「中村せん・りつ」の版間の差分

ナビゲーションに移動 検索に移動
中村主水の妻であり、中村家先代当主の中村主水・中村せん夫妻の長女。
 
せんによると、見合いの席で一目惚れして、北大路主水を婿養子に迎える(見合席で妥協したというセリフもある)。主水の怠惰な性格には、母せんと共にまいっており、一緒に叱責するのが常だがせんとは異なり、主水を陰でフォローしている。また、細面で馬面の主水をせんが貶すことがあるが、りつにとっては好みらしい。実際に、主水と二人きりの時には、主水に甘えたりもしている(後述の白木の発言も参照)。ただし、主水のへそくりをせしめたり、高価な着物を購入したりしていることもまた事実である。
 
りつを演じた白木は、かつてはお色気女優・白木マリとして知られていたが、この役を演じることで、時代劇女優としてのイメージが定着した。白木が『[[いつみても波瀾万丈]]』に出演した際、りつの話題になり、その際「りつは中村主水を愛しているが、母親の手前つい厳しくしてしまう」と発言している。
匿名利用者

案内メニュー