統計検定 (資格)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
統計検定
英名 Japan Statistical Society Certificate
実施国 日本の旗 日本
資格種類 公的資格
試験形式 筆記、マークシート、CBT
認定団体 日本統計学会
後援 総務省統計局
等級・称号 1級/準1級/2級/3級/4級/統計調査士/専門統計調査士
公式サイト http://www.toukei-kentei.jp/
ウィキプロジェクト ウィキプロジェクト 資格
ウィキポータル ウィキポータル 資格
テンプレートを表示

統計検定(とうけいけんてい)とは、日本統計学会が認定する、統計に関する知識や活用力を評価する検定。総務省後援。

概要[編集]

受験資格[編集]

受験級[編集]

  • 1級
  • 準1級
  • 2級
  • 3級
  • 4級
  • 統計調査士
  • 専門統計調査士

検定実施日[編集]

紙ベースの試験(年2回)および、CBT試験(随時)で行われる。紙ベースの試験は

  • 第1回 : 6月中旬
  • 第2回 : 11月下旬

試験会場[編集]

  • 第1回.第2回とも実施する会場:札幌,仙台,東京23区内,名古屋,大阪,福岡
  • 第2回のみ実施する会場:立川,松本
  • その他、外部受験者を受け入れる、団体特設会場がある

外部リンク[編集]