了
C070 フジテレビNEXT
C076 Mnet
C077 アニメシアターX
44 C211 スカイ・A sports+ アナログでは、2011年7月31日に終了
デジタルでは、2016年3月31日に終了
[5]
36 C212[6]
C511
GAORA アナログでは、2011年7月31日に終了
C214[6]
C522
J sports 2
  C215 J sports 4
53 C217 ゴルフネットワーク
51 C218 日テレG+ アナログでは、2011年7月31日に終了
C221[6]
C515
日本映画専門チャンネル
39 C222 チャンネルNECO アナログでは、2011年7月31日に終了
C223 V☆パラダイス
60 C225 東映チャンネル
43 C226 衛星劇場
29 C227 スター・チャンネルCS
  C228 スター・チャンネルCSプラス
  C229 スター・チャンネルCSクラシック
48 C230 ファミリー劇場 アナログでは、2011年7月31日に終了
34 C231 スーパー!ドラマTV アナログでは、2011年7月31日に終了
C234[6]
C529
時代劇専門チャンネル
  C235 LaLa TV
21 C237 AXNミステリー アナログでは、2011年7月31日に終了
52 C240 カートゥーン ネットワーク
C241 アニマックス
23 C242 キッズステーション アナログでは、2011年7月31日に終了
37 C251 日経CNBC
58 C254 TBSニュースバード
31 C256 ディスカバリーチャンネル アナログでは、2011年7月31日に終了
  C258 朝日ニュースター
35 C261 MUSIC ON! TV アナログでは、2011年7月31日に終了
40 C262 スペースシャワーTV アナログでは、2011年7月31日に終了
42 C270 囲碁・将棋チャンネル
6 C271 ショップチャンネル
11 C272 QVC
  C049 放送大学テレビ
  C276 釣りビジョン
55 C277 旅チャンネル アナログでは、2011年7月31日に終了
57 C278 食と旅のフーディーズTV アナログでは、2011年7月31日に終了
デジタルでは、2016年4月30日に終了
[7]
C280 MONDO TV
16 C281 フジテレビTWO
17 C282 フジテレビONE
45 C285 グリーンチャンネル
  C286 グリーンチャンネル2
28 C290 プレイボーイチャンネル
C291 チャンネル・ルビー
C292 レインボーチャンネル
  • デジタルTVはi-HITSを使用している。
  • かつてはデジタルTVのうち、フジテレビ系列のUHB(C047)とテレビ東京系列のTVh(C046)はアナログをデジタルに変換して再送信していた(2009年9月30日まで)。
  • UHBは地上デジタル放送再送信の同意が得られたため、2011年7月24日正午よりパススルー方式で再送信が開始されている[3](HD画質。データ放送・EPGにも対応。
  • 一方、TVhは再送信同意が得られなかったため、2011年7月24日正午のアナログ放送終了と同時に一旦終了したが、その後の交渉により2015年10月19日までに同意が得られたことから、終了から約4年半ぶりの2016年3月1日午前0時より、東北地方におけるテレビ東京系列の区域外再放送としては風間浦村営共聴システムに次いで2番目に、デジタルでの再放送を開始した[4]
  • なお、BSデジタル放送の再送信は2000年12月20日から、在青民放テレビ局の地上デジタル放送再送信は2006年7月から、それぞれ開始となった。
  • 2011年7月24日12:00以降、青森ケーブルテレビでもアナログ受信機によるデジアナ変換(NHK青森(総合・Eテレ)・RAB・ATV・ABA)での放送が開始したが、2015年3月31日12:00をもって、「デジアナ変換」での放送が終了した[3]

ラジオ局[編集]

MHz 放送局
77.0 放送大学FM
80.0 FM青森
81.0 ミュージックバード1
82.0 ミュージックバード2
83.0 ミュージックバード3
84.0 スターデジオ
85.0 J-WAVE[8]
86.0 NHK青森FM

区域外再放送局の受信地点[編集]

アナログ放送は札幌市内札幌親局波を受信し、青森市に光伝送していた(札幌親局波のため音声多重放送は受信可能だが、モノラル放送だった)。かつては青森市堤町のホテル青森屋上で受信していたが、TVhの受信状態が良くないため、青森市雲谷で函館送信所波を受信するようになった。しかし、天候および函館送信所に指向性がかけられているなどの条件から、しばしば映像が乱れた。

なお、デジタル放送については、大間町で函館送信所波を受信し、青森市に伝送している。

トラブル[編集]

  • 2009年10月11日午前9時45分から10時30分までの45分間、電気設備のトラブルにより約3万世帯への番組送信が出来ないトラブルが発生した。

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]