駐日パレスチナ常駐総代表部

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

駐日パレスチナ常駐総代表部(ちゅうにちぱれすちなじょうちゅうそうだいひょうぶ、英語: Permanent General Mission of Palestine in Japan)は、東京都千代田区にあるパレスチナ国駐日外国公館

日本政府からは独立国「パレスチナ国」の「大使館」ではなく、自治機関「パレスチナ自治政府」の「常駐総代表部」として承認されており[1]、公式にはそのように名乗っているが[2]、非公式に駐日パレスチナ国大使館アラビア語: سفارة دولة فلسطين لدى اليابان‎、英語: Embassy of the State of Palestine in Japan)などと称することもある[3]

沿革[編集]

  • 1977年2月: PLO東京事務所が開設される[4]
  • 1989年10月: PLO東京事務所の名称が、パレスチナ総代表部駐日パレスチナ総代表部)に格上げされる[4]
  • 1995年6月: 資金難により閉鎖される[4]
  • 2003年9月: 駐日パレスチナ常駐総代表部として再開される[4]

所在地[編集]

〒102-0083 東京都千代田区麹町2-12-1 CTS麹町ビル7階[1]

代表[編集]

  1. ファトヒー・アブドゥル・ハミード(1977年~)[5]
  2. バキル・アブドゥル・モネイムアラビア語版英語版(1983年~1995年)
    ※1995~2003年は駐在なし
  3. ワリード・アリ・シアム(2003年[6]~)

出典・脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

座標: 北緯35度41分6.2秒 東経139度44分28.8秒 / 北緯35.685056度 東経139.741333度 / 35.685056; 139.741333