「クィア」の版間の差分

ナビゲーションに移動 検索に移動
[[1990年代]]になって、セクシュアル・マイノリティの'''一部の者たち'''は、侮蔑用語となった「クィア」を、[[異性愛]]を規範とする社会に違和感を覚える[[性的指向]]、[[性自認]]、性のあり方、およびそのような自分達を言及する際の適切な用語として、自己肯定的に、[[ラディカル]]に用いる言葉に使用するようになった。
 
「クィア」という語を学問領域で初めて肯定的に使用したのは、[[テレサ・デ・ラウレティス]](テレサ・デ・ローティス)である。彼女は、[[1990年]][[2月]]に、[[カリフォルニア大学サンタクルーズ校]]において行われた、レズビアンやゲイの[[セクシュアリティ]]を理論的に考える研究会議「[[クィア理論|クィア・セオリー]]」においてクィア概念を提唱した。[[風間孝]]、[[河口和也]]、[[キース・ヴィンセント]] 『別冊id研』<ref>風間孝、河口和也、キース・ヴィンセント『別冊id研』([[動くゲイとレズビアンの会]]、[[1997年]]、13ページ/河口和也 『クイア・スタディーズ』 [[2003年]]、57-58ページにも採録)</ref>によると、ラウレティスは、[[アメリカ合衆国]]において、「ゲイとレズビアン」という“ひとかたまり”の集団として扱われることについて、セクシュアリティについての差異がないかのように捉えられていることについて話を問題提起機会として<!--1990年のカリフォルニア大学サンタクルーズ校での-->を主催し、そのときには、人種とセクシュアリティの関係についてなど、セクシュアリティという単一な概念から、複数的で多様で複数性のあるセクシュアリティーズや様々な変数を組み入れて[[アプローチ]]できる言葉として「クィア」という語を使用した。
 
[[イヴ・セジウィック]]によると、「クィア」とは「連続する動き、運動、そして動因であり―繰り返し、渦巻き、トラブル性をもつもの」とされる(Sedgwick "TendenciesLondon:Routledge", 1994)。また、語源として、[[ラテン語]]の「横切る」という意味、また「ひねる」という意味の[[インド]]=ラテン語の "torquer" について触れ、「斜めに」を意味する[[英語]] "athwart" がそれに相当すると指摘している。いずれにしても、不変、静止、同化といった固定的な状態を表す言葉ではなく、[[名詞]]的(「~である」)でもなく、[[動詞]]的(「~する」)な語源であることに注意が必要である。
匿名利用者

案内メニュー