紀元前278年

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
世紀 前4世紀 - 前3世紀 - 前2世紀
十年紀 前290年代 前280年代
前270年代
前260年代 前250年代
前281年 前280年 前279年
紀元前278年
前277年 前276年 前275年

紀元前278年は、ローマ暦の年である。当時は、「ガイウス・ファブリキウス・ルスキヌスクィントゥス・アエミリウス・パプス共和政ローマ執政官に就任した年」として知られていた(もしくは、それほど使われてはいないが、ローマ建国紀元476年)。紀年法として西暦(キリスト紀元)がヨーロッパで広く普及した中世時代初期以降、この年は紀元前278年と表記されるのが一般的となった。

他の紀年法[編集]

できごと[編集]

セレウコス朝[編集]

シチリア[編集]

  • カルタゴ軍は、シラクサアグリジェントの間の争いに介入する機会を得て、シラクサを包囲した。シラクサはピュロスに支援を求め、ピュロスは軍を送った。
  • ピュロスの軍は、シラクサに到着すると、カルタゴ軍との戦いに勝利した。ピュロスはマルサーラを除くシラクサのほぼ全土を征服した。
  • ピュロスはシチリアの王となることを宣言した。彼は息子のヘレノスにシチリア王国を、もう1人の息子アレクサンドロス2世にイタリアを継がせようと計画した。

中国[編集]

  • 白起を攻撃し、首都のを陥落させ、夷陵を焼いた。楚の頃襄王は北東に逃れて、に遷都した。秦は郢に南郡を置き、白起を武安君に封じた。
  • 楚の屈原は郢の陥落を悲しんで、「哀郢」の詩を書き、汨羅に入水した。

誕生[編集]

死去[編集]