北野駅 (福岡県)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
北野駅
駅舎
駅舎
きたの
Kitano
A09 古賀茶屋 (1.5km)
(2.6km) 大城 A07
所在地 福岡県久留米市北野町今山
駅番号  08 
所属事業者 西日本鉄道
所属路線 甘木線
キロ程 5.4km(宮の陣起点)
駅構造 地上駅
ホーム 2面2線
乗降人員
-統計年度-
1,617人/日
-2016年-
開業年月日 1915年大正4年)10月15日
テンプレートを表示

北野駅(きたのえき)は、福岡県久留米市北野町今山にある西日本鉄道(西鉄)甘木線2001年までは当駅折り返し並びに夜間滞泊列車が設定されていた。 

歴史[編集]

駅構造[編集]

相対式ホーム2面2線を持つ地上駅。終日駅員配置。駅舎と直結した1番のりばが宮の陣方面行き、構内踏切を渡ると2番のりばで甘木方面行き乗り場であるが、両方の線路から宮の陣方向、甘木方向どちらも出発できる信号構造になっている。かつての当駅折り返し列車は宮の陣方面より通常本郷・甘木行が発車する駅本屋の向かい側のホーム(2番のりば)に到着、そのまま転線することなく宮の陣方面へと折り返していた。 nimoca導入まで、駅本屋の向かい側のホーム(本郷・甘木方面乗り場)に定期券専用の臨時改札口(降車のみ)が設置され、朝8時25分頃到着の列車に限り開放していた。これは三井中央高等学校の通学生に対応した措置であった。

のりば
ホーム 路線 方向 行先 備考
1 西鉄甘木線 上り 宮の陣久留米大牟田方面
2 下り 甘木方面

利用状況[編集]

2016年度の1日平均乗降人員は1,617人である。各年度の1日平均乗車および乗降人員は下表のとおり[2]

年度 1日平均
乗車人員
1日平均
乗降人員
2007年 948 1,869
2008年 934 1,851
2009年 915 1,803
2010年 882 1,762
2011年 836 1,669
2012年 1,639
2013年 1,589
2014年 1,604
2015年 1,629
2016年 1,617

駅周辺[編集]

待合室
駅構内
ホーム
駅周辺

旧北野町の中心部にあたり、住宅が多い。駅前には商店街もある。

バス路線[編集]

  • 「北野駅・生涯学習センター入口」バス停 - よりみちバス「コスモス号」(北野猪口タクシー・安全タクシー運行)

また、西鉄バス久留米の「北野」バス停も近く、徒歩1分で行ける。

  • 22番(北野線):JR久留米駅~西鉄久留米~久留米インター~北野~両筑苑

隣の駅[編集]

西日本鉄道
甘木線
古賀茶屋駅 (A09) - 北野駅 (A08) - 大城駅 (A07)

その他[編集]

三井郡北野町発刊の『北野町史誌』によると、三井電気軌道開業時には十郎丸駅(現古賀茶屋駅付近と推定)との間に明善寺前、中北野の各駅があったとの記述がある。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 西鉄電車の全駅に駅ナンバリングを導入します! (PDF)”. 西日本鉄道 (2017年1月24日). 2017年3月20日閲覧。
  2. ^ 鉄道事業|企業・グループ情報《西鉄について》 平成28年度 駅別乗降人員

関連項目[編集]

外部リンク[編集]