広河隆一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
広河 隆一
生誕 (1943-09-05) 1943年9月5日(75歳)
中華民国の旗 中華民国天津市
国籍 日本の旗 日本
別名 廣河隆一
教育 早稲田大学教育学部
職業 フォトジャーナリスト戦場カメラマン政治活動家
活動期間 1967 to present
配偶者 ルティ・ジョスコビッツ

広河 隆一(ひろかわ りゅういち、1943年9月5日 - )は、日本のフォトジャーナリスト戦場カメラマン市民活動家。フォトジャーナリズム月刊誌DAYS JAPANの元編集長、同誌発行の株式会社デイズジャパンの前代表取締役および前取締役。有限会社広河隆一事務所代表[1]。日本中東学会、日本写真家協会、日本写真協会、日本ビジュアル・ジャーナリスト協会(JVJA)、各会員[2]。パレスチナの子供の里親運動顧問[3]、チェルノブイリ子ども基金・元代表[2][4]。認定NPO法人沖縄・球美の里元名誉理事長[5]

経歴[編集]

中華民国天津市で出生、2歳の時に引き揚げ[6]、小学校入学以前から大阪府羽曳野市恵我之荘に居住した[7]東京都世田谷区在住[8]

1956年旧:高鷲町立小学校(現:羽曳野市立高鷲小学校)卒業、1959年羽曳野市立高鷲中学校卒業、1962年大阪府立生野高等学校卒業[7]、1963年早稲田大学教育学部に入学し[9][10]、1967年早稲田大学教育学部卒業。 なお、広河は大学在学中に和敬塾の南寮と称する男子寮に入寮し[11]、入学当初は早大山の会で活動を行っていたが二年生の時に「カメラルポルタージュ研究会」と称するドキュメンタリークラブを立ち上げた[12]。 また、広河はブント系の学生運動を行っていたと主張する者もいる[13]が、ノンセクト・ラディカルとして学生運動を行っていたと主張する者もいる。 やがて広河は、映画会社から就職の内定を受けていたにもかかわらず内定を辞退し、卒業後の1967年にイスラエルに渡航、農業ボランティアのかたわらヘブライ語の学習に精をだす[12]

広河は渡航当初、コミューン的な生産、生活形態をすすめる共産主義的なキブツに対し憧れを抱いていた。広河がイスラエルへ渡航してから2週間後、1967年6月に第三次中東戦争が勃発、イスラエルがその戦争に大勝利を収める。広河が滞在していたキブツ・ダリヤにおいて「ダーリヤト・アッ=ラウハー(دالية الرَّوْحا)」又は「ダーリヤト・アッ=ラウハーア(دالية الرَّوْحاء)」というパレスチナ人の村落の廃墟を発見したことなどにより、イスラエルによるパレスチナ人に対する過酷な人権侵害を知るようになり、親パレスチナ的な態度をとるようになった[14]。イスラエルにおいては「マツペン」という反シオニスト的な政治団体で活動を行っていた。エルサレムで反シオニズム写真展を開催した後、1970年、帰国。以後、中東諸国を中心に取材活動を行う。

1982年、レバノンの西ベイルートにおけるファランジストというマロン派キリスト教徒主体のレバノン右派民兵によるパレスチナ難民虐殺サブラー・シャーティーラーの虐殺を含めた第一次レバノン戦争に関する取材を行い、よみうり写真大賞を受賞[15]。翌83年、同写真でIOJ国際報道写真展大賞・金賞受賞[6]

日本帰国後に戦場カメラマンとしてイスラエル原発に対して批判的なスタンスをとりはじめる。一時は立教大学において非常勤講師を務めた[要出典]講談社の「DAYS JAPAN」に、イスラエルのビジネスマン、アイゼンベルに関する記事や、ダイヤモンドシンジケートの取材、チェルノブイリの現状、731部隊などに関する記事を掲載。また日本テレビNHKなどでチェルノブイリや中東に関する報道番組を多数制作発表する。

また報道に徹するだけでなく各地で救援活動を行っている。「チェルノブイリ子ども基金」代表(設立時)、パレスチナの子どもの里親運動顧問(設立時は代表を務めた)、日本ビジュアル・ジャーナリスト協会(JVJA)世話人代表等を歴任。全国各地で講演を行っている。

2002年7月、日本ビジュアルジャーナリスト協会(JVJA)設立、世話人代表(~2004年9月)、のち退会[16]

2003年12月、廃刊になっていたDAYS JAPANを再創刊すべく株式会社デイズジャパンを設立。代表取締役社長を務める。

2004年3月、フォトジャーナリズム月刊誌「DAYS JAPAN」を再創刊する。編集長を務める(2004年4月号から2014年9月号まで)。

2007年7月、第21回参議院議員通常選挙東京都選挙区から立候補した川田龍平を応援した[17][18]

2008年、パレスチナ難民発生から60年の歴史を記録した劇場映画「パレスチナ1948NAKBA」(日・英・仏・アラビア語版)、DVDボックス(30巻、日英版)を「1コマサポーターズ」の支援で制作。

2011年、『戦場カメラマンという仕事』という書籍に寄稿している[19]

イスラエル、シオニストを批判する立場で、パレスチナ問題を取材し続けている。チェルノブイリ事故以来は25年以上に渡って取材し、原発に反対する活動を行っている。福島第一原発事故の後は、主に日本の原発放射能に関する諸問題を取材するかたわら、福島の子どもが放射能に汚染にされているとして救援活動を行って、福島の子ども保養プロジェクト「NPO法人 沖縄・球美の里」名誉理事長になった[20]。2012年7月5日、かつて代表を務めた「チェルノブイリ子ども基金」から、福島県の子どもたちを福島第一原子力発電所事故の影響の少ない沖縄県久米島において保養させるプロジェクト「NPO法人沖縄・球美の里」を発足させた[21]

2014年8月、DAYS JAPAN2014年9月号をもって編集長を丸井春に交代した。

2015年12月、広河の戦場カメラマンや政治活動家としてのこれまでの足跡や生き方などを描いた「広河隆一 人間の戦場」と称するドキュメンタリー映画がリリースされ、広河はこの映画に出演した[22]

2018年12月、週刊文春は、広河が複数の女性に性行為などを強要した疑いがあると報じた[23]。広河は「写真を教えてあげる」などの名目で女性をホテルに呼び出して行為に及んでおり、女性達は広河が報道関係者との人脈が広く、また同編集部内でささいなことで激昂し、理不尽にスタッフを怒鳴ったり罵倒したりするなど気性の激しさを見せたことから、「(広河さんの)機嫌を損ねたら報道の業界で生きていけない」という心理状態に立たされ、抵抗することが出来なかったとした[24]。広河は文春の取材に対し、女性側の主張を否定した[23]が、掲載号の発売後、女性達に謝罪し、協議の末株式会社デイズジャパンの代表取締役および取締役、認定NPO法人沖縄・球美の里の名誉理事長を解任されたと述べた[25]

関連人物[編集]

  • 土井敏邦 - 中東ジャーナリスト。土井は広島大学においてパレスチナ問題に関する卒業論文を執筆し[26]、大学卒業後に広河が編集長であったPLO駐日代表部による中東関連に関する「フィラスティン・びらーでぃ」[27]という月刊誌の記者として参加した。土井を中東ジャーナリストとして成長させるきっかけをもたらした[28]
  • 志葉玲 - 志葉は帝京大学在学中からイスラエル原発に批判的な広河を尊敬し、帝京大学卒業後かつて広河が行ったようにイスラエルキブツに滞在し、キブツにおいて英会話を学習し、その後フリーのジャーナリストとして活動を行っている。広河と共に志葉は山本太郎増山麗奈小出裕章オリバー・ストーンと日本で反原発活動を行っている[29]。しかし、上記のスキャンダルでは広河について「関係者の話を聞く限り文春の報道は事実」「(広河氏には)関係者への謝罪等、相応の責任をとっていただきたい」としている[30]

受賞歴[編集]

著書・編著[編集]

  • 『ユダヤ国家とアラブゲリラ』草思社、1971年
  • 『パレスチナ幻の国境』草思社、1976年
  • 『ベイルート大虐殺』三一書房 1983年
  • 『世界の子どもたち 3 パレスチナ 難民キャンプの子メルバット』写真・文 偕成社 1986年
  • 『世界の子どもたち 14 ギリシア 風の島のカテリーナ』写真・文 偕成社 1986年
  • 『世界の子どもたち 16 ヨルダン アリの歴史への旅』写真・文 偕成社 1987年
  • 『破断層』講談社、1987年 のち文庫- レバノンのパレスチナ人を題材とした小説、改題『帰還の坑道』 デイズジャパン 2013年
  • 『パレスチナ』岩波新書、1987年
  • 『核の大地 チェルノブイリ、そして汚染の世界を行く』講談社、1990年
  • 『チェルノブイリ報告』岩波新書 1991年
  • 『パレスチナ 瓦礫の中のこどもたち』徳間書店 1991年 のち文庫
  • 『沈黙の未来 旧ソ連「核の大地」を行く』新潮社 1992年
  • 『エイズからの告発』徳間書店 1992年
  • 『戦火の4都市 エルサレム・ベイルート・バグダード・クウェート』写真. 第三書館 1992年
  • 『ニーナ先生と子どもたち チェルノブイリから』小学館 1992年
  • 『AIDS 少年はなぜ死んだか』講談社 1993年
  • 『日本のエイズ/薬害の犠牲者たち』徳間書店 1993年 『薬害エイズの真相』文庫 1996年
  • 『チェルノブイリから広島へ』岩波ジュニア新書 1995 年
  • 『薬害エイズ』岩波ブックレット 1995年
  • 『裁かれる薬害エイズ』岩波ブックレット 1996年
  • 『AIDS 「薬害エイズ」告げられなかった真実』(マガジン・ノベルス・ドキュメント)講談社 1996年
  • 『チェルノブイリの真実』講談社 1996年
  • 『チェルノブイリと地球』講談社、1996年
  • 『人間の戦場 フォトジャーナリスト広河隆一の全軌跡』(フォトミュゼ)新潮社 1998年
  • 『パレスチナ難民キャンプの瓦礫の中で フォト・ジャーナリストが見た三十年』草思社 1998年
  • 『原発被曝―東海村とチェルノブイリの教訓』講談社(2001年
  • 『反テロ戦争の犠牲者たち』岩波書店(岩波フォト・ドキュメンタリー世界の戦場から) 2003年
  • 『岩波フォト・ドキュメンタリー世界の戦場から 戦争とフォト・ジャーナリズム』岩波書店 2004年
  • 『暴走する原発―チェルノブイリから福島へ これから起こる本当のこと』小学館 2011年
  • 『福島 原発と人びと』岩波新書 2011年 ISBN 9784004313229
  • 『新・人間の戦場 フォトジャーナリスト広河隆一の全軌跡』 デイズジャパン 2012年 ISBN 9784990198206

共編著[編集]

  • 『奪われた国の子供たち パレスチナ・ドキュメンタリィ写真集』編. 第三書館 1979年
  • 『燃える石油帝国・イラン』編. 第三書館 1979年
  • 『光と影のエルサレム』編. 「光と影のエルサレム」展実行委員会事務局 1982年
  • 『ベイルート1982 イスラエルの侵攻と虐殺』写真・編. PLO中央評議会「サブラ・シャティーラ特別委員会」 1983年
  • 『レバノン極私戦』立松和平文, 広河写真. 河出書房新社 1984年
  • 『ユダヤ人〈1〉ユダヤ人とは何か』『ユダヤ人〈2〉ダイヤモンドと死の商人』三友社出版 1985年 - パレスチナ・ユダヤ人問題研究会との共編
  • 『四番目の恐怖 チェルノブイリ、スリーマイル島、ウィンズケール、そして青森をつなぐ運命』広瀬隆共著. 講談社 1988年 「悲劇が進む」(講談社文庫)
  • 『ダイヤモンドと死の商人 イスラエルの世界戦略』パレスチナ・ユダヤ人問題研究会共編 三友社出版 1988年
  • 『革命伝説』日名子暁 文、広河写真 アイピーシー 1989年
  • 『中東共存への道 パレスチナとイスラエル』編 岩波新書 1994年
  • 竜平の未来 エイズと闘う19歳』川田悦子共著. 講談社 1995年
  • 『原発・核 写真・絵画集成 v.2 チェルノブイリの悲劇」編・著 日本図書センター 1999年
  • 『原発・核 写真・絵画集成 v.3 原発と未来のエネルギー』豊崎博光共編・著 日本図書センター 1999
  • 『チェルノブイリ消えた458の村 写真記録』編著. 日本図書センター 1999
  • 手島悠介『ナターシャ―チェルノブイリの歌姫』(写真) 岩崎書店 2001年 ナターシャ・グジーについての取材
  • 『写真記録 パレスチナ1 激動の中東35年』編著 日本図書センター 2002年
  • 『写真記録 パレスチナ2 消えた村と家族』編著 日本図書センター 2002年
  • 『子どもに伝えるイラク戦争』小学館 2004年 - 石井竜也との共著
  • 『パレスチナ1948 NAKBA』編 合同出版 2008年
  • 『チェルノブイリと福島 人々に何が起きたか 写真記録』編著 デイズジャパン 2016年

翻訳[編集]

  • マリー・L.ベルネリ『ユートピアの思想史 ユートピア志向の歴史的研究』手塚宏一共訳. 太平出版社 1972年
  • R.G.ウェッソン『ソヴェト・コミューン』河出書房新社 1972年
  • フェリシア・ランゲル『イスラエルからの証言 ユダヤ女性弁護士の記録』群出版 1982年
  • アキバ・オール『誰がユダヤ人か』幸松菊子共訳. 話の特集 1984年
  • カマール・サリービー『聖書アラビア起源説』草思社、1988年 - 矢島三枝子との共訳
  • ポーリン・カッティング『パレスチナ難民の生と死 ある女医の医療日誌』岩波書店(同時代ライブラリー) 1991年

映画作品[編集]

  • 『パレスチナ1948・NAKBA』 2008年の日本公開映画/3月|2008年3月22日公開(監督・撮影・写真)
  • 『広河隆一 人間の戦場』 2015年の日本公開映画/12月|2015年12月19日公開(長谷川三郎監督、出演)

脚注[編集]

  1. ^ 有限会社広河隆一事務所
  2. ^ a b c d e f g h i j k l 日外アソシエーツ現代人物情報より
  3. ^ 組織概要”. 特定非営利活動法人パレスチナの子どもの里親運動. 2018年12月28日閲覧。
  4. ^ 週刊文春2019年1月3日・10日号に掲載された広河隆一氏の記事に関して”. チェルノブイリ子ども基金理事会 (2018年12月27日). 2018年12月28日閲覧。
  5. ^ ご支援者のみなさまへ”. NPO法人沖縄・球美の里 (2018年12月26日). 2018年12月28日閲覧。
  6. ^ a b 「写真記録 パレスチナ2 消えた村と家族」日本図書センター
  7. ^ a b 活躍する卒業生 特別寄稿 広河隆一
  8. ^ 『毎日新聞』、2013年8月23日
  9. ^ 広河隆一 プロファイル
  10. ^ 広河隆一(ひろかわ りゅういち)フォトジャーナリスト
  11. ^ 平成28年度和敬塾春季シンポジウム フォトジャーナリストで和敬塾南寮OBでもある広河隆一先生 公営財団法人和敬塾
  12. ^ a b 早稲田では人間関係が財産だったということです。”. 早稲田祭2008. 2019年4月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年12月28日閲覧。
  13. ^ 「戦車の向こう側の映像」を撮る報道写真家の広河隆一と2度目の遭遇は疑問沸騰で電網検索の古代史迷宮入り(その2)
  14. ^ 『パレスチナ/瓦礫の中のこどもたち』 徳間書店(2001/02発売)ISBN 9784198914592
  15. ^ 広河隆一プロフィール”. 広河隆一通信. 2008年5月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年12月28日閲覧。
  16. ^ a b c d 読売人物データベースより
  17. ^ 7・28川田龍平最後の訴え
  18. ^ 動けば変わる~川田龍平さん渋谷でパフォーマンス
  19. ^ 戦場カメラマンという仕事~ハローワーク、2016年8月9日閲覧
  20. ^ days-japan | 私たちの目的と運営” (日本語). 沖縄・球美の里☆福島の子どもたちの保養施設. 2018年12月25日閲覧。
  21. ^ days-japan | 設立の経緯” (日本語). 沖縄・球美の里☆福島の子どもたちの保養施設. 2018年12月25日閲覧。
  22. ^ 映画『広河隆一 人間の戦場』公式サイト”. www.ningen-no-senjyo.com. 2018年12月25日閲覧。
  23. ^ a b 世界的人権派ジャーナリストに性暴力疑惑 7人の女性が証言”. 文春オンライン. 文藝春秋 (2018年12月25日). 2018年12月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年4月27日閲覧。
  24. ^ 「神様のような広河さんに私は服従した」。フォトジャーナリストからの性的被害、背景に支配関係”. BuzzFeed News (2018年12月26日). 2018年12月26日閲覧。
  25. ^ 広河隆一氏からのコメント”. DAYS JAPAN. 2018年12月26日閲覧。
  26. ^ 土井敏邦Webコラム:日々の雑感 378:「ジャーナリスト・広河隆一」私論”. doi-toshikuni.net. 2019年1月14日閲覧。
  27. ^ 国立国会図書館、フィラスティン・びらーでぃ
  28. ^ 土井敏邦・インタビュー、「伝えてとして生きる」(1)
  29. ^ [1]
  30. ^ 志葉玲 - twitter
  31. ^ a b 朝日新聞人物データベースより

関連項目[編集]

外部リンク[編集]