紀元前283年

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
世紀 前4世紀 - 前3世紀 - 前2世紀
十年紀 前300年代 前290年代
前280年代
前270年代 前260年代
前286年 前285年 前284年
紀元前283年
前282年 前281年 前280年

紀元前283年は、ローマ暦の年である。

当時は、「プブリウス・コルネリウス・ドラベッラグナエウス・ドミティウス・カルウィヌス・マクシムス共和政ローマ執政官に就任した年」として知られていた(もしくは、それほど使われてはいないが、ローマ建国紀元471年)。紀年法として西暦(キリスト紀元)がヨーロッパで広く普及した中世時代初期以降、この年は紀元前283年と表記されるのが一般的となった。

他の紀年法[編集]

できごと[編集]

共和政ローマ[編集]

エジプト[編集]

中国[編集]

  • が穣で会合した。秦軍がの安城を攻め落とし、大梁に到達して凱旋した。
  • の国人が淖歯を殺して襄王を擁立した。
  • 趙の恵文王の和氏の璧を手に入れた。秦の昭襄王はこれを欲して、15城と交換したいと申し出た。恵文王は秦の富強を恐れて、璧を渡すこととしたが、騙し取られることを警戒した。趙の藺相如は自ら志願して秦への使者として立ち、璧を奪われることなく帰国した(完璧の故事)。恵文王は藺相如を上大夫とした。

誕生[編集]

死去[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈

出典

関連項目[編集]