紀元前227年

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
世紀 前4世紀 - 前3世紀 - 前2世紀
10年紀 前240年代 前230年代
前220年代
前210年代 前200年代
前230年 前229年 前228年
紀元前227年
前226年 前225年 前224年

紀元前227年は、ローマ暦の年である。当時は、「プブリウス・ウァレリウス・フラックスマルクス・アティリウス・レグルス共和政ローマ執政官に就任した年」として知られていた(もしくは、それほど使われてはいないが、ローマ建国紀元527年)。紀年法として西暦(キリスト紀元)がヨーロッパで広く普及した中世時代初期以降、この年は紀元前227年と表記されるのが一般的となった。

他の紀年法[編集]

できごと[編集]

イリュリア[編集]

  • 女王テウタは降伏し、ローマとの不名誉な和平を受け入れさせられた。ローマは彼女の在位を許可したが、首都首都シュコドラの周りの狭い範囲に限定してその他全ての領土を剥奪した。また、首都のすぐ南のLissusを超えて軍船を出すことを禁じられた。

ギリシア[編集]

共和政ローマ[編集]

セレウコス朝[編集]

中国[編集]

  • 太子丹が刺客の荊軻を送って、秦王政を暗殺しようと図った。荊軻は暗殺に失敗して、殺された。
  • 王翦と辛勝が燕を攻撃し、燕軍および代軍と易水の西で戦って、これを撃破した。

誕生[編集]

死去[編集]