山陽女子大前駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
山陽女子大前駅
ホーム
ホーム
さんようじょしだいまえ
Sanyo-joshidai-mae
M30 楽々園 (1.0km)
(0.7km) 広電廿日市 M32
所在地 広島県廿日市市佐方本町1-6[1]
駅番号 M31
所属事業者 広島電鉄
所属路線 宮島線
キロ程 9.2km(広電西広島起点)
駅構造 地上駅
ホーム 2面2線
乗降人員
-統計年度-
3,453人/日
-2015年-
開業年月日 1950年昭和25年)11月24日
テンプレートを表示

山陽女子大前駅(さんようじょしだいまええき)は、広島県廿日市市佐方本町にある広島電鉄宮島線である。

歴史[編集]

当駅は1950年(昭和25年)に新規に開業した駅である[2]。開業時の駅名は山陽女学園駅(さんようじょがくえんえき)で[3]、その名のとおり沿線には山陽女学園中等部・高等部がある[4]。1963年(昭和38年)には中等部・高等部に加えて山陽女子短期大学が開校したため、駅名はそのころ山陽女子大前駅へと改称された[3][4]

駅構造[編集]

山陽女子大前駅はホームが地面に接して置かれている地上駅である[4]。ホームは2面あり、2本の線路を挟み込むようにして向かい合わせに配置された相対式ホームである[4][5]。路線の起点から見て左側に広電宮島口駅方面へ向かう下りホーム、右側に広電西広島駅方面へ向かう上りホームがある[4]

駅の広電宮島口方には踏切がある。

利用状況[編集]

『廿日市市統計書』によると、2015年度の1日平均乗降人員(利用者総数をその年の日数で割った値)は3,453人であった[6]

山陽女子大前駅の乗降人員は以下の表のように推移している。

1日平均乗降人員の推移
年度 乗降人員 出典
1994年度 5,441
1995年度 5,296
1996年度 5,814
1997年度 5,179
1998年度 4,804 [7]
1999年度 4,843 [7]
2000年度 4,646 [7]
2001年度 4,097 [7]
2002年度 4,109 [7]
2003年度 4,158 [7]
2004年度 3,768 [7]
2005年度 3,956 [8]
2006年度 3,938 [9]
2007年度 3,881 [10]
2008年度 3,805 [11]
2009年度 3,595 [12]
2010年度 3,731 [13]
2011年度 3,662 [14]
2012年度 3,666 [15]
2013年度 3,583 [16]
2014年度 3,502 [17]
2015年度 3,453 [6]

駅周辺[編集]

広島市との市境付近に位置しており、周辺は閑静な住宅街が広がる[4]。南にしばらく行くと国道2号沿いに量販店などが並び、賑わいを見せる。

山陽女子短期大学、および山陽女学園中等部・高等部は駅の北東に隣接する[4]。南へ徒歩15分の距離には桂公園(桜尾城址)がある[4]

隣の駅[編集]

広島電鉄
宮島線
楽々園駅 (M30) - 山陽女子大前駅 (M31) - 広電廿日市駅 (M32)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 路線・電停ガイド - 宮島線”. 広島電鉄. 2015年8月11日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2017年2月13日閲覧。
  2. ^ a b c 長船友則 『広電が走る街 今昔』 JTBパブリッシング〈JTBキャンブックス〉、2005年、150-157頁。ISBN 4-533-05986-4
  3. ^ a b 今尾恵介(監修) 『日本鉄道旅行地図帳』11 中国四国、新潮社2009年、39頁。ISBN 978-4-10-790029-6
  4. ^ a b c d e f g h 川島令三 『山陽・山陰ライン 全線・全駅・全配線』第7巻 広島エリア、講談社〈【図説】 日本の鉄道〉、2012年、16・88頁。ISBN 978-4-06-295157-9
  5. ^ 川島令三 『全国鉄道事情大研究』中国篇 2、草思社2009年、118頁。ISBN 978-4-7942-1711-0
  6. ^ a b 『廿日市市統計書』2017年版
  7. ^ a b c d e f g 『廿日市市統計書』2006年版
  8. ^ 『廿日市市統計書』2007年版
  9. ^ 『廿日市市統計書』2008年版
  10. ^ 『廿日市市統計書』2009年版
  11. ^ 『廿日市市統計書』2010年版
  12. ^ 『廿日市市統計書』2011年版
  13. ^ 『廿日市市統計書』2012年版
  14. ^ 『廿日市市統計書』2013年版
  15. ^ 『廿日市市統計書』2014年版
  16. ^ 『廿日市市統計書』2015年版
  17. ^ 『廿日市市統計書』2016年版

参考文献[編集]

  • 廿日市市分権政策部広報統計課編 『廿日市市統計書』各年版

関連項目[編集]

外部リンク[編集]