謎解きLIVE

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
謎解きLIVE
ジャンル ミステリー
製作
制作 NHK
放送
音声形式 ステレオ放送
放送国・地域 日本の旗 日本
NHK 謎解きLIVE
英国式ウイークエンド殺人事件
放送期間 2013年12月7日12月8日
放送時間 21:00 - 22:30
23:00 - 24:00
忍びの里殺人事件
放送期間 2014年9月13日9月14日
放送時間 21:00 - 22:30
23:00 - 24:00
美白島殺人事件
放送期間 2015年7月18日7月19日
放送時間 21:00 - 22:30
22:50 - 24:20
[四角館の密室]殺人事件
放送期間 2016年1月23日1月24日
放送時間 21:00 - 22:30
21:00 - 22:00、22:50 - 23:20
CATSと聖夜の殺人者 EPSODE2.4
放送期間 2016年12月24日
放送時間 22:00 - 23:00
CATSと蘇ったモリアーティ EPSODE2.5
放送期間 2017年7月8日
放送時間 19:00 - 20:05、21:35 - 22:00

謎解きLIVE』(なぞときライブ)は、NHK BSプレミアム2013年に放送を開始した視聴者参加型ミステリードラマである。

概要[編集]

有名作家が書き下ろしたオリジナルのミステリードラマを放送し、スタジオゲストが視聴者とともに事件の真相を解き明かすことに挑戦する双方向型番組である。

放送は第1弾から第4弾までは二夜連続放送となっており、事件発生がメインとなる「第一夜」と解決編の「第二夜」の2回に分けて放送される[1]。第5弾は一夜のみの1時間となっている。第6弾は一夜のみだが事件編と解決編に分かれる。

第1弾は特に探偵役を置かずに進行していたが、第2弾から第4弾では高校生で推理倶楽部CATSのメンバーである神戸 桃(かんべ もも)と仁科 三子(にしな みこ)、そして桃の兄で刑事の神戸 青(かんべ あお)の3人がレギュラーとして設定されている。

第5弾以降は推理倶楽部CATSの専属探偵である安芸 朔太郎(あき さくたろう)・朝永 日向(ともなが ひなた)・有馬 大和(ありま やまと)、そして弁護士である真東 一成(まひがし かずなり)の4人が設定されており、スタジオゲストを置かずドラマ内では朔太郎・日向・大和の3人が第1弾から第4弾でのスタジオゲスト同様にカードを使って事件の真相を解き明かすことに挑戦しており、その模様をTV中継している設定となっている。ただし、大和は第5弾の前半では容疑者の1人として登場し、容疑が晴れた後半から推理に参加している。そしてその際の推理力を認められ推理倶楽部CATSの専属探偵となっている。また真東は推理倶楽部CATSのプレミアムメンバーだが、実力不足であるため専属探偵の証であるバッジを持っておらずそのバッジを獲得すべく3人と行動を共にしている。

視聴者参加システム[編集]

視聴者は、第5弾まではホームページおよびデータ放送を使って番組に参加することができたが、第6弾はホームページからのみの参加となっている。放送中には「現地からの追加情報」として随時映像や手がかりが届けられ、それと同時に登場人物について記された「人物カード」が更新されたり、現場から見つかった証拠品や判明した事実などが記された「証拠品カード」が提示される。視聴者はその中から事件に深く関係するであろうカードをリモコンのボタンで選択することで、「自分の推理」として送信することができる。カードには事件への関係度合に応じて点数が設定されており、全て正しい選択肢を選ぶことができれば満点の100点となる。得点の上位者は、事前に登録するニックネームが番組終了後に発表される。

点数配分
第1弾
第一夜では1ブロック各3枚、4ブロックの証拠品カードを選択。得点は10点・5点・0点となっており、第1夜終了時点で現段階の得点が発表される。
第二夜にて新たに証拠品2ブロックと犯人当てが追加。昨夜の選択も変更でき、犯人的中で最高40点・証拠は1ブロック最高10点×6ブロックの100点満点。
第2弾
第二夜で4つの証拠品と犯人を決定。全て的中すれば100点満点。
第3弾
第一夜に4問・第二夜に6問出題。正解時には10点加算されるが、解答開始から時間経過とともに正解時の点数が減っていく。解答変更も可能だが、得られる得点は最後に解答を決定した時点の点数となる。全問正解かつ得点ロスなしのパーフェクト達成なら100点。
第4弾
第一夜に3問出題。1問33点で3問とも正解すれば100点。第二夜は第一部終盤に4問まとめて出題。1問25点で最高100点。二夜全て正解できれば200点満点となる。
第5弾
前半に2問、後半に3問出題。1問20点で5問とも正解すれば100点。
第6弾
事件編で3問、解決編で1問出題。事件編では1問に付き解答が3つずつあり、1つの正解につき10点で1問に付き最高30点、解決編の問題は10点で4問全て完璧に正解すれば100点となる。

また、番組公式サイトでは放送中の更新のみならず、第4弾までは第一夜から第二夜の間にも順次新たに判明した事実が追加される他、放送終了後も新たな謎や事実が提示される。

番組公式サイトでは放送前から「推理倶楽部CATSプレミアムメンバー試験」が開催され、出題される推理・謎解きクイズをクリアすることで「プレミアムメンバー」となることができ、放送中に詳細な自らの推理を投稿することできる(一部は番組で紹介される)。

放送リスト[編集]

サブタイトル 原作 放送日
第1弾 英国式ウイークエンド殺人事件 ジョイ・スウィフト 2013年12月7日 21:00 - 22:30
2013年12月8日 23:00 - 24:00
第2弾 忍びの里殺人事件 麻耶雄嵩 2014年9月13日 21:00 - 22:30
2014年9月14日 23:00 - 24:00
第3弾 美白島殺人事件 我孫子武丸 2015年7月18日 21:00 - 22:30
2015年7月19日 22:50 - 24:20
第4弾 [四角館の密室]殺人事件 綾辻行人 2016年1月23日 21:00 - 22:30
2016年1月24日 21:00 - 22:00、22:50 - 23:20
第5弾 CATSと聖夜の殺人者 EPSODE2.4 大山誠一郎 2016年12月24日 22:00 - 23:00
第6弾 CATSと蘇ったモリアーティ EPSODE2.5 イシイジロウ 2017年7月8日 19:00 - 20:05、21:35 - 22:00

各事件の概要[編集]

第1弾 英国式ウイークエンド殺人事件
舞台は人里離れた場所にあるホテル。ここでは演劇集団「フェニックス劇団」が資金を集めるためのパーティーを開いていた。実は2013年5月に本拠地であるフェニックス劇場が謎の不審火により焼失。今回はその再建費用を集めるためのパーティーであった。
第2弾 忍びの里殺人事件
舞台はM県伊加市。松尾芭蕉や忍者ゆかりの地として知られ、現在はそれにちなんだ謎解きイベントが開催されており、参加者は芭蕉か忍者の装束を身に付けながら各所を周って謎解きに挑戦するという趣向となっている。
第3弾 美白島殺人事件
舞台はとある洋上に浮かぶ有人島・武根島。フェリーでしか行くことができないこの島は本島の「母島」と干潮時にできる洲を使って行くことができる「娘島」に分かれている。島に生えている「ダランボウ」と呼ばれる果実が美白化粧品として売り出され話題になったことから別名「美白島」とも呼ばれており、町おこしに一役買っている。また、島には漁師と美しい娘の悲恋にまつわる「おほう伝説」が流れている。
第4弾 [四角館の密室]殺人事件
美白島殺人事件から半年後、二本放送会社製作のドラマ「着ぐるみ探偵 〜中の人などいない〜」の第四弾「四角館の密室」のロケ地に集まった製作スタッフ、キャスト、大学受験のタイミングでトリック監修として上京をした三子と桃。ドラマ内で使われる「密室トリック」。しかしドラマ関係者がこれとは別の「密室トリック」で殺される事件がおこった…。
第5弾 CATSと聖夜の殺人者 EPSODE2.4
第6弾 CATSと蘇ったモリアーティ EPSODE2.5

出演者[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 第4弾のみ「第二夜」が第一部と第二部(解決編)に分かれる。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]