紀元前257年

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
世紀 前4世紀 - 前3世紀 - 前2世紀
10年紀 前270年代 前260年代
前250年代
前240年代 前230年代
前260年 前259年 前258年
紀元前257年
前256年 前255年 前254年

紀元前257年は、ローマ暦の年である。当時は、「ガイウス・アティリウス・レグルスグナエウス・コルネリウス・ブラシオ共和政ローマ執政官に就任した年」として知られていた(もしくは、それほど使われてはいないが、ローマ建国紀元497年)。紀年法として西暦(キリスト紀元)がヨーロッパで広く普及した中世時代初期以降、この年は紀元前257年と表記されるのが一般的となった。

他の紀年法[編集]

できごと[編集]

共和政ローマ[編集]

ベトナム[編集]

中国[編集]

  • 昭襄王白起に自殺を命じた。
  • 信陵君が秦軍を邯鄲城下で撃破し、王齕は邯鄲の包囲を解いて敗走した。鄭安平が趙に降伏したが、范雎は鄭安平を推挙した罪を問われなかった。
  • の人質になっていた秦の公子異人呂不韋の援助を受けて邯鄲を脱出し、華陽夫人の養子となり、名を楚と改めた。

誕生[編集]

死去[編集]