マルクス・アティリウス・レグルス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
マルクス・アティリウス・レグルス
Marcus Atilius Regulus
(M. Atilius M .f. L. n. Regulus)
カルタゴへと戻るレグルス (1791)
Cornelis Cels 画
出生 紀元前307年以前
死没 紀元前250年
生地 共和政ローマ
死没地 カルタゴ
氏族 アティリウス氏族
官職 執政官(紀元前267年、256年)
指揮した戦争 エクノモス岬の戦い(紀元前256年)
アスピスの戦い(紀元前256年)
アディスの戦い(紀元前256年)
チュニスの戦い(紀元前255年)
後継者 マルクス・アティリウス・レグルス (紀元前227年の執政官)
ガイウス・アティリウス・レグルス (紀元前225年の執政官)
テンプレートを表示

マルクス・アティリウス・レグルス (ラテン語: Marcus Atilius Regulus、おそらく紀元前307年以前 - 紀元前250年)は、共和政ローマ時代の政治家であり将軍である。紀元前267年256年には執政官を務めた[1]

略歴[編集]

最初のコンスルシップ[編集]

レグルスが最初に執政官となったのは紀元前267年の事で、サレント半島に住むメッサピイ人英語版に勝利し、ブルンディシウムを攻略、同僚のルキウス・ユリウス・リボと共に凱旋式の栄誉にあずかった[2]

二度目のコンスルシップ[編集]

紀元前256年に死亡したクィントゥス・カエディキウスの補充執政官として再選される[3]と、第一次ポエニ戦争を戦うことになる。シキリア周辺海域での海戦に勝利し (エクノモス岬の戦い)、北アフリカへと侵攻、アスピスの戦いアディスの戦いと緒戦には勝利したものの、紀元前255年チュニスの戦いで敗れ捕虜となった。

カルタゴの捕虜として[編集]

執政官アティリウス・レグルスの死

和平交渉の際には仮釈放されローマへと同行させられたが、カルタゴの狙いを無視して元老院に徹底抗戦を呼びかけた後、ローマの人々の反対を押し切り、仮釈放という約束を果たすためカルタゴへと帰っていった。カルタゴに帰った彼は拷問の末殺された、とローマでは言い伝えられ、彼の態度は市民のあるべき姿のお手本とされた[1]。一説によるとその最後は、釘を打ち込まれた桶に入れられ不眠の拷問の末だったという[4]

一族[編集]

アティリウス・レグルスは名祖であり凱旋式を行った事もある[5][6]紀元前294年同名の執政官の息子である。アティリウス氏族はカラブリア出身という説もあるが定かではない。

後世のローマ人史家によると、妻のマルキアは夫の訃報に接し、カルタゴ人の囚人幾人かを夫と同じように拷問死させたという。

リウィウスの記録によると、彼には少なくとも二人の息子と娘が一人おり、息子は二人共執政官となった。マルクスは紀元前227年、ガイウスは225年の就任であるが、ガイウスはガリア人とのテラモンの戦いにおいて命を落とした[7]

兄弟もしくはいとこにガイウス・アティリウス・レグルス・セッラヌスがおり、彼もまた紀元前257年と250年の二度執政官となった[8]

芸術作品[編集]

レグルスの逸話は幾人かの画家に題材とされている。

他にも、

脚注[編集]

  1. ^ a b Marcus Atilius Regulus”. Encyclopædia Britannica Online. Encyclopædia Britannica, Inc.. 2012年9月8日閲覧。
  2. ^ T. R. S. ブロートン. The Magistrates of the Roman Republic pp. 200
  3. ^ T. R. S. ブロートン. The Magistrates of the Roman Republic pp. 208-209
  4. ^ 著者不詳、松原俊文 訳『ローマ共和政偉人伝』40、早稲田大学地中海研究所、2006年
  5. ^ T. R. S. ブロートン. The Magistrates of the Roman Republic pp. 179
  6. ^ Fasti triumphales
  7. ^ T. R. S. ブロートン. The Magistrates of the Roman Republic pp. 230
  8. ^ T. R. S. ブロートン. The Magistrates of the Roman Republic pp. 207
  9. ^ テート
  10. ^ シカゴ美術館

参考文献[編集]

関連項目[編集]

公職
先代:
プブリウス・センプロニウス・ソプス
アッピウス・クラウディウス・ルッスス
ローマ執政官(コンスル)
紀元前267年
同僚
ルキウス・ユリウス・リボ
次代:
デキムス・ユニウス・ペラ, ヌメリウス
ヌメリウス・ファビウス・ピクトル
公職
先代:
ガイウス・アティリウス・レグルス・セッラヌス
グナエウス・コルネリウス・ブラシオ
ローマ執政官(コンスル)
紀元前256年
同僚
ルキウス・マンリウス・ウルソ・ロングス
次代:
マルクス・アエミリウス・パウッルス
セルウィウス・フルウィウス・パエティヌス・ノビリオル