紀元前258年

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
世紀 前4世紀 - 前3世紀 - 前2世紀
10年紀 前270年代 前260年代
前250年代
前240年代 前230年代
前261年 前260年 前259年
紀元前258年
前257年 前256年 前255年

紀元前258年は、ローマ暦の年である。当時は、「アウルス・アティリウス・カラティヌスガイウス・スルピキウス・パテルクルス共和政ローマ執政官に就任した年」として知られていた(もしくは、それほど使われてはいないが、ローマ建国紀元496年)。紀年法として西暦(キリスト紀元)がヨーロッパで広く普及した中世時代初期以降、この年は紀元前258年と表記されるのが一般的となった。

他の紀年法[編集]

できごと[編集]

共和政ローマ[編集]

エジプト[編集]

ギリシア[編集]

ベトナム[編集]

中国[編集]

  • の王陵が邯鄲を攻撃したが、劣勢となったため、昭襄王は病から回復した白起に交代させようとした。白起が固辞したため、王陵を王齕に代わらせた。
  • 趙の孝成王平原君に派遣して援軍を要請させた。平原君の食客の毛遂の働きにより、交渉は成功した。楚の考烈王春申君に援軍を率いさせて趙に派遣した。
  • 安釐王は趙を救援するため将軍の晋鄙に10万の兵を率いて進軍させたが、秦から脅迫を受けて晋鄙の進軍を停止させていた。趙の平原君が信陵君に手紙を書いて決断を促すと、信陵君は晋鄙を殺して軍権を奪い、邯鄲の救援に向かった。

誕生[編集]

死去[編集]