長谷川三郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
長谷川 三郎

長谷川 三郎(はせがわ さぶろう、1906年9月6日 - 1957年3月11日)は、日本の洋画家

旧制甲南高等学校(現甲南大学)を経て東京帝国大学美学美術史科卒。数々の抽象絵画の作品を残した現代抽象絵画の先駆者である。

年譜[編集]

主な展覧会[編集]

  • 「イサム・ノグチと長谷川三郎 変わるものと変わらざるもの」(横浜美術館、2019年1月12日 - 3月24日)[1]

脚注[編集]

参考文献[編集]

  • 『美術と工芸』「デザインの革新」長谷川三郎 3巻3号、1948年3月

外部リンク[編集]