甘木駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
甘木駅
あまぎ
Amagi
所在地 福岡県朝倉市甘木
所属事業者 Nishitetsu logo vector.svg西日本鉄道駅詳細
甘木鉄道駅詳細
テンプレートを表示

甘木駅(あまぎえき)は、福岡県朝倉市甘木にある西日本鉄道(西鉄)と甘木鉄道である。なお、両駅は100mほど離れており、全く別の駅舎と施設を持つ。また、1940年までは朝倉軌道両筑軌道の甘木駅が現在の甘木バスセンターの場所に存在した。同社の甘木駅に関しては甘木バスセンターを、路線・会社の改廃に関してはそれぞれの路線の記事を参照のこと。

利用可能な鉄道路線[編集]

西鉄 甘木駅[編集]

西鉄 甘木駅
西鉄甘木駅(2009年7月12日)
西鉄甘木駅(2009年7月12日)
あまぎ
Amagi
◄A02 馬田 (1.8km)
所在地 福岡県朝倉市甘木
駅番号  01 
所属事業者 Nishitetsu logo vector.svg西日本鉄道
所属路線 甘木線
キロ程 17.9km(宮の陣起点)
駅構造 地上駅
ホーム 1面2線
乗降人員
-統計年度-
1,423人/日
-2015年-
開業年月日 1921年大正10年)12月8日
テンプレートを表示

歴史[編集]

駅構造[編集]

西鉄甘木駅ホームと7000形車両(2006年10月)

島式ホーム1面2線のホームを持つ地上駅で、自動券売機自動改札機が設置されている。西鉄の駅舎としては現存最古の1948年(昭和23年)に建築された。

日中のパターン・ダイヤの時間帯は、1番線と2番線から交互に列車が発車する。

利用状況[編集]

2015年度の1日平均乗降人員は1,423人であり、甘木線内では北野駅に次いで第2位[2][3]

隣の駅[編集]

西日本鉄道
甘木線
馬田駅 (A02) - 甘木駅 (A01)


甘木鉄道 甘木駅[編集]

甘木鉄道 甘木駅
甘木鉄道甘木駅(2006年7月2日)
甘木鉄道甘木駅(2006年7月2日)
あまぎ
AMAGI
高田 (1.9km)
所在地 福岡県朝倉市甘木
所属事業者 甘木鉄道
所属路線 甘木線
キロ程 13.7km(基山起点)
電報略号 アマ
駅構造 地上駅
ホーム 島式 2面3線
開業年月日 1939年(昭和14年)4月28日
テンプレートを表示

歴史[編集]

駅構造[編集]

島式2面3線のホームを持つ地上駅で自動券売機、記念スタンプ台が設置されている。定期券の発売を行っている。1939年(昭和14年)の建築で、甘木鉄道本社も併設されている。

隣の駅[編集]

甘木鉄道
甘木線
高田駅 - 甘木駅

駅周辺[編集]

朝倉市の中心市街地は国道386号朝倉街道)沿線にあり、当駅は中心市街地のやや西のはずれに位置している。駅前を国道322号が通っている。

かつては、駅前を発着するバスの本数が少なく、甘木市(当時)市内の路線バスの大半は当駅から800mほど離れた国道386号沿いにある甘木バスセンターから発着していたが、2001年4月1日に甘木市内の路線バスが西日本鉄道から甘木観光バスへ移管された際、甘木バスセンターに代わり甘木鉄道側の駅前ロータリーにある甘鉄甘木駅前停留所から発着するようになり、列車とバスの接続の改善が図られた。

主な施設[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 西鉄電車の全駅に駅ナンバリングを導入します! (PDF)”. 西日本鉄道 (2017年1月24日). 2017年3月20日閲覧。
  2. ^ 鉄道事業|企業・グループ情報《西鉄について》 平成27年度 駅別乗降人員
  3. ^ 天神大牟田本線に属する宮の陣駅を含めると第3位となる
  4. ^ 鉄道ジャーナル』第21巻第10号、鉄道ジャーナル社、1987年8月、 98-101頁。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]