旧日立航空機立川工場変電所

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
旧日立航空機立川工場変電所
(都立東大和南公園内)

旧日立航空機立川工場変電所(きゅうひたちこうくうきたちかわこうじょうへんでんしょ)は、東京都東大和市にある、1938年昭和13年)から1993年平成5年)まで使用されていた変電所である。戦災建築物であり、東大和市の史跡に指定されている。

概要[編集]

変電所外壁に残る機銃掃射の弾痕
変電所裏側に残る変電施設の一部。手前にはモニュメントが設置されている

この変電所は、航空機のエンジンを生産する軍需工場送電する変電施設として1938年(昭和13年)に東京瓦斯電気工業株式会社変電所として作られた。翌年には日立製作所合併日立航空機株式会社立川工場<立川発動機製作所>の変電所に改称する。戦局の激化に伴い1945年(昭和20年)2月17日、F6Fヘルキャット戦闘機、4月19日、P-51ムスタング戦闘機らによる機銃掃射、4月24日にはB-29 100機の編隊による空襲により被災。隣接する工場は大破したが変電所は大きな被害は免れた。戦後は、東京瓦斯電気工業を合併した富士自動車(後の小松ゼノア)立川工場の変電所として機銃掃射を受けたクレーター状の弾痕を残しつつ、内部の変電施設の更新を実施しながら1993年(平成5年)まで変電所として使用された。[1]

都立公園内の文化財[編集]

現在は東京都都立公園整備事業のひとつとして変電所の敷地を買い上げて、都立東大和南公園文化財として1993年(平成5年)に整備された。旧日立航空機立川工場変電所は1995年(平成7年)に東大和市の史跡に指定[2]され、東大和市が保存管理を行っている。なお建物内部に立ち入ることはできないが、不定期に開催されるイベントの際に一般に開放されており、内部を見ることができる。

モニュメント[編集]

近隣の市民が利用する都立公園として整備された際に、建物の裏側周囲に変電所にちなんだモニュメントが多数設置された。また、変電所から西へ約200 m の位置に同じ空襲を潜り抜けて生き残った工場の給水塔2001年(平成13年)5月まで存在していたが老朽化により撤去され、その一部が切り取られ変電所前に展示されている。

最寄駅[編集]

多摩都市モノレール西武拝島線玉川上水駅北口を出て徒歩約5分。

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  1. ^ 都立東大和南公園・変電所前の解説パネルから建物の竣工年度、空襲年表など。
  2. ^ 東大和市指定文化財リスト施設を管理する東大和市公式ホームページ。

外部リンク[編集]

  • 郷土博物館 - 施設を管理する東大和市公式ホームページ(多摩史跡写真展の開催日時など告知)

座標: 北緯35度44分07.2秒 東経139度25分16.6秒