射影追跡回帰

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

射影追跡回帰(しゃえいついせきかいき、: projection pursuit regression, PPR)とは、統計学における回帰モデル。1981年に Jerome H. Friedman と Werner Stuetzle が発表した[1]。このモデルは、説明変数に平滑化関数を適用する前に、最適な方向における説明変数データの行列を最初に予測するようにすることで、加法モデルを拡張したものである。

f(X) = \sum_{m=1}^M g_m(w_m^T X)

X は入力で縦ベクトル。w_m は縦ベクトルのパラメータ。g_m は非線形関数を使う。

参照[編集]

  1. ^ J.H. Friedman; W. Stuetzle (1981). “Projection Pursuit Regression”. Journal of the American Statistical Association 76: 817-823. 

関連項目[編集]