津野瀬果絵

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
つのせ かえ
津野瀬 果絵
プロフィール
本名 津野瀬 果絵(旧姓)
愛称 カエリン
出身地 日本の旗 日本 広島県安芸郡府中町
生年月日 (1978-02-17) 1978年2月17日(40歳)
最終学歴 広島女学院大学卒業
勤務局 テレビ西日本
部署 アナウンス部
職歴 広島ホームテレビホームシスターズ、中国放送ラジオアシスタント(いずれも大学生時代)
活動期間 2001年
ジャンル 情報系
配偶者 あり
家族 夫と2男
公式サイト テレビ西日本公式
出演番組・活動
過去 本文参照

津野瀬 果絵(つのせ かえ、1978年2月17日 - )は、テレビ西日本に在籍するアナウンサーである。結婚前の本名は同じ。

経歴[編集]

広島県立安芸府中高等学校を経て広島女学院大学卒業後入局。カナダへの留学経験がある。高校の同期生にBLEACHで知られる漫画家久保帯人がいる。なお、小学校の同期生にはバイきんぐの西村瑞樹がいる。

これまで主に報道・情報系の番組を担当。2004年10月以降、出演番組のうちバラエティ及び情報番組においては平仮名で「つのせ かえ」と名前が表示される(ニュース番組では引き続き漢字表記)。

実家における身内の介護経験がきっかけとなり、仕事の傍ら福祉系の学校へ通い、訪問介護員(ホームヘルパー)2級の資格を取得。そこから派生して、野菜ソムリエの資格も取得。出演番組やブログに活かしている。約1年の休みで育児に専念し、その後職場復帰。TNCの看板アナとして夕方のワイドショーを担当することとなった。

2010年に全国ネット番組「雑学バラエティ なるほど!オナマエ堂」を内村光良と共にMCとして担当。高視聴率のため続編も制作されそのままMCを務めている。このシリーズは2014年現在第4作まで製作されている[1]

広島在住時代の活躍[編集]

  • RCC中国放送ラジオでアシスタントを務め、「カエリン」の愛称で親しまれた。
    • 1999年10月から2000年3月までは、金曜日20時から23時30分まで夜ワイド番組の「ラジON黒帯 青山七段」を担当。メイン司会は青山高治アナウンサー。
    • 2000年4月から10月までは「Rcc/musicデジタルサウンドマーケット(でじ・さ・ま)」を担当。
    • ほかにも、RCCのテレビドキュメンタリーのナビゲーターとして登場。

現在の担当番組[編集]

  • 生放送てんじんNOW!(MC・2017年4月 - )
  • 月刊TNC批評
    最初の担当期間は『ももち浜ストア』に準じる。高山梨香出口麻綾から引き継ぐ形での再登板。2014年1月にMCを四位に譲ったが、2015年9月から再登板。
  • シャボン玉石けんPresents はぐはぐ(ナレーション、2018年7月 - )

過去の担当番組[編集]

その他メディア露出[編集]

  • タカラトミー「女子アナ出題!Theご当地問題DVD&カード」(2007年9月27日発売)
    高山とともに福岡代表として選ばれる。
  • 雑誌「GINGER」の特集「福岡で働く女子の一週間」で取り上げられた。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 第4作(2014年9月14日放送)は津野瀬が産休のため、相方はフリーアナウンサーの小林麻耶が務めた。
  2. ^ 仕事納めです(^-^*)/ - life with…(津野瀬アナオフィシャルブログ) テレビ西日本 2013年3月20日

外部リンク[編集]