山田理

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
やまだ さとる
山田 理
プロフィール
出身地 日本の旗 日本 岩手県盛岡市
生年月日 (1978-06-24) 1978年6月24日(43歳)
血液型 B
最終学歴 青森公立大学
勤務局 岩手朝日テレビ
部署 アナウンサー
職歴 青森ケーブルテレビ
活動期間 2005年 - 2015年、2021年 -(アナウンサーとして)
ジャンル ニュース番組スポーツ実況
出演番組・活動
出演中 スーパーJチャンネルいわて
出演経歴 本文参照

山田 理(やまだ さとる、1978年6月24日 - )は、IAT岩手朝日テレビアナウンサー岩手県盛岡市出身。

人物[編集]

岩手県立盛岡第四高等学校を経て青森公立大学を卒業。青森ケーブルテレビを経て、2005年9月1日、岩手朝日テレビに入社。2015年4月1日、異動によりアナウンサー業務から離れ、2020年時点では営業職に就いていた[1]

2021年に営業職の傍ら、高校野球中継の実況を一部試合で担当。同年10月にはアナウンサーに再配属され、6年半ぶりに『スーパーJチャンネルいわて』に復帰した。

趣味はドライブ、映画デジタルカメラで、特技は声帯模写。目標・尊敬する人物は古舘伊知郎。好物は麺類ビール。好きな番組は『報道ステーション』と『アメトーーク!』。

好きな言葉は真理(しんり、名前の由来だという)。

エピソード[編集]

2011年3月11日東日本大震災東北地方太平洋沖地震)発生による『ANN報道特別番組』では中継が繋がる直前、東京から来るスタジオモニターの映像・音声(各地の津波到達予想時刻一覧)に思わず「何でここでその状況を伝えてるんですか! 今来てますよ、今来てますよ、津波が! 今到達してるよ、テレビ朝日!!」と、デスクを叩きながら怒鳴った(この時、テロップの背景は、ロボットカメラに捉えられた宮古湾に押し寄せる津波だった)[2][3][4]。この直後に、異常事態にようやく気づいたテレビ朝日からマイクを渡され、怒りを抑えつつも、冷静に無人カメラを限界までズームアップさせ、「今すぐ避難を始めてください」と繰り返し呼び掛けた。

なお、山田自身はテレビ朝日へ怒鳴った件について「正直驚きました。実は放送中の記憶があまりないんです。とにかく必死で。特番のVTRを見て、言葉を失いました。(岩手朝日テレビのような)小さい地方局がキー局のテレビ朝日に何を文句言っているんだという話ですよね。本当にすみませんでした」と謝罪し、「私はテレビ朝日を批判しているわけでもなければ、当時スタジオにいたアナウンサー(第一報を伝えた下平さやか古澤琢など)を批判しているわけでもありません。あのような状況の下、どうしたらいいか考える上で、必死に訴えた」と述懐している[2][3]。また「何かあればこちらから情報を発信しようとモニターを注視していたら遠くに白い波が見えたんです。これはやばいと思いました。この映像を流さないと意味がない。自分がマイクを取れば、テレ朝のサブ調整室の人たちが聞いてくれるかもしれないと、あの言葉を発したと思います。細かい内容はほとんど覚えていません」[5]

この様子は同年4月29日放送の『ANN報道特別番組〜つながろう、ニッポン〜』で全国放送された。またこの時の中継内容が「まさに渾身の報道」と高い評価を受け、同年のANNアナウンサー賞で大賞を受賞した[2][6]

現在の出演番組[編集]

過去の出演番組[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]