山田理

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

山田 理(やまだ さとる、1978年6月24日 - )は、IAT岩手朝日テレビアナウンサー岩手県盛岡市出身。

人物[編集]

岩手県立盛岡第四高等学校を経て青森公立大学を卒業。

青森ケーブルテレビを経て、2005年9月1日、岩手朝日テレビに入社。 2015年4月1日、異動によりアナウンサー業務から離れた。

趣味はドライブ、映画デジタルカメラで、特技は声帯模写。目標・尊敬する人物は古舘伊知郎。好物は麺類ビール。好きな番組は『報道ステーション』と『アメトーーク!』。

好きな言葉は真理(しんり、名前の由来だという)。

過去の担当番組[編集]

エピソード[編集]

2011年3月11日東日本大震災東北地方太平洋沖地震)発生に際し、地震後の津波に動揺しつつも、状況を伝えながら繰り返し避難を呼び掛けた。この時の中継内容が「まさに渾身の報道」と評価され、同年のANNアナウンサー賞で大賞を受賞した[1]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 第10回ANNアナウンサー賞が決定! - テレビ朝日アナウンス部ニュース