紀元前268年

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
世紀 前4世紀 - 前3世紀 - 前2世紀
10年紀 前280年代 前270年代
前260年代
前250年代 前240年代
前271年 前270年 前269年
紀元前268年
前267年 前266年 前265年

紀元前268年は、ローマ暦の年である。当時は、「プブリウス・センプロニウス・ソプスアッピウス・クラウディウス・ルッスス共和政ローマ執政官に就任した年」として知られていた(もしくは、それほど使われてはいないが、ローマ建国紀元486年)。紀年法として西暦(キリスト紀元)がヨーロッパで広く普及した中世時代初期以降、この年は紀元前268年と表記されるのが一般的となった。

他の紀年法[編集]

できごと[編集]

共和政ローマ[編集]

ギリシア[編集]

  • アテナイの政治家で軍人のクレモニデスは、スパルタアテナイエジプトプトレマイオス2世との協定を結んだ。この協定の起源は、多くのギリシアの州、特にアテナイとスパルタの独立を回復したいという長年の願い、プトレマイオス2世の、ライバルのマケドニア王アンティゴノス2世にトラブルを引き起こしたいという願い等が元となった。エーゲ海におけるプトレマイオス2世の野望は、アンティゴノス2世の軍に脅かされたため、彼は慎重にギリシアにおける対マケドニアの連合を構築した。彼は、特にアテナイ市民に対しては穀物を配る等して優遇した。

インド[編集]

中国[編集]

  • 昭襄王范睢の計略を採用して、五大夫の綰にを攻撃させ、懐を陥落させた。

誕生[編集]

死去[編集]