戦争遺跡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
軍事遺跡から転送)
移動先: 案内検索

戦争遺跡(せんそういせき)は、戦争の痕跡、戦跡、戦蹟。戦争のために造られた施設や、戦争で被害を受けた建物などで、現在もそのままないし遺構として残っているものを含む。かつての戦争の時代を物語る遺跡であり、後世に伝えることで歴史の生きた教材になりうる。

日本では1980年代半ば頃から、戦争体験を伝える一環として、各地の戦争遺跡の調査や記録、保存運動などが行われてきた。(1987年に戦争体験を記録する会『大阪の戦争遺跡ガイドブック』が刊行された)自治体による文化財指定の最古は1977年の沖縄県伊江島公益質屋の指定である。 第二次世界大戦期のものが多いが、西南戦争の戦跡なども含まれる。近年では保存措置が講じられたり、文化財として指定される事例も出ている。しかしながら、その価値が十分に理解されているとは言えず、特に近世の建築遺構と戦争遺跡がかち合う場合、戦争遺跡の調査・保存が軽視されがちなのも事実である。

おもな戦跡[編集]

近現代の軍事遺跡[編集]

その他の戦争遺跡[編集]

現存する熊谷陸軍飛行学校桶川分教場

関連項目[編集]

参考図書[編集]

  • 十菱駿武・菊池実(編集)『しらべる戦争遺跡の事典』柏書房、2002年6月。ISBN 4760122168
  • 十菱駿武・菊池実(編集)『続 しらべる戦争遺跡の事典』柏書房、2003年6月。ISBN 4760123903